『あっとほーむ六尾の郷〜七夕☆〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    皆様、こんにちは!

    これからまだまだ暑さが続きますので、体調にはお気を付けください。

     

    今回は、あっとほーむ六尾の郷の七夕まつりについてご紹介させていただきます!

     

    七夕は、「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行われている行事で、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつにも数えられています。

     

    毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの短冊や飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣が今も残ります。ちなみに短冊に使う色は青、赤、黄、白、黒(くろ)の五色(ごしき)を使うそうです。

     

       ・青(緑)→木々の緑を表すので「木行」

       ・赤→炎を表すので「火行」

       ・黄→大地の象徴なので「土行」

       ・白→大地に埋まる金属を表すので「金行」

       ・黒(紫)→命を育む「水行」

     

    では、利用者様の短冊を拝見させていただきます!

      「百歳まで元気にすごせますように」

      「家族仲良く末長く暮らせますように」

      「いつまでも元気でたのしい人生が送れますように」

      「家族揃って海外旅行ができますように・・」

     

    皆様、いろいろな想いを書いてくださっています。

     

    K様は「○○の結婚が実践しますように」と、お孫様について書かれていたのですが、なんと先に願いが叶いご結婚され大変喜ばれていました(^^♪おめでとうございます♪

     

    立派な笹の葉を囲みながら、真剣な表情で短冊や飾りを付けてくださいました。

     

    ?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg

     

    そして、完成です。

     

    ?.jpg?.jpg

     

    かなり大きな笹ですが、さすが男性利用者様!持ち上げてお祓いのように左右に大きく動かしてくださいました。

    皆様のお願いが届きますように。

     

    7月7日当日は、七夕の由来についてお話したり、<なつのほし>という本をスタッフより読みました。とても和やかな雰囲気で皆さん聞き入ってくださっています。

     

    ?.jpg?.jpg

     

    鶴は千年、亀は万年という言葉がありますが、長寿の祈願に使われることが多いです。七夕飾りに折り鶴を折るのもそのうちのひとつ。皆様で健康を願いながら折り、飾りました。

     

    ?.jpg?.jpg?.jpg?.jpg

     

    おやつは、フルーツポンチに星形ゼリーとアイスクリームをのせて七夕らしく  冷たいデザートにしました。

     

    ?.jpg?.jpg?.jpg

     

     

    健康で楽しく、あっとほーむ六尾の郷で過ごしていただき、来年もまた一緒にこの日をお祝いできたらと思います。スタッフ一同の願いを込めて・・☆

     

     

    【あっとほーむ六尾の郷 ケアワーカーK】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1911 最後に更新した日:2018/11/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM