『スタッフと利用者様に感謝〜あっとほーむ六尾の郷〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

    みなさんこんにちは。

     

    梅雨も明け毎日暑い日が続いていますが、体調はいかがお過ごしでしょうか。最近ではマスクが必須な毎日ですが、マスクを着用していると口腔内の乾きがわかりにくくなるとテレビで言われていました。しっかり水分補給をして熱中症予防をしてくださいね。

     

    さて、先日の勤務終了後の出来事。

     

    利用者様をご自宅に送り、掃除を終え、パソコンに集中している私の横で何だか不自然なT主任とSケアワーカー。早出だったHケアワーカーに新しく利用される予定の利用者様の情報を教えたり、3階のモニターを何度も確認したり…。

     

    正直、心の中で【何をしてるんやろう…。早出なのに早く帰らせてあげたらいいのに…。】と思っていました。

     

     

    そして3階に内線をし「どう?いけてる?」と3階担当のスタッフに内線をし、フロアの電気が消えた途端、「Cちゃんちょっと来て」という声と共にハッピーバースデイの歌が流れ出しました。

     

    フロアに出ていくとドヤ顔のT主任(笑)

     

    3階から拍手をしながら降りてくるスタッフ達。コロナ対応に追われお祝いすることが出来ていなかった4月が誕生日だったHケアワーカーと一緒にお祝いをしてもらいました!!

     

    その日は、出勤メンバーたちで2人にバレない様に朝から準備と必死のアイコンタクトでやり取りをしていたそうで、みんなの想いがとても嬉しく感じました♪

     

    写真1.jpg写真2.jpg

     

    みんなでケーキを食べ終え「Cちゃん何歳になったん?」と聞かれ「もう〇〇歳(笑)」と答えると「え〜!もうそんな歳ー?あんなに若かったのになぁ〜、でも私らもそんだけ歳取ってるんやな、恐ろしよ〜(笑)」とT主任とKケアワーカー。

     

    この日は朝から2つも報告書を書き、落ち込んでいた私ですが、みんなのお陰で帰りは笑って帰宅することが出来ました。

     

    そして先日の夜勤中。I様とH様とA様の居室で話をしていました。H様にお嫁様から誕生日のお花が届いたことの延長から誕生日の話になり、私も誕生日が近いということを知った利用者様たち。

     

    A様を先頭に誕生日の歌を歌ってくださりました。

     

    そしてしばらくしてスタッフルームにメモ紙を持って来られ、見ると『此処はどこなのか、どうして此処にいるのかわからなくなる時もあるけれど、貴方のような夏の太陽のように笑って私に優しくしてくれる人がいて嬉しい。どうかこの一年も健やかに。感謝』と達筆な字で綴られていました。認知症はありますが、いつも周りをよく見ているA様からのお手紙に胸が熱くなりました。

     

    これを励みに明日からも頑張りたいと思います。ありがとうございました♪

                   

     

    【あっとほーむ六尾の郷 ブログ担当U】


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:2057 最後に更新した日:2020/10/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM