『あっとほーむ六尾の郷〜お花見〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

     ♪春が来た 春が来た どこに来た♪

                     六尾の郷に 春が来た!

     

    4日前の下見の時には3部咲きでした。

    待ちに待った3月30日、あっとほーむの六尾の郷のお花見の日です。晴天に恵まれ特別養護老人ホーム六尾の郷玄関ロビーにて、満開の桜の花を満喫しながらお花見をしました。

     

     

    ?.jpg?.jpg?.jpg

     

    花見は、日本人が平安時代から楽しみにしていた春の行事です。

     

    桜を春の花の代表格として愛で、和歌を詠み、花見の宴を開き楽しんでいました。

     

    一説によると「サクラ」の「サ」=田の神様 「クラ」=神様の座る場所を表す意味もあり、豊作祈願の行事として農民の間でも行われました。

     

    日本の桜のおよそ八割を占めるのが「染井吉野」です。

     

    私たちあっとほーむ六尾の郷では、お花見を楽しみながら川柳を詠みました。

    利用者様や家族様より沢山の感想や文言をいただき皆様と一緒に川柳を詠みました。

     

    沢山の中から五首を紹介したいと思います。

      『桜咲く 日の本一の 六尾の郷』

      『桜木に うぐいす停まり ホーホケキョ』

      『花見来し ロビー賑わぐ 春の歌』

      『花見つつ 花より団子 おやつどき』

      『わが苑に 桜見惚れる 人を見る』 

      ちょっと写真では、見えにくいですが・・・・・

     

    ?.jpg?.jpg

     

    それから、春の歌を大正琴の演奏に合わせ「さくらさくら」・「春が来た」・「春の小川」など、合唱しました。

     

    子供の頃から歌い慣れているご様子で大きな声で唱って下さいました。

    最後の曲は手合せをしながら「茶摘み」を歌い盛り上がりました。

     

    ?.jpg?.jpg?.jpg

     

    おやつには「花より団子」と利用者様より提案いただき午前中に、利用者様とスタッフが準備しておいた団子に小豆あんをのせ、昆布茶と一緒に桜を見ながらゆったりした一時を過ごしていただき、団子も美味しいと好評でした。

     

    家族様も来て下さり利用者様もとても嬉しそうでした。

     

    ?.jpg?.jpg

     

    あっとほーむ六尾の郷のお花見にご参加下さり、本当にありがとうございました。

     

    気候も良く、皆様のご協力により楽しいお花見行事が出来たこと、スタッフ一同感謝しております。

     

    ?.jpg

     

    【あっとほーむ六尾の郷ケアワーカーM&K】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1885 最後に更新した日:2018/06/20

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM