『あっとほーむ六尾の郷〜敬老会〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    暑さも落ち着いた9月18日、待ちに待ったあっとほーむ六尾の郷の敬老会が開かれました。職員皆ドキドキ!

     

    開会のあいさつに企画者ふるえ、緊張ピーク。皆様に楽しんでいただける様に企画しました。

     

    ?.jpg?.jpg

     

    利用者様が大好きなたこ焼き84コを少し前から焼き始めて、最後の42コは利用者様と家族様とで協力して頂き一緒に焼き上げました。

     

    さすが大阪!!色々なたこ焼きのレシピが話し合われました。みなさん美味しかったですか??.jpg?.jpg?.jpg?.jpg

     

    普段とは違う雰囲気で浴衣を着て、大正琴の演奏に合わせて利用者様と一緒に『炭坑節』の踊りとそれぞれのふる里を思いながら『故郷』の歌を大合唱しました。

     

    ?.jpg

     

    茶話会では和菓子屋さんより分けて頂いたおいしい白あんでぶどう大福を準備しました。抹茶オーレと一緒に頂きました。上品なお味(^^)

     

    ?.jpg?.jpg

     

    スライドショーでは日頃の利用者様の様子を家族様に見て頂きました。

    日々の事を振り返り、職員共々感激しました。

     

    ?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg

     

    フクロウ(不苦労)、不老の由来があるふくろうのストラップをプレゼントしたいと思い、手作りしました。裁縫が苦手なスタッフも一生懸命作りました。

    又、利用者様のご自宅でアレンジしてフクロウを飾って下さっていました。

     

    ?.jpg

     

    終わりで閉会の挨拶で、主任より皆様への感謝の気持ちを涙ながらに話しました。最後になりますが、ご家族の皆様もご参加ありがとうございました。利用者様もご家族様も楽しんで頂けたのではないでしょうか。

    次は長寿会の秋祭りをお楽しみに!!

     

    【あっとほーむ六尾の郷 ケアワーカーK】

     

     

     

     

     

    会の最後のお礼挨拶時に、主任が感極まり涙を。...

    どの業界でも同じでしょうが「主任職」、所謂中間管理職は現場のことだけでなく、経営上のことも考えながら仕事をしていかなければなりません。立場上、二足のわらじを履いています。

     

    介護の担い手が今後ますます減少するなか、また利用者様・家族様のニーズが変容を遂げるなか、その時代にあったサービス提供が求められています。

     

    敬老会当日には、沢山の家族様も参加されました。敬老会の開催時間は数時間程度でしょうが、その準備計画には何日も時間を要したことでしょう。

     

    あっとほーむ六尾の郷職員の皆さん、お疲れさまでした!

     

    【事務長A】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1911 最後に更新した日:2018/11/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM