『特別養護老人ホーム六尾の郷〜10月ケア会議!皆で協力し、頑張ろう!〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    皆様、こんにちは!過ごしやすい季節になりましたね。暑がりな僕にとっては、とても嬉しい季節です。さて、今回は先日行ないました

    【ケア会議】のお話しをさせて頂きたいと思います。

     

    特別養護老人ホーム六尾の郷では月に1度、【ケア会議】を行なっています。今回は、夜勤入りの出勤時間をメインとした話し合いをしました。理由は早く出勤している職員が多いと、職員の身体を心配した声があがったことから今回の話し合いが始まりました。

     

    「なぜ早く出勤するのか?」「どうすれば就労時間を守れるか?」と、職員全員が付箋に内容や思いを事前に書き、KJ法を使用しての、ケア会議に挑みました。

     

    KJ法を活用したことで、新人ケアワーカーも普段言えないこと等も、積極的に付箋に書くことが出来ました。その事により、様々な視点から問題点をあげることが出来ました。

     

    写真?.jpg写真?.jpg

     

    理由は、たくさんあがりましが、特に【業務以外の事前準備】が多く、新人ケアワーカー・ベテランケアワーカー関係なく一緒の意見・理由があがりました。

    夜勤の話しになりますが、夜勤者は3人います。

     

    各階1人ずつなので、職員は出来るだけ自分のフロアを離れる時間を少しでも短くしたいという思いから事前準備を早く済ませようとしていました。

    フロアを離れる時間を短く出来れば、利用者様の対応・見守りに繋がります。

     

    …ですが、自分達の身体を大事にしなければ利用者様に迷惑をかけてしまいます。

     

    全員で話し合い、いくつかの改善点も出すことが出来ました。

    業務内容の変更ではなく、事前準備を日勤帯に回すという方法でした。

     

    【利用者様の為に】の、気持ち1つで僕達職員は考え・行動します。

    ですが、職員の身体・心が健康でないと適切なケアを行なえません。

     

    これからも【利用者様の為に】の気持ちは変わらず【自分自身も大切に】をプラスし、職員一同頑張っていきますので宜しくお願いします。

     

    写真?.jpg写真?.jpg

     

    【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーA】

     

     

     

     

    今回のケア会議の中で出た、夜勤業務の負担。

    夜勤が最も緊張感があり、シンドイ勤務であり、その中の業務を日勤に回す事で少しは負担が軽くなればと…思います。

     

    それぞれの負担を職員全員で話し合えた事は本当に良かったと思います。これからも、少しでも働きやすい環境を目指し、利用者様にとってもより良いサービス提供に繋がっていけるよう、職員一同努めていきたいと思います。

     

    【特別養護老人ホーム六尾の郷 副主任T】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1896 最後に更新した日:2018/08/15

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM