『特別養護老人ホーム六尾の郷〜家族様より嬉しい言葉〜面会時の小さなエピソード〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    利用者様の娘様ご夫妻が面会に来られ、ご挨拶その中で、嬉しい言葉を貰いました。それは・・・

     

    「私たち、家族ですら出来ない事を職員さんがやってくれて、頭が下がる思いです。認知症の方や体調不良の人をお世話は本当に大変。ここにお世話になって本当に良かったと思います。色々あったけど、今では面会に来る度に母から『ありがとう・・気をつけて帰りや」「皆さんに直接、声を掛けてお礼を言いたいのですが忙しそうなので・・本当に感謝しています。」と言われます。

     

    「大阪で一人暮らしの時は、調子を崩し深夜に呼び出され大変だった・・・一緒に暮らし、こちらにお世話になって、在宅サービスから施設への入所となり、同じ所でお世話になり、知っている職員さんも、多く安心しています」・・・等々。

     

     

    その方は大阪市内で一人暮らをされおり、一人での生活が難しくなり、泉南市内の娘様宅へ転居しショートを利用。その後ケアハウス長寿苑に入居、そして現在は特別養護老人ホーム六尾の郷入所して2年半。

     

    体調を崩すときも有りますが、職員と会話を楽しみ、以前看護師の経験も有り教わることもしばしば・・・。

     

    家族様からの『嬉しいメッセージ』は、明日の朝礼で現場職員へ報告して、その言葉に恥じない様に、又その言葉を糧に頑張っていきたいと思っています。

     

     

    【特別養護老人ホーム六尾の郷 施設長S】


    『特別養護老人ホーム六尾の郷〜おむつ講習会〜』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      今回はおむつの講習ということです。

      現在使用しているおむつの業者さんから「おむつの講習もさせて頂きますよ!」と以前からお話を頂いておりました。

       

      なかなか重い腰が上がらず流れてしまっていた話しでしたが、今回は新人もえたこともあり、講習を依させて頂きました。

       

      1.jpg2.jpg3.jpg

       

      おむつのメリット、デメリット、コストの話しなどなど。

      コストの話を現場職員が聞いてもあまりピンとこないのではないかとの不安もありましたが、施設でも【目からウロコだった】という意見を頂いた」という自信の一言を頂き、そこまで言ってくれるならやって頂こうと、ケア議で講習を行っていただきました。

       

      4.jpg5.jpg6.jpg

       

      特養だけでなく、ヘルパ、グループホーム、ケアハウスの職員が加し、それはそれは、【目からウロコ】な話しが盛り山。今までやってきたことが間違いだったなんて…と少し落ちみもしましたが、本に聞いて良かった、しく勉ができました。

       

      初、30分の予定でしたが、丁寧にえて頂いたことと、質問に答えてくださり、時間を15分ほどオしてしまいました。夜くの講習ということもありましたが、快く引き受けてくださったことに感謝しています。

      また機があればぜひお願いしたいと思っています。ありがとうございました。

       

       

      特別養護老人ホム六尾の F】


      『特別養護老人ホーム六尾の郷〜入社6か月 新人ケアワーカーの奮闘!!〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

         

        桜も散り、段々と気温も高くなってきているそんな日々です。

        私事ですが、ここ社会福祉法人長寿会 特別養護老人ホーム六尾の郷に入社してから早半年が経とうとしております。

         

        まだまだ不慣れなことが多い中、折角ブログ・研修委員に所属させて頂けましたので、少しばかり自分の思いを綴ってみたいと思いました。

         

        介護福祉士という資格を得てから10年が経ちましたが、特養という場所で勤務することは初めてでした。漠然とした特養というイメージ。面接を受け、採用の連絡を頂けてから実際に勤務初日を迎えるまでは緊張していました。

         

        いざ働いてみると、正直な話、こんなに大変だとは思いませんでした。今までは訪問介護(ヘルパー)とデイケアでしか経験がなく、施設で働くこと自体初めてという状況。オムツ交換もまともに出来ない状態からのスタートでした。

         

        毎日毎日が勉強の連続で、温かい先輩達のご指導を受けながら悪戦苦闘するばかり。食事介助も情けない話ですがほぼ初めてと言う状態。慣れない内はタイミングも分からず、とにかく詰まらせてはいけない、しんどい思いをさせてはいけないと時間ばかり掛かってしまいました。

         

        夜勤をすることも初めてでした。他のフロアにも夜勤者はいますが、1人でたくさんの人数の状態を確認したり、オムツ交換をしたりとこれもまた時間が掛かるばかりでした。

         

        そんな中、利用者様を『看取る』ことも初めてでした。『看取り』という言葉は知っていましたが、初めて利用者の方が亡くなるという瞬間に立ちあった時。その方とはお会いしてから1週間あっただろうかと考えてしまうほど、短い時間しか過ごせませんでしたが、それでも涙が止まりませんでした。

         

        自分が担当をさせてもらった方が亡くなったとき、エンゼルケアを少しですがさせて頂けました。

         

        口紅を塗らせてもらえたとき、手が震えてしまいました……涙がこぼれそうになりました。

        その後、何度か看取りを経験しました。そのすべてが淋しさ、悲しさ、色んな感情が混ざり合います。この気持ちは無くさないでいたいと思います。

        こうして色々な経験をしていく中で自信をもっていいのかなと思えたのは、利用者様に対する言葉遣いです。

         

        とにかく、相手を不快にさせない言葉、声掛けを心掛けていました。そんな心掛けが実を結んだなと思えたのが利用者様達の声でした。

         

        ある利用者様が

         

        「ねえちゃんは優しいな。」

        「ええ子やな。」

        「あんたが夜勤やと嬉しいわ。」

         

        など、声を掛けてくれるようになりました。夜勤かと聞かれ、今日は違うんですと答えると残念そうにする方もおられます。そんな利用者の方を目にすると、『自分を必要としてくれるんだ』と嬉しくなりました。

         

        まだまだ学ぶべき事は山積みですが、少しずつ時間にゆとりが出来る様になってきました。先輩方の『熱い気持ち』のこもった指導は本当に勉強になります。感謝しています。焦らず、事故のないように、利用者様を第一に考えて。毎日を少しでも楽しく。

         

        そんな思いを胸に小さな一歩ずつではありますが、立派な六尾の郷のケアワーカーを目指していきたいと思います。

         

        最後になりますが、利用者の皆様方。

        いつもいつも汗をかいてしまうのでオムツ交換の時、汗がベッドに落ちてしまったらごめんなさい・・・・・・。

         

        【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーY】

         

        1.jpg2.jpg

        (写真奥がY。手前が先輩Uです。)

         

         

         

        指導担当である先輩、Uケアワーカーより。

         

        入社して半年が経ち日に日に成長していくYケアワーカーの姿を見る度、他のケアワーカーから「頑張っているね」という言葉を聞く度本当に嬉しくなります。

         

        どんなに忙しくても利用者目線、利用者想い、頑張りすぎる所が時には心配ですが、そんな彼女の姿を見て私も「頑張ろう」という気持ちになります。

         

        私も7年前の入社当時は右も左も分からず、泣いてばかりの毎日でしたが、今は「何があっても大丈夫」と思えるくらい強くなり誇りを持ってこの仕事をしています。

         

        これからたくさんの経験をし、利用者様から必要とされるケアワーカーになっていって下さいね。先輩職員はいつでもそばにいます。

         

        その汗は一滴も無駄になってないので大丈夫ですよ!!!

         

        【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーU】


        『特別養護老人ホーム六尾の郷〜優しい利用者様の皆さま!』

        0

          JUGEMテーマ:社会福祉

           

           

          みなさんこんにちは。

          桜の綺麗な季節となりましたがいかがお過ごしですか。

          六尾の郷の桜の木も満開になり先日利用者様達にお花見を楽しんで頂きました。

           

          さて、今日は先日の夕食前の出来事をお話させてもらいます。2日前に手の痛みを訴えられたK様。後日出勤した際に「手の具合はどうですか?」と近寄ると冴えない表情…。

           

          「痛いわぁ、今日は注射も打ってもらって余計に痛い」との返事。痛い方の腕をさすると「心配かけてごめんねぇ」「昨日は娘さん来てくれた?」と尋ねると「N(娘様)も忙しいからなぁ…、姉ちゃんはお母ちゃん元気か?」と。

           

          「姉ちゃんのお母ちゃんは、もう亡くなっていないねん。」と答えると「亡くなったん、可哀相になぁ…」とK様。「病気には勝てなかったけど最期まで頑張ってたお母ちゃんを誇りに思ってるよ」と答えると「えらいねぇ、姉ちゃんが頑張ってる姿を見てお母ちゃん安心してるねぇ」とポロポロと涙を流して下さるK様。

           

          「泣かないで!もう姉ちゃんは全然大丈夫やから!!」と伝えていると横から泣き声が…。お隣に座っていたY様がポロポロと涙を流され「お母さんは、きっと辛かったやろうねぇ」とY様。向こうの席からは「Cちゃんが頑張っている姿を見てて私も嬉しい」とK&S様。

           

          夕食前に少し声をかけた事が、こんなに利用者様を泣かしてしまうなんて…。でも六尾の郷の利用者様達は、本当に優しい方達ばかり。

           

          写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg

           

          ご自分が痛い思いをしていても私達職員の事を気に掛けてくださるなんて。反対に元気を頂いてばかりです。

          夜勤明け夜勤と少しハードな勤務の始まりでしたが「頑張ろう!!」と思った出来事でした。

           

          ※「姉ちゃん・Cちゃんとは、スタッフ同一人物です。」

           

           

          【特別養護老人ホーム六尾の郷ブログ研修委員 U】


          『特別養護老人ホーム六尾の郷〜家族様からの嬉しいお言葉』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

             

            みなさんこんにちは。

            先日ご家族様から嬉しいお言葉を頂きました。

             

            特別養護老人ホーム六尾の郷では、三ヶ月に一度、家族様に担当職員より近況のお手紙を送らせて頂いています。

             

            その中でも職員の人事異動や、新しい職員の入職により担当職員が変わることもあります。

             

            入所されてから担当利用者様だったK様も数ヶ月前に私からOケアワーカーへと変更になりました。

             

            K様の娘様が面会に来られ、「Uさん、担当じゃなくなったんやねぇ…、Uさんのお手紙いつも楽しみにしてたんよ、字も綺麗やし文章を書くのも凄い上手やわ。今の子は国語力に欠けているけどいつも感心して読んでたんよ」と娘様。

             

            そのお言葉にとても嬉しく、楽しみに読んでくださっていたんだなぁと改めて感じました。「ブログも読んでいるよ!!鬼会議の記事も見た!!お仕事終わってからもご苦労様やね」と優しいお言葉をかけてくださりました。

             

            この4月に届くお手紙は、新しく担当になったOケアワーカーからのお手紙になりますが、とても利用者想いで、手紙からはその場が想像出来る様な、微笑ましい内容となっていますので楽しみにしていてくださいね。

             

            写真1.jpg

             

             

            【特別養護老人ホーム六尾の郷 ブログ研修委員U】


            『特別養護老人ホーム六尾の郷〜4月誕生日会〜F主任と初めてペアに〜』

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

               

              皆様いかがお過ごしでしょうか。

               

              先日、4月生まれの利用者様の誕生日会を盛大にお祝いさせて頂きました!

              誕生日者の方は、なんと9名おられました♪ (ショートステイの利用者様にも誕生日者様が♪)

               

              今回は誕生日者様にマイクを使用してもらい、自己紹介を行って頂きました。お祝いに参加された利用者様に、しっかりと誕生日者様の声を届ける事が出来ました!

               

              少し話がしにくい方には、担当が声をかけさせてもらいながら自己紹介をさせて頂きました。

               

              日頃、あまり声を出されることのないT様は「○○!」と元気な声でご自身の名前を言って下さり、また、いつもうつむき加減なもう一人のT様も「○○です」と、しっかりと前を向き笑顔で参加された利用者様に挨拶をして下さいました。

               

              写真?.jpg写真?.jpg

               

              そして、102歳になられるM様の家族様も参加して下さり、長男様よりM様に百合の花をプレゼントして下さいました。

               

              長男様より「百に合う」と書いて「百合」なので…と百合の花を選ばれた理由や、利用者様にも温かな言葉を送って下さり、会場は温かい雰囲気の中、皆様の笑顔が溢れていました。

               

              M様に長生きの秘訣があれば教えて下さいと質問をさせて頂くと、持ちを強く持つ事」「きちんとすること、自分で出来る事は自分でする」と、皆様に言葉を送られました。

               

              写真?.jpg

               

              また、今回は誕生日者の一人一人の名前を頭文字にしたメッセージを考えプレゼントをさせて頂きました。内容は様々ですが、伝えたいことや日頃の感謝の気持ちを言葉にすることは頭をフル回転させても難しく【あーでもない、こーでもない】と一人、夜勤中や自宅で製作しました。

               

              誕生日者様に「ありがとう」の言葉と、素敵な笑顔を見せて頂くことが出来、自分の気持ちが伝わったようで嬉しく思いました。

               

              写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg

               

              それは、色紙に書いた言葉に気持ちを込め読んで、笑顔で手渡してくれたF主任のおかげです。F主任の下で働き約4年半になりますが、今回初めてペアで担当をさせてもらいました。

               

              普通だと、上司とペア…緊張しかないと思います(笑)

              ですが、自分は楽しかったです。F主任に『緊張せんのかい!』と突っ込まれそうですが(笑)

               

              普段クールなF主任ですが、部下思いで、現場が好きで、利用者様が大好きなF主任だからこそ、何よりも自分自身がF主任と一緒ならどんな状況でも楽しめ乗り越えられると思います。 

              F主任に感謝です。

               

              写真?.jpg

               

              疲れきっているはずなのに、ずっと最後まで手伝ってくれました。

              夜勤明けのU、S、Oケアワーカーにも感謝しています。

               

               

              【利用者様の笑顔が見たい・同じ時間を共有したい】その気持ち一つで動いてくれる仲間がいること、そんな仲間と一緒に働けていることが幸せです。

               

              写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg

               

               

              最後になりますが、9名の誕生日者様本当におめでとうございます。

              来年も、元気な皆様をお祝い出来ることを楽しみにしています♪

                                     

               

              【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーA】


              『特別養護老人ホーム六尾の郷〜恒例です!春の風物詩・・・桜も満開!!布団も満開!!!〜』

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                 

                長寿会のお楽しみの季節がやってきました。

                 

                1階ロビーの、吹き抜けのガラス一面がピンク色に染まる桜の季節です。

                平成11年の特別養護老人ホーム六尾の郷開設時、理事長が川沿いに植樹した桜が、年々大きく立派な枝ぶりに育ち沢山の花を咲かせます。

                 

                そして、特別養護老人ホーム六尾の郷の70名の利用者様のお布団も“桜の花”に負けない様に、夜勤明けと早出職員が利用者様に『太陽の香り』を届けたいと・・・。

                 

                写真1.jpg写真2.jpg

                 

                〜嬉しいエピソード〜

                発語が少ない要介護5の利用者様が、朝食を済ませ職員がベットへ移乗した時に『ええ臭いやな〜気持ちええ〜』と一言。その一言に私たちは感動したり、ホッとしたり温かい気持ちとなり、やりがいにも繋がります。

                 

                今年は桜の季節が遅く3月31日〜4月16日までが桜週間として1階ロビーを『桜ラウンジ』として特設会場を設け、利用者様や家族様に開放しました。

                 

                是非、来年も利用者様、家族様で長寿会での『お花見』をしてはいかがでしょいうか?

                 

                 

                 

                お花が好きな、家族様や地域の方が季節のお花を届けてくれています。

                来所時は、施設内のお花を見て季節を感じて貰いたいです。

                写真3.jpg

                 

                 

                【特別養護老人ホーム 六尾の郷 職員一同】


                『特別養護老人ホーム六尾の郷〜歯科講話〜』

                0

                  JUGEMテーマ:社会福祉

                   

                   

                  皆さんこんにちは!

                   

                  職員向けに、毎月第4木曜日の朝礼終了後、利用者様の「お口」の相談や“口腔ケア”について気になる事や疑問に思うことなど“口腔ミニ講座”を実施しています。

                   

                  利用者様の個別の口腔ケアに関しての疑問・不安を毎月ピックアップし、その内容に沿って研修をして頂いています。

                   

                  <今回の疑問は>

                  ・しっかり磨いて頂きたいが、嫌がられしっかりと介助が行えない

                  ・うまくうがいをして頂けない、むせられるのでガーゼにて拭うが良い方法がないか

                  ・歯磨き粉を付ける場合にはどのくらいの量がいいのか、飲み込んでしまっても大丈夫なのか

                   

                  等々、様々な疑問を解決出来ました。

                   

                  写真1.jpg写真2.jpg

                   

                  自分の歯が残っている方の口腔ケアの介助について、ほりぐち歯科様から分かりやすいようにと、模型の歯と歯ブラシを使って実際どのように行えばよいのか実習して頂きました。

                   

                  疑問:介助にて歯磨きを行う際に「痛い」と言われることがあり嫌がられることがあります。

                  「力が強かったのか」「磨き方が悪いのか」「歯ブラシのあたる場所が悪 いのか」と職員は悩む事もあると思います。

                   

                  ではどうして上手くいかなかったのか?

                  歯科の先生に教えて頂きました。

                   

                   /祐屬猟砲澆魎兇犬笋垢い箸海蹐抜兇犬砲いところがある

                  ◆ ̄歯から前歯に行けば行くほどに痛みを感じやすくなる

                  ついつい口を大きく開けてすぐに目がいく前歯から磨かれた経験があるという方もいらっしゃるのでは?

                   

                  歯を磨く順番としては奥歯の外側から前歯に向けて磨き残しのないように横方向だけでなく円を描くように磨くと綺麗に磨けるそうです。

                   

                  横方向だけだと歯と歯の隙間に食べカスが残り、口腔内の雑菌が増えたり口臭の原因になったりもします。

                  もちろん、内側も同じようにしっかりと磨いて頂く事も忘れずに!

                   

                  疑問:歯槽膿漏予防や歯が白くなる、口臭予防などの歯磨き粉が色々な種類がありますがその効果の程は?

                   

                  歯科の先生より“歯磨き粉はつけなくてもよい”とのこと。

                   

                  1. 認知症の方はしっかりとうがいが出来ずうっかり飲み込んでしまうことがあるが特に体に害は無い。

                  爽快感を望む方には使用してもよい、効果はある。しかしうがいは出来る方であること。

                   

                  ※体には良くありませんが本人様のご希望で歯磨き粉を使う際にはできるだけしっかりとうがいをして頂いて確認することも必要であると思われます。

                   

                  今回のまとめ!!

                   〇を磨く順番は奥歯から前歯に掛けて外側から内側にむけて

                  ◆)瓩残しによる食べカスや口腔内の雑菌の増加は口臭の原因になる

                   歯磨き粉は使っても良いがしっかりとうがいをしてもらう。歯磨き粉はのんでしまっても然程害はないが汚れと一緒に飲み込んでしまう事になるので注意する。

                   

                  ほりぐち歯科の先生による研修は、模型の歯型を活用した分かりやすい内容でした。この研修を生かし今まで以上に利用者様の“お口の健康”に意識していきたいと思います。また、口腔ケアの大切さを改めて再認識させてもらい勉強になりました。

                   

                  高齢者の皆様にとって、食事は楽しみでもあり健康のバロメーターです。口腔ケアをしっかりと行う事で、感染症の予防や認知症予防にもつながると言われています。私達、食事レク委員は利用者様が美味しく食事を食べられるように頑張って行きたいと思います。

                  又、余暇活動にも「力」を入れています。

                   

                  他にも気になる事があれば食事・レク委員会まで教えて下さいね!

                   

                   

                  【特別養護老人ホーム六尾の郷 食事・レク委員会一同】


                  『特別養護老人ホーム六尾の郷〜鬼会議後のサプライズ!!』

                  0

                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                     

                    今回のケア会議は、平成28年度最後の会議。

                    新人職員も増えたということで、改めて日課表での動き、各階の動きを確認しました。

                    担当するのは入社8年目のNケアワーカーです。

                     

                    写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg

                     

                    対人援助を基本にした仕事な為、時間通り、想像通りに業務がまわるはずがありませんよね。それを十分に頭に入れ、だけど…、ある程度の時間の目安を新人さんに伝えながら、中堅、リーダークラスはその動きを確認しました。

                     

                    特別養護老人ホーム六尾の郷は、3、4、5階が居室で、4、5階が共同スペースという、少し特殊な構造になっています。

                     

                    メンバーの動きを確認しながら、優先順位を考え業務を回していく…。時間通りに間に合わなかったらどうするのか。

                     

                    現在の問題点は職員間のコミュニケーションが少ないこと。

                    そこにしっかり意識をもつことと、間に合わない事があたりまえではなく、どうやったら間に合うか考え行動すること、手伝ってもらったら感謝の気持ちを伝えること。

                     

                    この『当たり前』と思うことかもしれませんが、新人も先輩も声をかけ合い、助け合い、このことをしっかり確認し、ケア会議は終了しました。お互いが「ありがとう」、「すみません」が素直に言える職員でいて欲しいと思います。そして、今回はケア会議後にサプライズなプレゼントが!

                     

                    写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg写真10.jpg写真11.jpg

                     

                    「これは職員さんのために使ってください!」と利用者家族さまから寄付を頂き、宅配ピザのサプライズ!!

                     

                    会議が1時間で終わらず少し冷めてしまったけど、お腹の減った遅出職員や若い職員は目を輝かせて頬張っていました。(会議途中からおいしそうな臭いが気になって気になって…)

                     

                    そしてケア会議に参加できない職員、看護師、厨房全職員にボールペンを購入させて頂き、皆おそろいのボールペンで明日からも頑張ろうと気合を入れ直した会議なのでした。

                     

                    本当にありがとうございました。

                     

                     

                    【特別養護老人ホーム六尾の郷 主任F】 


                    『特別養護老人ホーム六尾の郷〜平成29年ひなまつり〜』

                    0

                      JUGEMテーマ:社会福祉

                       

                       

                      みなさんこんにちは。

                      段々と暖かくなり桜の開花もあと少しですね。3月3日に行いました、ひなまつり行事の様子をお知らせします。

                       

                      今年は、女性利用者様だけでなく、男性利用者様にも「昔、娘様と一緒に雛人形を飾り、お祝いした頃等を思い出してもらいたい」という想いから全利用者様に参加して頂きました。

                       

                      内容は、『お年寄りの大好きな甘酒を一緒に作りフロアに甘酒の匂いを漂わせながらゆっくり過ごして頂く』をテーマに午前中は4階利用者様、午後からは5階利用者様を対象に行いました。

                       

                      「甘酒、よう昔は作ったわ〜」「酒かすを揉んで一晩置いておいたら美味しいんよ」等と思い出話に花を咲かせている内に「良い匂いしてきたわ〜!」と利用者様達。代表でI様に味見をしてもらい「ちょっと薄いから、しょうが足してみ」とアドバイスを頂きながら甘酒の完成です☆

                       

                      写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg

                       

                      「美味しいわあ〜」「上手いことできたなあ〜!」「おかわりあるんか?」等嬉しい言葉を頂きながら高齢者が食べやすいチチボーロと一緒に召し上がってもらいました。

                       

                      写真4.jpg写真5.jpg

                       

                      そして、今回のもう一つのメインは昼食です!!

                      ひなまつりといえば『ちらし寿司』!利用者様も大好物のメニューを本格的に飯切りに入れご自身にて盛り付けて頂きました。

                       

                      大きな飯切りに入ったお寿司を前に「うわぁ〜、すごいなぁ!」「酢のいい匂いしてるわ!」と皆さん嬉しそう♪

                       

                      普段、レクリエーション等にあまり興味を示されることが少ない利用者様もご自身にてしっかりと手を動かし盛り付けてくれました。

                      日頃、少食な方でも好きなネタをトッピングして大盛りのちらし寿司をパクパク!!クラブ活動やレクリエーションで筆や鉛筆を持つのは「手が痛いから持てない!」と拒否される方でも…この日は違います。

                       

                      飯切りを片手で力強く押さえしゃもじでよそう『力』!!やはり『美味しい食事の力』は凄いですね☆

                       

                      写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg写真10.jpg写真11.jpg写真12.jpg写真13.jpg

                       

                      おかわりをしてくださる方もたくさんおり、みなさん美味しく召し上がってくださりました。行事担当職員によって、毎年企画内容は様々ですが、食べることは何歳になっても楽しみの一つだと思い、今回は「美味しい物を特別感を出して」に着目しました。

                       

                       

                      写真14.jpg

                       

                      今回のこの提案に、大きな自宅に眠っている大きな飯切りを持ってきて協力してくれた職員、朝早くから仕込みをしてくれた厨房職員に感謝しています。

                       

                      また来年のひなまつり行事も楽しみにしていて下さいね。

                       

                       

                      【特別養護老人ホーム六尾の郷 ひなまつり行事担当 ケアワーカーU&K】



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1818 最後に更新した日:2017/09/20

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM