『〜祝!106歳お誕生日会!長男様より嬉しい言葉頂きました〜

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

    今回は、特別養護老人ホーム六尾の郷へ入所さらた時から担当をさせて頂いている、『H様のお誕生日のエピソード』をお話させて頂きます。

    (六尾の郷で迎えられる、6回目のお誕生日でした)

     

     

    H様は『特別養護老人ホーム六尾の郷で1番の御長寿…106歳になられました!』御自身で食事も召し上がられ、テレビや新聞等に書かれていることを僕によく教えてくれます。『笑顔がとても可愛らしくて、涙脆い一面もある、とっても優しいH様』は、職員・利用者様に愛される存在の方です。

     

    お誕生日会には、10名の家族様も参加して下さいました。H様の家族様は毎年大勢で参加して下さり、とても明るく・楽しい1日になるので担当の僕は毎年楽しみにしています♪H様と同じく『笑顔・人柄がとても温かい家族様』です。

     

    写真?.jpg

     

    たくさんの利用者様・職員・家族様と盛大にお誕生日をお祝いしました。特別養護老人ホーム六尾の郷には、現在100歳を越えられる利用者様が…なんと!H様を含め5名おられます。

     

    100歳を越えられている4名の方からお祝いの言葉や、拍手を頂くと嬉しそうに言葉を返されたり、微笑まれているH様を拝見し、とても幸せな気持ちになりました。涙する職員もおり、106歳のお誕生日がいかに素晴らしいことなのかを感じる瞬間でもありました。

     

    又、長男様より「六尾の郷におれているから、106歳という日を迎えることが出来たと思っている。職員さん達には感謝している」と、嬉しい言葉を頂き、職員の顔を見渡すと本当に嬉しそうで、涙をこらえている職員もいました。

     

    僕自身も今までのH様との日々や、家族様との会話等を思い出すと込み上げてくるものがあり、H様の担当になれて本当に良かったと改めて思いました。

     

    お誕生日会も終わり家族様とお話をしていると、長男様が僕の肩をポンポンと。

    「A君、手紙書くの上手くなったな、ええ手紙やわ」と、言葉を掛けてくれました。

     

    3ヶ月に1度送らせて頂いている近況報告の手紙を、6年半の間に22回送らせて頂いています。その手紙を褒めて頂けるとは思ってもいなかったので正直驚きましたが、『自分の言葉や想いが家族様に伝わっている』と、いうことを知り改めて近況の手紙の大切さを実感することが出来ました。

     

    僕の目標・願いは、これから先もH様のお誕生日を担当としてお祝いさせて頂くことです。110歳、115歳…いつまでも笑顔の素敵なH様でいて頂けるよう、お手伝いさせて下さいね。H様のペースで『一日一日を大切に』一緒に過ごしていきましょう。

     

    H様お誕生日、おめでとうございます!!

     

    写真?.jpg写真?.jpg

     

     

    【特別養護老人ホーム六尾の郷 Aケアワーカー】


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1991 最後に更新した日:2019/12/09

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM