『社会福祉法人長寿会〜終活座談会〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    みなさんこんにちは。

    先日お知らせさせて頂いた1月24日に開催の「終活座談会」の様子を報告させて頂きます。

     

    当日はとても冷える寒波の中ではありましたが、会場の「砂川サロンいこい」にはたくさんの方に集まって頂きました。地域の方を始め、過去に特別養護老人ホーム六尾の郷でご家族を看取らせて頂いた方や、他施設の施設長、泉南市長寿社会推進課の職員様まで。

    本当にありがとうございました。

     

    写真1.jpg

     

    当日までにきちんと話し合いの時間を持つことが出来ず緊張する中、『座談会』の始まりです。入社15年目の先輩Iケアワーカーと入社8年目の私。経歴も違い、経験してきたことも違う中で、お互いの想いを短い時間の中でどうしたらみなさんにしっかり伝えることが出来るのか、そして“綺麗ごと”でなくきちんと“現実”を伝えなくてはと90分、集まってくださった方達の質問も交えながら行われました。

     

    参加者の中には以前、当法人のデイサービス・ショートステイを利用されていた利用者様の家族様、特養に奥様が入所されていた家族様、そして特養でお母様を看取らせて頂いた家族様からも貴重な意見を頂き胸が熱くなりました。

     

     

    写真2.jpg写真3.jpg

     

    当老人ホーム内での看取りに入ったからといっても、普段のケアと大きく変わることはありません。体調が良ければ入浴もして頂きますし、食事も召し上がって頂きます。食事が食べられない場合は主治医の指示の元、点滴をすることもあります。

     

    又出来る限り行事やレクリエーション活動に参加して頂き、明るく楽しい雰囲気を感じて頂いたり、私たちが出来る最大限のケアを実施します。

     

    参加者の中には、「Iさん、久しぶりやね!!会えて嬉しいわ!あの時はIさんに声をかけてもらったから、面会に行く不安な気持ちがやわらいだし安心して母を任せられた、ありがとう!」と先輩Iに。

     

    その家族様を見て、“想い”を持って一生懸命お手伝いすれば、きっとその想いが伝わっていることを改めて感じました。そして、こんな利用者様、家族様から愛される職員になれるように私も今まで以上に頑張りたいと決意しました。

     

    写真4.jpg

     

    看取りに『正解』なんてありません。数ある施設の中で特別養護老人ホーム六尾の郷に入所し、私たちと出会って下さった利用者様、家族様。

    「最期がここでよかった」と少しでも思って頂けるように、これからも日々精進していきたいと思います。

     

    当日参加して下さった皆様、心からお礼申し上げます。

    又、暖かくなって来ましたら施設に遊びに来てくださいね。

     

     

    【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーI&U】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1911 最後に更新した日:2018/11/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM