『特別養護老人ホーム六尾の郷〜口腔ケア指導〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    特別養護老人ホームの六尾の郷では、月に1度朝礼前にほりぐち歯科の先生よりお口のケアについての研修をして頂いています。

     

    今月は、利用者様個人によってお口の中の状態は違い、先生から見て磨き残りが多い場所や磨きにくい所の磨き方などを、歯の模型を手に詳しく説明して頂きました。

     

    写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg

     

     

    〇と歯茎の所は磨き残しが多く見られる為、歯ブラシを小刻みに動かす

    奥歯も同様に磨きにくい事が上げられ、口を大きく開けてもらうのではなく、少し閉じて半開きぐらいで磨く。

    2質飴の歯茎には指で少し開いて磨く。

    だ紊留れもブラッシングする事で綺麗になる。

     

    職員一同、真剣な眼差しで聞き自分の口をあけ、このくらい開ければ歯ブラシが入りやすいのかなどをイメージしながら学ばせてもらいました。

     

    歯茎に合わせ入れ歯を作っても異物感はとれず馴染まれるまで、時間がかかりと聞きます。又慣れてからも、やはり自分の歯とは違いかみにくく、味が違って感じるなど少しのストレスが付きまといます。

     

    そんな話も聞かせてもらうことで、今残っている歯を大切にして少しでも皆様に美味しく食事をして頂くことやお口を清潔にして病気に繋がらないようにと先生の講和を活かしケアに取り組んでいます。

     

     

    【特養食事レクリエーション六尾の郷 委員会 ケアワーカーS】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1983 最後に更新した日:2019/10/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM