「読売ウェルフェア シンポジウム2007@大阪」に参加して

0
    シンポジウムは、春山満氏(螢魯鵐妊ーネットワークインターナショナル 代表取締役)の講演から始まりパネルディスカッションへと続きました。パネリストはグスタフ・ストランデル氏(スウェーデン福祉研究所所長)、森川悦明氏(オリックスリビング蠡緝充萃役)、大渕修一氏(東京都老人総合研究所 介護予防緊急対策室長)、眞鍋かをり氏(タレント)の4名で構成されていました。パネルディスカッションの内容に関してはあえて掲載するまででもなかったので、割愛させてい頂きます。

    春山氏の講演内容を簡単にまとめましたが、次のとおりです。
    日本の医療・介護現場では患者・利用者に対して、「お客様」という意識が薄い・家族からしてみればクレームを言えば退院・退所につながるため、家族は逆に脅迫されている・医師はエンジニアとして教育を受けてきたが、サービスマンとしての教育を受けていない・医師を中心としたピラミッド型から脱却しなければならない等々、20年間にわたって医療・介護の現場にて携わってきた体験談を述べられる。
    日本は長寿世界一になったが、寝たきり要介護でも世界一であり、2006年厚生労働省のデータによると、65歳以上の高齢者が自宅のベッドでなく、病院のベッドで亡くなる人の割合は82.4%である。これは欧米の3.5倍以上。日本の長寿世界一というのは、裏を返せば病院に入院し、簡単に「死なない」、「死なせない」、「死ねない」ということ。
    定年退職後の考え方も違う。米国では「ハッピーリタイアメント」、デンマークでは「グッドタイム」というが、日本では「老後」と呼ぶ。定年してからも20年、30年も続くのに日本は何故か「老いた後」という表現になってしまう。
    介護の現場に携わる人間は、「福祉」という観点でなく、究極のサービス精神を養わなければならない。

    最後に質疑応答の時間がありました。
    オリックスリビングさんが提供する住宅は入居一時金等自己負担が高くなるが、低所得者対策等は考えていますか?という質問に対して、春山氏は、対策は考えてはいない、一つのサンプル、一つの選択肢でいい。他にはもっと費用が高い有料ホームがあるので、それらと比較してほしい。私たちは「2階建バスサービス」という考えを持っている。全ての人が平等であれば昔の共産主義になるし、必要最低部分は1階部分(多分特養等を指していると思うのだが)で供給し、2階部分は自己責任(負担)で上がってくればいい。

    さてさて感想ですが、団塊世代の定年退職ということもあり、特養を含めシルバーハウジング等の入居施設これからはますます選別&淘汰されていく時代に入るでしょう。民間企業の特養参入というのは前から話題には上がっていますし、これからはもっともっと利用者へのサービス向上へとつなげていかなければなりませんね。当施設もまだ残念ながら一般的なスタンダードには達していませんので、職員一人一人の意識を変えていかなければなりません。
    また本シンポジウムは近畿福祉大学とオリックスリビングが協賛となっているため、会場にはリクルートスーツを着た学生さんたちが沢山参加していました。ところどころに会社のPRがありましたので、学生さんからしてみれば社会福祉法人とかよりも、より華やかに見えるのでしょうね。

    余談ですが、生「眞鍋かをり」ちゃんはとても可愛かったです!グッド

    (事務長A)

    リフレッシュ教室 開催場所

    0
      おはようございます。窓から見える梅の木が朝日に映えて、きれいですよ。晴れ
      と、いうことで、今日は先週4日にわたって包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員S女の熱血地域開拓ストーリーをお送りしましたが、そのリフレッシュ教室について現在いったいいくつの?どこの?地区で開催しているのかを一覧にしてお伝えさせていただき、ご参考にしていただければと思います。

      NO 地区 開催場所(開始) 開催日 開催時間   参加者数  年開催数
      1六尾地区
        六尾老人集会所   毎月15日 9:15〜11:15 参加者10〜15人
       (平成15年10月開始)                    年10回
      2砂川地区
       砂川老人集会所  毎月第一土曜日 10:30〜12:30 参加者40〜55人
      (平成16年7月開始)                       年12回
                                       
      3奇勝公園集会所    毎月第三日曜日 12:30〜14:30 参加者10〜20人
      (平成16年7月開始)                       年10回

      4サンハイツ集会所 奇数月、第三土曜日 10:30〜12:30 参加者10〜20人
      (平成16年7月開始)(現在中止)               年6回


      5サンプラザ集会所  毎月第一水曜日 10:00〜12:00 参加者10〜20人
      (平成16年11月開始)              年12回
      6府警団地集会所   毎月第二木曜日 10:00〜12:00 参加者30人〜
      (平成17年10月開始)              年12回
      7市場地区
       市場敬老会館    2ヶ月に一度 13:00〜15:00 参加者35〜45人
      (平成16年9月開始)               年6回
      8牧野地区
       牧野信達公民館  毎月第四木曜日  13:30〜15:30 参加者20〜30人
      (平成17年1月開始)              年12回
      9岡中地区
       岡中老人集会所  毎月第一金曜日  13:00〜15:00 参加者15〜25人
      (平成16年12月開始)              年10回
      10新家地区
       サングリーン自治会館 毎月第一月曜日 13:30〜15:00 参加者20人〜 
      (平成18年4月開始)              年12回
      11楠木集会所      毎月第一土曜日 13:30〜14:30 参加者15人〜
      (平成18年5月開始)              年12回
      12いずみ台自治会集会所 毎月第二月曜日 13:30〜15:00 参加者12人〜
      (平成18年4月開始)(偶数月はせんわ)              年6回

      13一丘老人集会所    毎月第三土曜日 14:00〜15:00 参加者20人〜
      (平成18年4月開始)                   年12回
      14宮老人集会所     毎月第二日曜日 11:00〜12:00 参加者15人〜
      (平成18年6月開始)              年12回
      15中村老人集会所     3ヶ月に一度 11:00〜12:00 参加者26人〜
      (平成18年3月開始)                   年4回
      16上村老人集会所   偶数月第一火曜日 14:30〜15:30 参加者30人〜
      (オニオンクラブ)                        年6回
      (平成18年6月開始)
         
                                 合計教室148回/年
      以上です。
      毎月、地域の方達の、会を楽しみにしている人達の笑顔が見たいから、我々は日々活動しています。

      (地域包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員S女

      ケアハウス長寿苑 「お誕生日会」 「長寿祝賀会」

      0
        今日は寒さが身にしみる〜ムニョムニョ病み上がりにはこたえるぜ!
        と、今日はこんな感じでスタートしましたが、皆様ごきげん麗しゅう。

        さて、昨日、17:20〜18:30の約1時間、上記タイトルの
        「お誕生日会」「長寿祝賀会」の2本立てをケアハウス食堂で
        豪華弁当(盛り付けグッド、食材ナイス!OK、ボリューム多すぎっ!)を食しながらディナー開始。

        開催挨拶の後、お誕生日会で3名の方をお祝いさせていただきました。(プレゼントが気になる〜)


        その後、ハッピ姿の職員達が驚くべき行動に出たではありませんか。びっくりなんといきなり全員肩を組み「同期の桜」を歌い始めたのです、しかも3番までですよ。特に男性ご入居者様は拍手喝采のえんやえんや。「なつかしーなー」としきり、思いも一入。


        歌が終わればハッピ達が面をかぶり「炭坑節」を踊り始める。せっかく作った角帽子が思うようにかぶれずあきらめましたが、皆様の席の間を練り歩きました。


        いや〜、爽快でしたね〜。ご利用者様の楽しそうなお顔を拝見できることはこちらとしても非常に嬉しいですね、モチベーションを高めてくれますよ、ほんと。

        ほんとに楽しく、有意義なひと時でした。

        (ケアハウス職員一同チョキ

        六尾地区の訪問、そして「リフレッシュ教室」開催までの経緯〜第4章〜

        0
          いよいよ最終章を迎えました。
          全4章をお送りさせていただきましたが、皆様にとって当法人 主任介護支援専門員Sの熱血活動をご参考頂き、皆様のご活動に少しでもお役に立てればと思います。
          では、ご覧ください。ジョギング

          〜今後の展開、認知症を地域で支えよう〜
           今後の展開として、認知症を地域で支え、教室を通じてまだ掘り起こしができていないケースを発掘し、個別援助につなげていきたいと思っています。
           
          最近、新聞、テレビ等で高齢者にまつわる痛ましい事件が多いなか、それを見る度にドキッとします。「地域がこの家庭を知っていたのだろうか?」と。介護疲れによる虐待や無理心中、将来を悲観しての自殺、孤独死。高齢者への虐待、財産を狙う振り込め詐欺、悪質リフォーム、これらの事件の背景には加齢に伴う認知症等が関係していることが多いです。ニュースを聞くたびに、「なんとかこの人を掘り起こすことが出来なかったのだろうか?」と胸が痛みます。
           
          認知症の方を抱える家族の生の声を聞くと、虐待を認めるつもりは勿論ないですが、ネグレクト、言葉の暴力等の態度をとってしまう家族の立場もわからない事はないと思うことが何度かありました。家族だけで支えるのでなく、社会も支えないといけない。
           
          「認知症は予防できる」ということを、皆さんに訴えていき、教室の中で啓発して掘り起こしていきたい。そしてその中から出た情報をもとに個別支援を行い、時には困難事例も解決していければ良いと思います。教室を通じて、たくさんの相談事があります。小地域で最寄の集会所ですので、ご近所で参加されている場合が多く、相談があってもその場で言わず、後日電話を頂き、「悪いけど、ちょっと来てほしい。ご近所に知られたくないから家の前に車を停めないで。スーパーの駐車場に停めてきて」そういう要望に応えながら、日々個別訪問をさせてもらっています。
           
          最後になりましたが、認知症は早期発見早期受診し、本人も家族も自己覚知してもらい、歳のせいだと諦めず、現実から逃げないでほしいと訴えています。町全体で認知症の方を支え、安心して暮らせる泉南市をつくりあげたいと思っております。また、当法人が一丸となり、地域に絶大な信頼を得て安心で安全な地域づくりを支援していくことを目標に頑張っていきたいと思います。

                           完

          (地域包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員S女

          六尾地区の訪問、そして「リフレッシュ教室」開催までの経緯〜第3章〜

          0
            暖冬が続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか。
            さて、第1章、第2章と続いた地域支援奮闘記はいかがですか?ご感想いただければ幸いでございます。
            今回の第3章は六尾の郷の活動が地域関係者様へご理解が得られ、地域に定着したもののさらに行政や他の地域組織へ如何にして裾野を広げていったか。をお送りします。ジョギング

            〜リフレッシュ教室開催にあたり、補助事業として泉南市に認められた経緯〜
             高齢者が安心して暮らせる地域づくりをするには、認知症予防教室を開き、認知症の理解と予防が高齢者にも、そして地域関係者にも必要だと考えました。勿論行政にも認知症予防を地域に啓発したいと協力を要請し、了解を得ました。

            補助金をもらうことに関しては、まずは実績を積み上げる事と助言をもらい、六尾地区から始め、次に砂川地区小地域ネットワークと連携しながらリフレッシュ教室を開催し、砂川地区では50名近くの参加者がありました。

            その後も教室を増設する中、地域のなかで社会資源として定着し、教室のオファーも増えました。しかし残念ながら、平成15年10月より公的援助を受けずに、スタッフ1人で開催するには限界がありました。そこで再度行政に要望し、実績を評価して頂き、平成16年4月から介護予防事業として補助金が付くことになりました

            今では、担当地域全域の民生委員、老人クラブ会長、相談協力委員、地区福祉委員等の関係者に説明をしながら目的や役割を明確にし、関係者の協力を得て泉南市内(国道26号線より北側)において15箇所でリフレッシュ教室を開催しています。参加者は10人前後から多いところでは70人と地区により人数に偏り(多い時には月に15回の教室開催で、述べ250人の住民さんが参加しています)がありますが、参加者の反応は日に日によく、表情も明るくなり熱心に参加され意欲が出てきていると感じます。

            教室が広げられたのも相談協力員(住民主体)の協力により、担当地区ケア会議の存在が大きかったと思います。この会議では、地域の中の様々な問題や困難事例を取り上げ、その中には認知症の問題も多く、「教室をもっと広めたい。認知症予防は当事者だけでなく、家族も地域も正しい知識を持ち理解しなければならない」と訴え続けながら毎月1回定期的に開催させて頂いております。

            現在は泉南市高齢障害介護保険課の地域支援事業として評価され、地域包括支援センターが中心に、相談協力員、民生委員、福祉委員、老人クラブ役員、自治会等の皆様方に協力して頂いております。

            何れはボランティアさんによる自主運営を目指し、一人でも一回でも多くの方に教室に参加してもらいたいと思っています。

            (地域包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員S女

            六尾地区の訪問、そして「リフレッシュ教室」開催までの経緯〜第2章〜

            0
              皆様おはようございます。こちら泉南市は穏やかな晴天に恵まれています。
              さて、昨日の第1章はいかがでしたか?地域の方々に理解して頂く為、また、地域のために何をすべきかを模索し、「リフレッシュ教室」開催を実現できたことをご紹介させていただきました。
              本日の第2章は「リフレッシュ教室」参加者様の悩み発見に貢献できた一コマです。ジョギング

              〜ある「リフレッシュ教室」でのエピソード〜ある地区の区長さんが口コミでリフレッシュ教室を聞き、開催のオファーがありました。説明会を実施し、数日後にその地区にて教室を立ち上げました。20人が参加して頂き、まだ顔も名前もADLも判らないまま教室をスタートしました。その中で一番しっかりされている紳士が紹介されました。

              65歳と若かったため、関係者かなと思うほどの人でした。メニューの中で前頭前野の働きを説明し、リズム体操、回想法を取り入れたり、童謡を歌って懐かしい思い出を感じたり、その歌がすぐ出てくるか、二拍子、三拍子と動作を覚えリズムがとれるか丁寧に説明した上でリズム体操をしました。90歳の方でも比較的ゆっくりとできるのですが、その紳士は戸惑い、理解できないようでした。私たちスタッフもそれに気づき、恥をかかせないよう、自尊心を傷つけないようフォローをしていました。

              そして2日後「僕、できなかったんです。ショックでした」と一本の電話がありました。すぐに自宅に訪問させてもらいました。「あっ!やっぱりこの人やったんや。さぞ今までご家族を含めて悩んでおられたんだろう」と胸が痛みました。奥さんも「歳のせいかなぁ?と思っていたけど、日常生活でアレッと思うことがあり、どうしようかと思案していたの、、、、教室に参加し、認知症の話を聞き、勇気を出して電話しました」と。そして専門医の受診を勧め、希望された病院にもコンタクトを取り、調整させて頂きました。「いいきっかけを得ることが出来ました。有難うございました」と言われ事務所に戻りました。そしてスタッフ全員で、「これよな!こういう事を積み重ねていかないとね!!と熱い想いとやりがいを感じた瞬間でした。

              (地域包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員S 女

              六尾地区の訪問、そして「リフレッシュ教室」開催までの経緯〜第一章〜

              0
                皆様こんにちは。今回の掲載は泉南市地域包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員Sによる未開拓地域アプローチから信頼関係構築、リフレッシュ教室開催までの熱血ストーリーを4章にわたってお伝えさせていただきます。とくとご覧くださいませ

                〜何故この六尾地区に1軒1軒訪問したか〜当法人は泉南市の六尾地区に施設があります。平成5年に法人設立してから、住民さんより「静かな農村部に大きな箱物を立て日当たりが悪くなり、畑の農作物に影響が出るか心配」、「施設入居者が職員と村を散歩しているが挨拶してほしい」、「職員のマナーが悪くゴミを川や畑に捨て、通勤時の車の運転が荒く怖い思いをした」等々の声が聞こえてきました。当初は決して地域と良好な関係ではなく、信頼関係が構築できていませんでした。

                法人設立当初は、組織の土壌造りそして、各種制度への対応の急がしさに追われ、本来の地域貢献や、地域住民との信頼関係が希薄であり、社会福祉法人としての役割や使命は果たされていなかったのが現状でした。今一度原点に戻り、住民さんの様々な想いや意見を聞き、必要に応じ、謝罪と改善をし、また誤解も解き「住民さんと仲良くなりたい」、「六尾の郷があるから安心や」と言われたい、その一心で一軒一軒訪問することにしましたジョギング



                〜六尾地区の初期反応とその変化・どのように溶け込めたか〜平成15年に法人の理解を得て公的援助を受けずに、独自の地域貢献事業(介護予防・認知症予防教室『リフレッシュ教室』)を実施することを考えました。初めは地域の関係者10名(区長、評議員、老人クラブ、民生委員等)の自宅に、「どうしたら住民さんと良好な関係が出来るか、また何が出来るか」を聞き取りにお邪魔しました。当初は、関係者の対応も厳しく、話を聞いてくれる人は少なく冷たい反応でした。毎日毎日繰り返し訪問し、私達の想いを伝え続ける中、老人クラブ会長さんが「何がしたいんや?出来ることやったら協力したろ!ただこの村は難しいから無理やで」と、協力してくれる人を頼りにして、集会所での老人クラブの集まりを利用させて頂き、介護予防教室を毎月開きたいとお願いをしました。

                そして3ヶ月を要して地域にて説明会を開いたり、誤解のないよう回覧板を廻して頂いたりして、全世帯を訪問しながら「リフレッシュ教室」の参加呼びかけをしました。訪問した際には,入所催促の営業行為と勘違いされたり、皆様お元気である為、予防教室は必要ないのではないかとの声もあり,村に入る事が辛い時もありました。しかし毎日根気よく村に入り続けていった結果、少しづつ顔見知りが増え、住民さんから声をかけてくれるようになり、反応の変化が見られるようになりました。月一度、集会所をお借りして「リフレッシュ教室」を開催し、10名前後の高齢者が参加するなか、介護予防の脳リハビリを中心に啓発、勉強会、実践を行い地域の掘り起こしと巡回を続け、信頼関係が少しづつ構築できていったと思っています。

                明日 第2章へ続く・・・

                (地域包括支援センター六尾の郷 主任介護支援専門員S 女

                社内研修開催

                0
                  2月16日(金)19:00〜20:00の一時間 
                  六尾の郷 2F 地域交流室にて 30名の参加者のもと
                  社内研修を開催しました。

                  テーマは「介護技術の習得」を主に時期も重なるということで「介護福祉士実技面国家試験対策」も兼ねて行いました。

                  【内容は】
                  介助を行うにあたっての実技課題をもとにチームに分かれて介助方法を検討⇒発表するというもの。

                  【課題とは】
                  男性、右麻痺、失語症あり。朝食を食べ終えて歯磨きのための洗面所移動を介助する。

                  発表後チェックポイント10項目にて自己評価を行い模範解答に基づき自己留意点を見直す、反省する。

                  参加者の感想としては、今までの自身の介護法に閉じこもることなく意見を交換し情報を収集することによって不足に気付き、新たな知識の習得が出来、今後の業務に非常にプラスになったという意見が多数。また、悩みが解決できてストレス発散になった、とのご意見も。

                  当法人では定期的にテーマを変えての研修会を行い、ご利用者様、施設入居者様のエンパワメントを効果的に引き出し、満足の実現と介護サービスの質の向上を図っていきたいと常に考えています。

                  変身していく六尾の郷を温かく見守っていてくださいね。ラッキー


                  「あーでもない」「こーでもない」議論中!

                  〈六尾の郷 研修委員一同)

                  個別・短時間型リハビリ

                  0
                    皆様おはようございます。本日も穏やかな天気ですね〜

                    さて、昨日の新聞記事にて「おっ!びっくり」と思わず見入ってしまった内容が上記タイトルの文言。
                    内容というのは↓

                    外来リハビリを医療費抑制の為、最長180日に限定され、その後は介護保険の通所リハビリ、訪問リハビリに繋げる。が、現場では連携が上手く機能していなかったことを考慮し、「個別対応」「全サービス時間を通して専門職をつける」等、集中リハビリ型に転換を図り、受け皿機能向上を図る。効果が確認されれば、09年度より盛り込むというもの。

                    昨年スタートした当初はご利用者様は軒並み混乱してましたよね〜、
                    患者様の状態ありきでなく、なぜ、制度でもって支援を切ろうとする?
                    現場の市場を見据えたうえでの熟慮した制度になっているか?
                    財政面だけに着目した緊急避難的な改正になっていないかい?
                    と思ったものでしたが、やっぱりでしたね。しょんぼり
                    しかし、医療から介護へのパイプは多少広がり、介護保険サービス利用に繋がりやすくなったことは良かったと思います。拍手
                    いずれにせよ、見直しの必要なものは、介護保険財政面よりもご利用者様の生活の質にあると思いますが皆様如何でしょうか。?
                    次期改正においては人材確保、人件費等事業所体制面等の問題はあると思いますが、是非介護保険の根幹の部分をもう一度見つめ直していただき、御高齢者様へ生きていることを実感して頂けるようなプログラムを描くことができる内容になればよいと思います。

                    (熱血ケアマネFジョギング

                    「読売ウェルフェアシンポジウム2007@大阪」

                    0
                      2月25日に中央公会堂にて読売ウェルフェアシンポジウム2007@大阪が開催されます。(別に宣伝でも、何でもありませんが。)

                      このようなシンポジウムに参加をしたことがないですし、日曜日開催ということもありますので、一度足を運んでみようかと思っております。

                      後援がスウェーデン大使館ということもあり、よくありがちな北欧の介護保険制度等を褒めちぎる内容なのかなぁー?(間違っていれば失礼!冷や汗)と思われますが、眞鍋かをりさんもパネラーで参加するということですのでチョット楽しみです。ときめき
                      またレポート出来ればと思っております。

                      皆さんもご都合が合えば、参加してみては!嬉しい

                      (事務長A)


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1960 最後に更新した日:2019/07/17

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM