『地域包括支援センター六尾の郷〜広がれ!認知症の理解と思いやり!〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    こんにちは、地域包括支援センター六尾の郷の社会福祉士Kです。いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

     

    さて突然ですが、皆さまは「認知症サポーター」という人をご存知ですか?認知症のサポートをする人…介護の専門職??それとも認知症に詳しい人…お医者さん??

     

    いえいえ、「認知症サポーター」とは特別な介護技術や医療知識を持った人のことではなく、認知症の方が自宅で・地域で安心して暮らしていけるように、温かく見守りながらその生活を応援できる“理解ある身近な人”です。

     

    とはいえ、誰がその「認知症サポーター」なのか分からなければ、認知症の方もそのご家族も安心できません。

     

    そこで!認知症サポーターには一目でわかる目印があるのです。それが、この「オレンジリング」です。これを身につけている方が認知症サポーターで、認知症への理解があり応援してくれる方なのです。

     

    写真1.jpg

     

    では、そんな認知症サポーターにはどうやったらなれるのか?それが今回お伝えする「認知症サポーター養成講座」です。

     

    普段は小中学校の児童・生徒や福祉・医療の専門職向けに養成講座を開催していることが多いのですが、今回は信達市場にある「長慶寺」で市民さま向けの認知症サポーター養成講座を開催いたしました。

     

    写真2.jpg写真3.jpg

     

    内容は、泉南市作成の専用テキストを用いて認知症に関する基本的な知識を知っていただき、松本内科胃腸科の松本先生より早期発見・早期受診が大切であり、本人の変化にいち早く気づけるサポーターでありたいというお話をいただいた後、長慶寺の住職より自身のもの忘れ体験をユーモアたっぷりにお話しいただいたり、生きる上での慶びや哀しみの受け入れ方などありがたい説法をしていただきました。

     

    最後に参加者全員で認知症予防体操をして、自身の健康に気を付けるとともに、認知症の方を見かけた際には優しく声をかけ、そっと寄り添える意識の共有をして終了となりました。

     

    写真4.jpg写真5.jpg

     

    あっという間の1時間半で、参加者からも「長慶寺でこんな良い話が聞けるとは思わなかった」「自分が認知症になった時に優しくしてもらいたいから、私も普段から気を付けたい」という声をいただき、多くの方に認知症の理解をしていただく機会となりました。

     

    認知症になっても、周りの方々の接し方や言葉ひとつで、本人も家族も安心して生活を送れるものです。専門的なケアを受けつつも、自宅で・地域で本人が暮らし続けられる応援役として、今後も一人でも多く認知症サポーターになっていただけるよう活動を続けたいと思います!

     

     

    【地域包括支援センター六尾の郷 社会福祉士K】


    『グループホームいずみ〜七夕地域交流会!〜』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      こんにちは!グループホームいずみです。

       

      今年も無事に開催できました!

      大阪は昨日梅雨明けが発表されましたが、既に真夏のような暑さが続いていますね。

      夏本番!の前に先日、グループホームいずみいずみ毎年恒例の七夕地域交流会を開催いたしました。

       

      この時期は雨天が多く、今年も前日までは雨の予報でしたが、当日は梅雨の間の晴れ間で、涼風も吹き、過ごしやすいお天気となりました。

       

      運営推進会議メンバーや地域の方々をお招きし、夕食を兼ねた交流会は皆さん会話も弾み、とてもなごやかな雰囲気でした。

       

      写真1.jpg写真2.jpg

       

      お食事は皆様「美味しい」と喜んで頂けた様子で、時間をかけて準備してきたかいがありました。

      特別感があって外で食べる食事は格別おいしいですよね。

       

      写真3.jpg写真4.jpg

       

      皆様の願い事が届きますように・・・

       

      写真5.jpg

       

       

      【グループホームいずみ ケアワーカーT】


      『特別養護老人ホーム六尾の郷〜クローバー演奏会〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

        皆さんこんにちは。

         

        6月中旬、特別養護老人ホーム六尾の郷に『弦楽アンサンブル クローバー様』がお忙しい中、来て下さり演奏会が行われました。

         

        グループホーム、あっとほーむ、ケアハウス、デイサービス、特養の利用者様、ご家族様、そして職員と総勢100名の観客が本格的なチェロ・バイオリン・コントラバス・ビオラ等々の美しい音色に酔いしれました。

         

        写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg

         

        約1時間の演奏で12曲披露して頂き、「見上げてごらん夜の星を」や「リンゴの唄」、「青い山脈」などの演奏の際には、利用者の皆様が手拍子をしながら歌詞を口ずさまれ、ステージと会場が一体となり、利用者様の中には感動のあまり涙される方も多く『音楽の力』に驚かされました。

         

        利用者様からは「きれいな音やね」、「嬉しい。アンコールして!」、「感動したわ。また来てほしい」、「生まれて初めての生演奏やわ。カラオケと全く違うわ!!」「いい日やわ〜」と演奏会が終わるころには目に涙を浮かべられながら、その音色にうっとり。。。

         

        写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg

         

        今回で3回目の演奏会、特養利用者の家族様のご紹介で実現しました。クローバーの代表の方より「利用者様の為だけではなく、職員さんの日頃の業務の大変さを労いたい想いもあって」と嬉しい言葉も頂き、その言葉に恥じないように頑張っていきたいと思います。

         

        クローバー様には、次回12月24日(日)のクリスマスイブに特養スタッフとコラボした「クリスマス会」バージョンの演奏会を開催して頂ける予定となっております。次回も利用者様・職員一同、大変楽しみにしております。

         

        クローバー様、素晴らしい演奏会を本当にありがとうございました。

        また、ご家族様も宜しければ、ご参加下さい。

         

        ※詳細は1ヵ月前にエレベーター前にてお知らせさせて頂きます。

         

        【特別養護老人ホーム六尾の郷 生活相談員T】

        PS.この場をお借りして自己紹介させて頂きます。

        入職して2ヵ月になります。分らないことばかりで、毎日が勉強の日々です。これからも宜しくお願いします。


        『グループホーム六尾の郷〜父の日!』

        0

          JUGEMテーマ:社会福祉

           

           

          こんにちはグループホーム六尾の郷のケアワーカーNです。

          今回は父の日のことをご紹介したいと思います。

           

          今年の父の日は、「お好み焼きパーティー」を開催する事となりました。皆様大好きなメニューです。

           

          それでじゃ今回の主役の皆様をご紹介します。

           

          写真1.jpg

           

          I様「焼き上がりが楽しみです。」

           写真2.jpg

           

          M様「父の日かあー。ええなあ。」

           写真3.jpg

           

          K様「お好み焼き、美味しいよね!」 

          写真4.jpg

           

          O様「何枚でも食べられる!」

           

          それぞれ素敵な六尾のお父様方です。

           

          職員が女性の皆様の手を借りて焼いております。

           

          写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg

           

          とても美味しそうに焼けています。ケアワーカーKも、ソースをたっぷりかけてくださいね。

           

          そして焼きあがったものを皆様でいただきました。

           

          写真8.jpg

           

          I様「いやあ、大変美味しいです」

           

          写真9.jpg

           

          K様「美味しいわ!」

           

          もちろん男性だけではなく女性の方も美味しく頂いていますよ。

           

          写真10.jpg

          S様「おいしいね」

           

          写真11.jpg

          T様「上手に焼けてるわぁー!」

           

          写真12.jpg

           

          M様「うん!上出来!」

           

          皆様大満足の父の日でした。

           

          来年はもっとより満足していただける父の日を開催したいと思います。

           

           

          【グループホーム六尾の郷 ケアワーカーN】


          『グループホーム六尾の郷〜ボランティアさんによる人形劇〜』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

             

            皆さん、こんにちは。

            今回はグループホーム六尾の郷で初めての試みである、人形劇について紹介していきたいと思います。

            先日、民生委員の方々の「つくしんぼ会」がお越し下さいました。

             

            それでは、F主任の挨拶から楽しい時間の始まりです。

             

            写真1.jpg

              

            続いては、民生委員さんからの挨拶と自己紹介。

             

            写真2.jpg

              

            利用者様はこれから何が始まるのか楽しみにされている様子。私たちも心が躍ります。

             

            まず始めに、「ボードシアター」を披露して下さいました。ボードに丸い紙が貼り付けられています。その丸い紙が豚やタコ、ねずみ等に変っていきます。なるほど、良く考えられていると私は関心を持ちました。

             

            次は歌に合わせた数字遊び。私の子どもが家で歌っているのを思い出しました。

             

            写真3.jpg写真4.jpg

             

            次は人形劇です。

            可愛い人形たちが、百貨店の包装紙をあらゆるものに再活用すると言ったとってもエコなお話でした。人情劇が終わると、「私も昔、包装紙で作ったよ。」との話が飛び交い昔の方たちの知恵深さに感心するほかありませんでした。

             

            写真5.jpg写真6.jpg

             

            続きまして、皆さんで歌集を手にとり歌を歌いました。

            皆さんよく耳にする「高校三年生」や「こいのぼり」等、利用者さんからのリクエストが絶えず、大盛り上がり。皆さんとても良い表情、良い声で歌っておられました。

             

            写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg写真10.jpg

             

            最後は秘伝の「ラーメン体操」で締めくくりです。

            皆さんで元気いっぱい力いっぱい体操しましょう。普段あまり身体を動かす事が得意ではない方も、満面の笑みで頑張って体操して下さり、フロア全体の一体感がとても嬉しかったです。

             

            写真11.jpg写真12.jpg写真13.jpg写真14.jpg

            写真15.jpg

            今回、初めての試みでしたが利用者の皆さんの集中力の高さや、楽しんでおられる表情を見て満足して頂けたのではないかと感じています。これからも、地域の方々との繋がり、交流を大切にして利用者さんに還元していきたいと思いました。

             

            民生委員の皆様をはじめ、ボランティアの皆様、有難うございました!!

             

            【グループホーム六尾の郷 ケアワーカーT】


            『特別養護老人ホーム六尾の郷〜母の日35名の家族様と一緒に昼食会〜』

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

               

              みなさん、こんにちは。

              日に日に暑さが増してきていますが、いかがお過ごしですか?

               

              利用者様の食事形態は普通食・キザミ食・ミキサー食と様々で、「母の日だからちょっと食事に出掛けます」とはいかないため、少しでも家族様との時間を過ごしながら、『外食』気分を味わって頂けたらと思い、暑さの事も心配でしたが、“屋上”での昼食会を計画させて頂きました。

               

              家族様にも試食をしてもらいたくて、先着15食で一家族様一食ですが15名の利用者の家族様とお弁当を持って来て下さった家族様、総勢35名の家族様が参加してくれました!!

               

              前日は昼過ぎまで雨も降っており少し心配でしたが、当日は晴天となりました。テントの数にも限りがあり、直射日光が当たるテーブルもありましたが、用意していた雨傘で陰を作って下さったり、タオルを頭にのせられたり…工夫しながら暑さをしのいで頂き、何とか昼食会をスタートする事ができました!!

               

              ?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg

               

              食事中のテーブル席を回らせて頂くと、「暑いわぁ〜でも美味しいわぁ〜」と、暑さにも負けず、皆様楽しそうにお食事をされていました。

               

              最近、目を閉じられ食事の量が減ってきていたK様…この日も目は閉じられていましたが、息子様と娘様に囲まれて沢山お食事を召し上がって下さり、とても嬉しかったです。

               

              帰りはエレベーターが混雑することもあり、待ち時間に食後の一杯でも…と思い、ロビーにアイスコーヒーを準備させて頂くと、皆様とても喜んで下さいました。

               

              汗が吹き出るほど暑い中での昼食会となりましたが、利用者様、家族様の沢山の笑顔を見る事ができ嬉しく思います。

               

              何より、利用者様、家族様が笑顔で「姉ちゃん、良かったよ」「楽しかった」「大変やねぇ、ごくろう様」と声を掛けて下さり、準備や後片付けも大変でしたが、そんな疲れも吹っ飛ぶくらい嬉しいお言葉でした!!

               

              ?.jpg?.jpg?.jpg

               

              ご家族の皆様、暑い中最後まで参加して下さり、ありがとうございました。

              今回のような昼食会だけでなく、毎月季節の行事を行っていますので、家族様も是非ご参加下さいませ。

               

              【最後になりましたが…準備が間に合っておらず、前日の夜、当日手伝ってくれたA・Kケアワーカー、そして当日出勤してくれたケアワーカー、ナース、主任、副主任、相談員、他部署の方々が協力して下さったお陰で、成功させる事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです!!】

               

               

              【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーT&K】


              『長寿会新聞〜平成29年7月号の発刊です!』

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                 

                皆さんこんにちは!

                 

                7月に入りいきなり台風に見舞われましたが、皆様大丈夫でしたでしょうか?

                甚大は被害が出ている九州地方にお住まいの方々、皆様の安全をお祈りいたします。

                 

                 

                さて冒頭の通り、長寿会新聞(平成29年7月号)を発刊しました!

                今回の特集は新任S施設長と、イクメンパパたちの紹介です。

                 

                新任S施設長は六尾の郷が平成11年4月開設時に入社した、いわゆる「生え抜き」です。

                職員の中途採用が多く、人材の流れが速い介護の世界、また行政の制度が猫の目の様に変わる昨今、『施設長』という重責を担うことができる人材が法人内に存在することは大変有難いこと。

                 

                記事内容は、

                 〇纏をする上で大切にしていることは?

                 ⊆分を漢字一文字で例えると?

                 職員に期待していることは?

                 せ楡瀋垢量槁犬抜蠅い蓮  等々

                 

                 

                次の内容は、「イクメンパパ奮闘紀」と題して、5人の積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性職員を紹介しています。

                 

                S__35487835.jpg

                 

                 

                 

                特別養護老人ホーム六尾の郷1階、エレベーター前に掲示しておりますので、是非ご覧下さい!

                 

                 

                【事務長】


                『グループホームいずみ〜6月お誕生日会〜』

                0

                  こんにちは。グループホームいずみです。

                  いよいよ梅雨に入り、蒸し暑い気候になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

                   

                  グループホームいずみいずみでは先日、6月生まれの入居者様のお祝いをさせて頂きました。

                   

                  いずみのお誕生日会のお食事は、旬の食材を取り入れながら、特別感が味わえ、入居者様に喜んでもらえるよう、毎回スタッフが試行錯誤してメニューを考えています。

                   

                  今月のお誕生日会特別メニューは、サンドイッチ・チキンライス・かにクリームコロッケ・ポテト

                  コーンスープ・レアチーズケーキです。

                   

                  写真1.jpg

                   

                  今回は少し趣向を変えまして、サンドイッチをメインにしてみましたが、これがとても好評でした。

                   

                  写真2.jpg写真3.jpg

                   

                  今回の主役!6月生まれのT様です。

                   

                  写真4.jpg

                   

                  皆でハッピーバースデーの歌とケーキでお祝いしました。

                   

                  ちなみに誕生日ケーキも、毎回スタッフがデコレーションしています。

                  今までの作品を少し紹介します。

                   

                  写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg

                   

                  なかなかセンスが問われるところですが、手作り感があっていいですよね。

                   

                   

                  【グループホームいずみ ケアワーカーT】


                  『特別養護老人ホーム六尾の郷〜家族様より嬉しい言葉〜面会時の小さなエピソード〜』

                  0

                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                     

                    利用者様の娘様ご夫妻が面会に来られ、ご挨拶その中で、嬉しい言葉を貰いました。それは・・・

                     

                    「私たち、家族ですら出来ない事を職員さんがやってくれて、頭が下がる思いです。認知症の方や体調不良の人をお世話は本当に大変。ここにお世話になって本当に良かったと思います。色々あったけど、今では面会に来る度に母から『ありがとう・・気をつけて帰りや」「皆さんに直接、声を掛けてお礼を言いたいのですが忙しそうなので・・本当に感謝しています。」と言われます。

                     

                    「大阪で一人暮らしの時は、調子を崩し深夜に呼び出され大変だった・・・一緒に暮らし、こちらにお世話になって、在宅サービスから施設への入所となり、同じ所でお世話になり、知っている職員さんも、多く安心しています」・・・等々。

                     

                     

                    その方は大阪市内で一人暮らをされおり、一人での生活が難しくなり、泉南市内の娘様宅へ転居しショートを利用。その後ケアハウス長寿苑に入居、そして現在は特別養護老人ホーム六尾の郷入所して2年半。

                     

                    体調を崩すときも有りますが、職員と会話を楽しみ、以前看護師の経験も有り教わることもしばしば・・・。

                     

                    家族様からの『嬉しいメッセージ』は、明日の朝礼で現場職員へ報告して、その言葉に恥じない様に、又その言葉を糧に頑張っていきたいと思っています。

                     

                     

                    【特別養護老人ホーム六尾の郷 施設長S】


                    『要配慮者利用施設に係る非難確保計画作成の手引き〜社会福祉法人長寿会の取り組み〜』

                    0

                      JUGEMテーマ:社会福祉

                       

                       

                      皆さまこんにちは!

                      現場からのブログが最近途絶えているため、ピンチヒッター的に投稿させて頂きます。

                       

                      さてタイトルの通り、先日当法人の担当職員が泉南市主催の説明会に参加してきました。

                       

                      泉南市は、海・山・川等々、自然がとても豊かな環境で人々が暮らしやすい反面、自然災害への備えが必要です。特に、要配慮者利用施設(主として、高齢者、障がい者、乳幼児その他特に防災上の配慮を有する者が利用する施設)に該当する当法人としては、避難の確保を図るために必要な訓練、計画等が課されているのです。

                       

                      幸いにも当施設は海から直線距離で約4.5kmも離れており、また山肌に建っている訳でもなく、津波や崖崩れ等の被害も少ないと思われます。

                       

                      ただ、施設裏側に流れる『金熊寺川』が氾濫しないかいつも心配しています。現状の金熊川ですが、ご覧の通り川の約3分の3以上が中洲化しています。大雨のときにはかなり水位が上昇するのですが、流木等が引っかったりしないのかと、、、。

                       

                      5.jpg

                      (↑ご覧の通り、手間が中洲化しています。)

                       

                      大阪府岸和田土木事務所にその調査等を度々お願いしても、「一度調査・伺います」と返事はいいものの、その調査結果等はありません。本当に現地調査しているのか疑問です。。。

                       

                      当施設は泉南市からの強いお願いのもと、「福祉避難所」にも指定させてもらっています。福祉避難所にも関わらず、金熊寺川が氾濫したことを考えると、、、。

                       

                       

                      何れにせよ、大阪府や泉南市の『縦割り的な行政』に頼っていてはどうもこうも進みませんので、今後も法人として自然災害に取り組んでいかなければと。

                       

                       

                      【事務長 A】

                       

                       

                      1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1804 最後に更新した日:2017/07/25

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM