〜時代の流れ〜 『指定管理者制度』

0
    当法人は泉南市総合福祉センター「あいぴあ泉南」の2階デイルームをお借りして、デイサービスセンターつばさ(介護定員15名・障害定員15名)を運営しています。そのあいぴあが平成19年度中にも指定管理者制度の導入を検討しているとのこと。

    指定管理者制度の目的というのは、『多様化する住民ニーズに、より効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用し、市民サービスを向上させるとともに、経費の削減等を図ることを目的としています。』
    泉南市ホームページより

    要は公の施設というのは現実のところ、人件費にしても、施設のメンテ費用にしても何から何まで、民間とは比較できない位費用がかかっているということ。それを指定管理者制度を導入し、民間に委ねた方がより『コストパフォーマンス』がアップするとのこと。

    さてさて、当方が思う指定管理者制度のデメリットの1つと考えるのが、従前の管理委託制度(委託先が、公共団体・公共的団体等)とは違い、民間の営利法人にも委託することが可能とのこと。営利法人だと、コストパフォーマンスを追求されることは必須でしょうが、それが逆に市民サービスの低下を招かないかということ。民間だと経営不振による事業縮小や倒産の恐れも考えられますしね。。。泉南市のチェック体制が重要になってきますね。

    今後はあいぴあだけでなく、その他の公の施設(老人集会場・保健センター・公民館・文化ホール・体育館・市民球場・プール等々)も指定管理者制度の導入を検討していくとのこと。因みに保育所の一箇所はは他市の社会福祉法人への委託が決定されたようです。(詳細は泉南市役所子育て支援課

    余談ですが聞いた話によると、あいぴあの設計はあの関西国際空港飛行機を設計された方と同じ(間違っていたら失礼)らしいです。確かに建物内の剥き出しの柱等の雰囲気は似ていますよね。。。

    (事務長A)




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:1881 最後に更新した日:2018/05/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM