『バリアフリー2017に行って来ました!』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    4月20日〜22日までインテックス大阪で開催されていた、高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展「バリアフリー2017」に行って来ました。

     

    【写真1】.jpg

     

    私は今年で3回目の来場になるのですが、毎年介護ロボットや便利な福祉用具、介護食など最新の体験や情報収集ができるので毎年勉強になります。

     

    毎年私が注目しているゾーンは認知症対策ゾーンで、今年はアルツハイマー型認知症の早期発見の目安となる『物忘れ相談プログラム』『TDASプログラム』 (ティーダス・プログラム)を体験してきました。

     

    【写真2】.jpg

     

    最近、買い物に行き「玉子買わな!玉子買わな!」と連日玉子を買ってしまい冷蔵庫に3パック溜まってしまった経験があり、娘に「大丈夫?」と言われ、もの忘れが気になっていたので気合いを入れて体験したのですが、「現時点ではもの忘れの心配は要りません。」との結果にホッとしました。

     

    今は血液検査や、こういったプログラムなど早期発見ができる時代になってきたのは凄いことだなぁと感じます。

     

    このプログラム、価格がTDAS込みだと65万円するということで公共施設において気軽に検査なんてことは難しいと思いますが、泉南市内の認知症かかりつけ医がいる医療機関などにおいて気軽に検査ができるようになれば、早期発見・早期治療がよりすすむのではないかなぁと感じました。

     

    私がチーム員として活動しているオレンジチームWAO(認知症初期集中支援チーム)が発足して今年度で2年目を迎えます。認知症症状が中等度以上になると支援がなかなか難しいケースもあり、早期発見・早期治療の大切さを日々ひしひしと感じています。

     

    早期に発見し、初期やMCI(軽度認知障害)の段階で治療が開始できれば、進行を抑えられ住み慣れた地域で自分らしく暮らしていける世の中になると考えています。

     

    今できる事から少しずつでも前進していきたいと、会場外から漂う美味しそうな香りに誘われ購入した博多唐揚げを頬張りながら考えたバリアフリー2017でした。

     

     

    【地域包括支援センター ケアマネジャー・オレンジチームWAOチーム員 I】


    『砂川地区高齢者見守りネットワークが取材を受けました!』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      泉南市には多くの小地域ネットワークが存在し、地域の皆さまの日々の暮らしを支える活動をされています。

       

      その中でも今回ご紹介するのは、砂川地区で活動している「砂川地区高齢者見守りネットワーク」です。同ネットワークは30名以上のボランティアが、地域で暮らす高齢者のちょっとした生活の困りごとをお手伝いする心強い団体として平成19年に発足。以降、地域の方の見守りや個別支援などの活動を続けてこられました。

       

      今回、この活動が大阪府社会福祉協議会(以降、社協)に評価され、機関紙「福祉おおさか」で紹介したいと依頼がありました。

       

      3月30日、大阪府社協地域福祉部から2名の職員さん、泉南市役所健康福祉部から民生委員担当職員さんにお越しいただき「砂川サロンいこい」にて、見守りネットワークのT氏・F氏・K氏が取材を受けました。手

       

      写真1.jpg写真2.jpg

       

      民生委員や地区福祉委員などの役も兼任しながら、地域の中できめ細やかな支え合いを行ってきた砂川地区の取り組みについて、その歴史から現在の課題まで様々なお話があり、横で聞いていた私は「やっぱり地域の方の底力はすごい!この活動が永く続く方法を一緒に考えねば!」と感心しつつも身の引き締まる思いでした。

       

      取材の内容については、5月1日発行の「福祉おおさか」でご覧いただけますので、是非皆さんお手に取っていただければと思います。(泉南市社協に置いているようです)

       

      【地域包括支援センター六尾の郷 社会福祉士K】


      『地域包括支援センター六尾の郷 〜これからの介護予防 WAO体操2〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

         

        泉南市では、この4月から新しい介護予防・日常生活支援総合事業がスタートします。

         

        これまでの介護予防と違う点は、「介護保険サービス利用」だけでなく、住民主体の生活支援サービスを地域に広げ、支え合いのある地域づくりをすすめるところです。

         

        この地域づくりをすすめるために、泉南市ではWAO体操2を開発。

        『カラダもココロもおカネもシアワセもガッチリつかむ』をキャッチフレーズに、地域住民の方が自主的に行っていただく体操となっています。

         

         データ1.jpgデータ2.jpg2

         

        今後『体操をする住民主体のつどいの場』が市内全域に広がることで、地域住民の方々が元気になり、地域全体が元気になります。

         

        WAO体操2に興味のある地域には順次説明会を行っております。今年1月にWAO体操2を行う自主サークル「奇勝サロン体操部」として市内で初めて発足し、みなさん元気につどい、体操に励んでおられます。

         

        砂川奇勝地域でのWAO体操2の様子

         

        写真3.jpg写真4.jpg

         

        おしゃべりあり、笑いありでみなさん楽しそうです。

        このような住民主体のサークルが市内全域に広まるように、地域包括支援センターもお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

         

         

        【地域包括支援センター六尾の郷 介護支援専門員K】


        『砂川サロンいこい〜冬のキッズスクール」開校!〜』

        0

          JUGEMテーマ:社会福祉

           

           

          いつもブログをご覧いただいている皆さま、雪もちらつく寒い日が続いていますが、お変わりありませんか?

           

          家でこたつに入ると、もう何もかもが億劫になってしまい、休日の大半をこたつの中で過ごしている社会福祉士Kです。

           

          さて、もう皆さんおなじみ「砂川サロンいこい」は、月曜日から金曜日まで地域の方々が気軽に寄っておしゃべりを楽しんだり、趣味のサークルなどで気の合う仲間と楽しい時間を過ごしたり、身近な憩いの場としてご利用いただいていますが、昨年8月に新たな試みとして、地域の子どもたちの自習場所を提供するキッズスクールを実施しました。

           

          いつも、いこいをご利用いただいている高齢者の皆さまに見守られながら、集中して勉強できる機会として、大変好評いただきました。

           

          そこで、冬休みの期間(12/26〜1/9のうち6日間)も同様にキッズスクールを開催することとなり、すなっきーず(未就学児対象の子育てサロン)・スイミングスクール・地域の診療所などでチラシの案内をさせていただきました。

           

          写真1.jpg

           

          写真2.jpg写真3.jpg

           

          ドキドキしながら初日をむかえ、子どもたちが来るのをボランティアさんと待っていました。

           

          「こんにちは!」という元気な声が聞こえ玄関まで行くと、いつもいこいをご利用いただいている方のお孫さんの姿が!

           

          そしてしばらくすると、また「こんにちは」とおしとやかな声が。見に行くと、すなっきーずでお母さんがチラシをもらってきたと言う、小学4年生の女の子が来てくれました!

           

          他にも、夏期キッズスクール実施時に来てくれた地域の子どもたちも引き続き参加してくれており、初日から賑やかな雰囲気でスタートしました。

           

          写真4.jpg写真5.jpg

           

          2日目以降も、毎日5名以上の子どもたちが来てくれ、冬のキッズスクールも大盛況!

           

          冬休みということもあり、「書初め」の宿題を持ってきた子どもたちもおり、普段達筆な字を書かれるボランティアさんに見守られながら集中して書いていました。

           

          小学1年生の女の子は持ってきた宿題が終わると、いこいのiPadを使い、計算アプリなどで現代っ子ならではの学習をしていました。


          写真6.jpg写真7.jpg

           

          今回も地域のボランティアさんの活躍により、6日間で延べ26名の子どもたちがいこいで学習し、しっかりと冬休みの宿題を終わらせることが出来ました!

           

          また、いつもは仲間たちと他愛もない話で笑顔いっぱいの地域の方々も、先生役となると表情が引き締まり、「学習」と「ふれあい・交流」というメリハリのあるいこいになったように感じます。

           

          これからも、砂川サロンいこいは地域の皆さまに親しんでいただける“憩いの場”になれるよう様々な取り組みを続けていきます!

           

           

          【地域包括支援センター六尾の郷 社会福祉士 K】


          『地域包括支援センター六尾の郷〜六尾の郷から全国へ発信!〜今年もポスターセッションに参加しました!!〜』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

            今年は全国地域包括・在宅介護支援センター研究大会が横浜市で行われるということで、昨年に引き続きポスターセッション参加をエントリーした結果、今年も発表を実現しました。

             

            今年のテーマは「せんなん暮らしプロジェクト〜iPadで地域を便利に!元気に!〜」ということで、以前より行っていた「砂川サロンいこい」でのiPad体験会やiPad教室の開催。

             

            iPadを脳トレゲームの機械としてだけでなく、もっと生活に取り入れて活用してほしいという思いから、インターネットを使い買い物をしたり、メールを使いこなせるようになったりできる教室を展開してきました。

             

            多くの方に関心を持っていただき、卒業された方は日々お家でインターネットでお買い物をしたり、遠く離れた家族とのメール、お仲間との連絡などに活用しています。

             

            そんなiPad教室を他の専門職と協働して地域に広めようというプロジェクトを当包括支援センターの熱血男Kケアマネジャーと一緒に発表してきました。

             

            写真1.jpg写真2.jpg

             

            他の包括からは先駆的な取り組みをしており、今後参考にさせてほしいなどのご意見も伺え、思った以上に大きな反響がありわたくしも正直驚きました。

             

            写真3.jpg

             

            また基調講演では「今、地域を創ること」との演題で、横須賀基督教社会館の会長さんからのお話が大変印象的でした。昭和日本の地域福祉の歴史や、海外での体験談などとても興味深くまた、御年九十歳となられる先生が資料を用いず立ち姿勢で一時間の熱弁をされ、その熱意と勢いに胸をうたれました。

             

            写真4.jpg写真5.jpg

             

            その他にも各地域の実践報告やシンポジウムでは複雑・多様な課題に対応するための関係機関とのネットワークづくりについて、「地域共生社会」の実現に向けての包括支援センターの役割や全体像などとても考えさせられることが多い2日間の研修を終えてきました。

             

            これからの地域住民さんの暮らしが、少しでも便利に不安なく活力のある生活が実現できるよう、道のりは長い感じもしますが、日々これからも精進しようと決意を新たにしました!

             

            当日発表に使用したポスターは当施設ロビーに掲示しております。お立寄りの際にはぜひご覧下さい。

             

            【地域包括支援センター六尾の郷 管理者W】


            『地域包括支援センター六尾の郷〜社会福祉士K 大舞台に立つ!〜』

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

               

              いつもブログをお読みいただいている皆さま、こんにちは!

              地域包括支援センターの社会福祉士Kです。

               

              実は私、地域包括支援センターの仕事と兼務で、泉南市より委託を受けて「いきいきネット相談支援センター六尾の郷」のコミュニティソーシャルワーカー(CSW)という仕事もしています。

               

              CSWという言葉、あまり聞き馴染みのない横文字だと思いますが、簡単に言うと、高齢・障害・児童に関わらず地域で起きた(見つけた)困りごとの相談をお受けし、その解決策をいろんな人と一緒に考える、そのつなぎ役として業務にあたっています。

               

              そんなCSWが毎月開催している「地区ケア会議」では、地域住民代表として様々な方に参加いただき、行政・包括・福祉専門職と一緒に地域で起こる様々な問題や困りごとへの対応を検討しています。

               

              さてさて、前置きが長くなりましたが。。。

              今回、地区ケア会議で検討してきた買い物の課題について、砂川サロンいこいで (←クリック!)の出張販売という形で新しい買い物のスタイルができたことが、大阪府社会福祉協議会の目に留まり、その取り組みをCSW向けの研修会で発表することになりました!

               

              ブログ用写真.jpg

               

              当日は緊張の中、地区ケア会議で丁寧に住民さんと作り上げてきた「もっと!ええ町マップ」やそこから生まれた出張販売までの経緯をお伝えしました。

               

              地域のことを地域の方々と考え、新たなサービスを一緒に作ってきた取り組みは府内でも珍しく、研修参加者からは「やっぱり住民さんたちの力はすごい」「専門職と住民さんが一緒に考えられる場づくりを頑張りたい」という声をいただきました。

               

              上手く話せていたかは分りませんが、地域のことは地域の方に聞き、教えてもらいながら一緒に考えさせてもらう」という福祉専門職としての思いは伝えられたかな、と思います。。

               

              【地域包括支援センター六尾の郷 社会福祉士K】

               

               

               

              日々の取組みをこのような形で報告する場をいただき、自分達の実践を振り返る良い機会にもなりありがたいことだと感じています。

              私も今回の研修を聴講し、他の地区の専門職の意見も聞けてたいへん勉強になりました。

               

              【地域包括支援センター六尾の郷 管理者W】


              『地域包括支援センター六尾の郷 〜iPadで地域を便利に!元気に!〜』

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                 

                約3年前から始まった砂川サロンいこいのiPad教室、当初はiPadで脳トレをしよう!」という目的で始まりました。それが今では「LINEをしよう!」インターネットでショッピングをしよう!」というレベルにまで到達。

                 

                参加者の方々は「難しいわ〜!」「すぐに忘れるわ!」「全然わかれへんわ!」と言いながらも非常に楽しそうで、終了時には「いつも時間経つのが早いわ!」と充実した様子です。

                 

                写真1.jpg

                 

                参加者の表情を見ていると「もっとたくさんの方にiPadを知って欲しい。」「iPadで生活を便利にして欲しい。」という思いが...。そこで、街かどデイハウスさくら、泉南市ライフサポートコーディネーター、コミュニティーソーシャルワーカー、ケアマネジャーの方に協力していただき、新家地域で住民向けiPad説明会を開催することになりました。

                 

                写真2.jpg

                 

                「何人くらい参加してもらえるかな?」と少し心配していたのですが、定員40名に対して50名以上の応募があり当日は大盛況でした。

                 

                写真3.jpg

                 

                たくさんの方に参加していただき、地域住民さんのiPadへの関心の高さをうかがうことができました。11月からはサクラッコで初級編の教室が始まります。

                 

                砂川サロンいこいのiPad教室のように上級編までを予定していますので、新家地域で生活に不便さを感じている住民さんには是非参加していただきたいと思います。

                 

                 

                 

                【地域包括支援センター六尾の郷 介護支援専門員K


                『地域包括支援センター六尾の郷〜泉南市認知症初期集中支援チームが発足しました!〜』

                0

                  JUGEMテーマ:社会福祉

                   

                   

                  【WAO(輪を)!SENNAN】

                  〜「W」忘れてもだいじょうぶ「A」あんしんと「O」おもいやりの町 せんなん〜の実現に向けて、今日まで様々な認知症ケア推進事業に取り組んできましたが、今年度新たに『泉南市認知症初期集中支援チーム』

                  〜通称オレンジチームWAO(輪を)〜が発足しました。

                   

                   

                  Q.認知症初期集中支援チームとは?

                  A.認知症専門医(サポート医)と医療・介護・福祉の専門職がチーム員となり、認知症の「早期発見・早期対応」を目指して活動する認知症専門チームです。泉南市にお住いの認知症の方(疑いのある方)のご自宅を訪問して、心配なこと、困っていることなどのお話をお伺いした上で今後の対応などをご本人・ご家族と一緒に考えます。必要に応じて、医療・介護サービスに関する情報提供や助言を行います。

                   

                  Q.対象となる方は?

                  A.40歳以上の泉南市民で、自宅で生活されており、認知症の症状などでお困りの方。

                  例えば・・・

                  ・認知症疾患の診断を受けたいが、受診を拒否されている

                  ・医療や介護サービスを利用したいが、結びつかない

                  ・認知症による症状が強く、対応に困っている          など

                   

                   

                  地域包括支援センター六尾の郷は、日々の業務の中でご家族や地域の方から認知症かな?と疑われる方の相談が多くあります。

                   

                  介護保険サービス利用の調整や認知症専門医療機関の紹介、認知症の方への接し方などの助言をしていますが、認知症の症状が強くなると受診を嫌がられ、他人の介入を拒まれるなど対応が難しくなります。結果、住み慣れた地域での生活が難しくなり施設に入所されたり病院に入院されたりするケースもあります。

                   

                  認知症初期集中支援チームが認知症の初期段階で関わり、適切な治療と対応をすることで認知症の進行を緩やかにし、少しでも長く住み慣れた地域でその人らしく生活を送っていただけることを目標にしています。

                   

                  認知症は「もしかして?」と思っていてもこれぐらいなら大丈夫と思われたり、認知症専門医療機関への受診に抵抗があったりと早期発見・早期治療が難しい病気です。

                   

                  認知症初期集中支援チームは認知症症状で心配なこと、困っていることなどのお話を伺い、今後の対応をご本人・ご家族と一緒に考えていきたいと思っています。1人で悩まずご相談を!

                   

                  チラシ表.jpgチラシ裏.jpg

                   

                   

                  【泉南市地域包括支援センター六尾の郷 オレンジチームWAOチーム員I】


                  『〜地域包括支援センター六尾の郷〜市民向け認知症サポーター養成講座を開催しました!〜』

                  0

                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                     

                    認知症サポーター養成講座とは、多くの市民に認知症を正しく理解していただき、認知症の人やその家族の応援者となる人を増やすことで、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らしていける街を目指す啓発活動です。

                     

                    毎年、地域包括支援センターではキャラバン・メイトの皆さんと一緒に市内全域において、保育園児や学校、老人会など各種団体に向けて養成講座を開催してきましたが、地域でも養成講座を受けたいという声もあり、今年度より各地域において市民向けの養成講座を開催することになりました。

                     

                    その第1回目がJR阪和線 新家駅前HABU(ハブ)

                    ()ストアー2階の「喫茶ふくろう」において開催されました。

                     

                    写真1.jpg

                     

                    泉南市の広報で開催を知った方々も含め、当日は8名の住民さんが参加されました。身近な地域での開催ということで若い世代の方も参加されており「認知症の話を聞きたくて・・」と信達岡中から来られたということでした。

                     

                    講座内容は、認知症に対しての理解を深めるためにスライドを使用し分かりやすく説明したのち、認知症クイズや現在、介護をしているキャラバン・メイトの方からの介護体験のお話を聞いていただきました。

                     

                    参加された方は熱心に聞き入っておられ、認知症という病気を少しでも理解したいという思いが伝わってくるような雰囲気でした。

                     

                    写真2.jpg

                     

                    お話のあとには参加された皆さんと一緒に手を叩き足踏みしながらしりとりをするという「コグニサイズ」を行いました。

                     

                    コグニサイズとは:

                    国立長寿医療研究センターが開発した簡単な計算やしりとりなどの課題を運動と一緒に行うことで認知症の予防と健康促進を目指す高齢者のためのエクササイズです。

                     

                    写真3.jpg

                     

                    ・・・という形で第1回の市民向けの認知症サポーター養成講座は終了いたしました。

                     

                    身近な地域で養成講座を行う事で、徘徊しているお年寄りをみつけたら声をかけたり警察に連絡したりする、毎日同じ物を買いに来る人がいたらそれとなく声をかけるなど、日々の生活の中で自分ができる範囲で、認知症の人や家族を応援していただけたらと思います。

                     

                    私たち地域包括支援センター六尾の郷の職員も、キャラバン・メイトとして泉南市内で活動しているキャラバン・メイトの皆さん(専門職や住民さん)と一緒に今後も認知症啓発活動を継続していきたいと思います。

                     

                     

                    写真4.jpg

                     

                    次回は・・9月30日(金)信達牧野の往生院で開催予定ですので是非、足を運んでみてください。

                     

                     

                    【地域包括支援センター六尾の郷  ケアマネジャーS】


                    『地域包括支援センター六尾の郷〜今年も参加しました!泉南市ABCまつり〜』

                    0
                      JUGEMテーマ:社会福祉

                       

                       

                      平成26年から「泉南市地域包括支援センター」として、なでしこりんくうさん(国道26号線より海側を担当する包括)と合同で参加しているABCまつりに、今年も参加してきました。

                       

                      今年は『泉南にぎわい祭』と題して、「ABCまつり」「時代まつり」「熊野街道信達宿のふじまつり」が同時開催という、泉南市が一体となってまつりの雰囲気に包まれる一日となりました。

                       

                      私たち地域包括支援センター六尾の郷は、今年も地域包括支援センターなでしこりんくうさんと合同で出展ブースをいただき、iPadのゲームで楽しく脳トレーニングを行いました。

                       

                      写真1.jpg

                       

                      ところで皆さん、iPad(アイ・パッド)ってご存知ですか?

                      インターネットを使って気になることを調べたり、メールを使って遠くにいる相手と文通ができたり、カメラ機能を使って写真を撮ったり。。。

                       

                      子どもから高齢者まで、幅広い世代の方が使っている便利なものです。
                      (片手で持てる小さなパソコン!みたいなイメージですよ)

                       

                      そんなiPadの機能の中でも“アプリ”という、ゲームができたり電車の時刻表代わりになったり、料理のレシピ本代わりになったりする、とても便利な機能を使って、地域包括支援センターの得意分野「脳トレ」をしようと考えたわけです!

                       

                      写真2.jpg

                       

                      最初にブースに来ていただいたのはご高齢の女性。

                      「最近物忘れが増えてきて、脳トレーニングっていう言葉を見て気になって来ました。」と話しかけていただいたので、すかさず「じゃあ一緒に脳を活性化しましょう!」iPadを手に取っていただきました。

                       

                      間違い探しや一筆書きなどのゲームを通して脳トレを体験したあと、「初めて触ったけど、結構楽しいね」と笑顔で帰られました。

                       

                      そのあとも、小学校低学年のお子さんからご高齢の方まで多くの方に来場いただき、iPadでの脳トレ体験を楽しんでいただきました。

                       

                      写真3.jpg写真4.jpg

                       

                      途中、「時代まつり」も同時開催ということで、水戸黄門様が包括支援センターのブースにおいでになられました。誰やろぉ〜?と顔を覗き込むと・・・!!泉南市の黄門様、竹中市長でした!

                      せんくまの印籠を手にして、助さん・格さん気分で記念撮影♪

                      竹中市長、ありがとうございました。

                       

                      写真5.jpg

                       

                      ABCまつりの最後は、会場みんなで阿波おどり!

                      軽快な音楽と歌の誘いに、座って見ていた来場者の皆さんがどんどん立ち上がり思い思いのスタイルで踊りを楽しみました。

                       

                      写真6.jpg

                       

                      今回のブース出展で、地域包括支援センターが介護予防に力を入れており、高齢者の身近な相談窓口であることを幅広い年代の方に知っていただけたかなと思います。

                       

                      これからも、地域包括支援センターをもっと身近に感じていただけるよう、周知活動を続けていきたいと思います!

                       

                      【地域包括支援センター六尾の郷 社会福祉士K】

                       



                       

                      毎年恒例の『ABCまつり』に参加して来ました。

                      開催当初より参加させてもらい、この時にしか会えない各種団体の方々に『ご無沙汰しています。お元気でしたか・・・』と1年ぶりのご挨拶。

                       

                      お互いに近況報告を行い元気の確認!!『まだ大丈夫やで!困ったら頼むよ!それまで六尾の郷でおってや!』と声を掛けられ、各ブースにご挨拶。

                      包括支援センター六尾の郷の職員も認知症予防の啓発活動に頑張っていました。

                       

                      そして『水戸黄門様』に仮装した竹中市長にも声を掛けられ、六尾の郷ブースにて記念写真。
                      『頑張って下さい』とエールを貰いました。

                       

                      また、小さな社会貢献と思い毎年実施している『献血』・・・昨年は貧血でダメだったけど今年はOK

                       

                      穏やかな春の1日・・・・多くの福祉関係者と地域の方、各種団体さんとお会いできた素敵な1日でした。

                       

                      【介護保険部長 S】



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1911 最後に更新した日:2018/11/09

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM