『社会福祉法人長寿会〜第17回地域交流会日帰り旅行〜世界最大級 淡路島のうずしおを見に行こう。』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    今年で17回目となる地域交流会(←詳細説明があります。クリックして下さい。)の「日帰り旅行」です。

    六尾地区の皆様と、長寿会の利用者様、家族様と一緒に日帰り旅行に行ってきました。

     

    今年の行き先は「徳島鳴門・うずしお観潮船と南あわじでご昼食ツアー」です。

    当日の天気予報では朝から一日中雨。

     

    観潮船は出港するのか、乗船できるのか心配しながら、小雨がパラつく中、総勢36名を乗せたバスで、いざ“鳴門海峡の渦潮”へ!

     

    今回は、職員のほとんどが初参加で不安と緊張はありましたが、当日までに何度も打ち合わせをし、「自分たちも楽しもう!」という言葉で締めくくることができ心強かったです。

     

    写真1.jpg写真2.jpg

     

    バスの中では、職員の自己紹介、ではなく自分以外の職員の紹介をする「仲間紹介」をしました。少し照れくさい紹介で緊張もほぐれてきたところで、レクリエーションの時間です。

     

    淡路島に到着するまでの間、皆さんと少しでも交流できたらと思い、指体操やじゃんけんゲーム、クイズ等、頭を使ったゲームに挑戦しました。全員が参加して頂き、笑いあり、驚きありの楽しい時間でした。

     

    写真3.jpg写真4.jpg

     

    道路は渋滞もなく、明石海峡大橋を通り淡路島へ

     

    写真5.jpg写真6.jpg

     

    淡路サービスエリアで休憩タイム。サービスエリアといえば、ソフトクリーム。自然な流れでソフトクリーム購入です。皆さん幸せそうな笑顔で一杯!

     

    写真7.jpg写真8.jpg

     

    淡路島を縦断し、大鳴門橋通過。橋の上からも潮の流れが見え、皆様も少し興奮気味。雨も心配したほど降らず、無事乗船。添乗員さんの機転で予定より早い観潮船に乗ることができ、一般のお客さんも少なくて船上を自由に動くことができました。


    写真9.jpg写真10.jpg

     

    大迫力のうずしおに少し恐怖すら感じました。船酔いする間もなく、「おぉーすげぇ」ばかり言っていたように思います。この日は低気圧の影響でめったに見ることができない大波のうずしおでした。

     

    そして、次は南あわじ「うずの丘」にて昼食です。窓から鳴門海峡が一望できるレストラン。

    新メニューの「串しゃぶ」が有名で、その名も「旬鮮串しゃぶ味八景」を頂きました!

     

    しゃぶしゃぶといえばお肉を思い浮かべますが、串刺しにした8種類の海鮮のしゃぶしゃぶなんです。

     

    写真11.jpg写真12.jpg

    写真13.jpg写真14.jpg

     

    昼食後、「うず丘 大鳴門橋記念館」で買い物や写真撮影。 

     

    写真15.jpg写真16.jpg

     

    集合写真の撮影をお願いした「うずの丘」のお兄さんから突然、フェイスブックに載せたいので自分のカメラでも撮影していいですか?と。

    ほとんどの方がまさかの淡路島でフェイスブックデビューしてしまいました。

     

    うずの丘 Facebook

     

     

    残念ながら天気が悪く「あわじ花さじき見学」は中止になりましたが、その分、淡路ハイウェイオアシスでの買い物時間が増え、ゆっくりお土産を買うことができました。

     

    写真17.jpg写真18.jpg

     

    あっという間の一日で行き届かなかった点もあると思いますが、交通渋滞もなく、体調を崩される方や怪我された方もなく(若干、バス酔いした職員がいましたけど)予定より早く無事帰ってくることができました。

     

     

    今回、「地域交流会」に向けて、違う部署の職員が同じ目的を持ち、長寿会全体の取り組みに挑むことができ、法人理念にある「同志と共に」を実感できました。また、長寿会が大切にしている地域の皆様との交流に参加できたことは、とてもいい経験になりました。

     

    来年も4月・第2火曜日に地域交流会行います。

     

    1年がかりで、その日は空けておいてくださいね。

     

     

    【デイサービスセンター六尾の郷 生活相談員M


    『社会福祉法人長寿会〜六尾だより新刊発行!〜』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      是非!六尾だより最新号(第35号)のお知らせ!

       

      こちらにアップしております。

       

       

       

      【六尾だより編集委員一同】


      『特別養護老人ホーム六尾の郷〜サクララウンジ〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

         

        桜満開のこの季節!

        特別養護老人ホーム六尾の郷1階ロビーにて、『サクララウンジ』をこの時期オープンしています。

         

        サクララウンジと言っても、JALの空港ラウンジではございません(笑)。

         

        テーブルもセッティングしていますので、近くにお寄りの際にはお茶でもどうぞ!

         

        S__33677319.jpgS__33677320.jpgS__33677321.jpg

         

         

        【事務長A】


        『社会福祉法人長寿会〜桜満開!〜』

        0

           

          ケアハウス長寿苑前のが満開です!!

          (お天気が若干悪いんですが、、。)

           

           

          S__33619980.jpg


          『平成28年度大坂老人福祉施設研究発表に参加して』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

             

            去る3月1日(水)、ホテル大阪ベイタワーに於いて、沢山の応募の中からあっとほーむ六尾の郷が選出され、T主任とK副主任が研究発表を行いました。

             

            当日の朝6時から、最終打ち合わせや発表内容の確認など緊張感が漂う中真剣な表情で行われ、朝食も喉を通らない程でした。

             

            ?.jpg?.jpg

             

            内容は、ある日ご利用者が散歩から帰ってこなくなりどこを探して良いか悩みました。普段の行動範囲を知らないことに反省し、運営推進会議(泉南市長寿会推進課、地域包括支援センター、地域住民である見守りネットワーク、家族参加の会議)でご家族と一緒に情報を聞きながら自宅を中心とした散歩マップ(生活行動マップ)を作成しました。

             

            高齢者の方が住み慣れた地域で在宅生活を継続する為に、『地域住民や私達が、普段から気にかけることで、安心して生活できる』との思いで取り組まれました。

             

            徘徊を防ぐために地域住民や福祉関係のネットワークが必要不可欠だと思いました。

             

            ?.jpg

             

            私は、この研究発表に応援参加させていただきました。とても広い会場で多数の参加者がおられました。

             

            あっとほーむ六尾の郷の研究発表のときには自分の事のようにドキドキし緊張しました。上司達は、熱意のある発表で緊張の中とても良かったと思います。

            そして終盤にさしかかった時、普段使わない言葉を発した時は、思わず吹き出しそうになることもあり、初々しさも感じました。

             

            ?.jpg

             

            他の施設経験がない私にとって、この研究発表を聴き「目からうろこ」と言った程、他施設の熱心な研究発表に驚きと感激又、私の施設での課題としている内容などに同意する点もいくつか有り、とても勉強になりました。

             

            同じ施設で働く他のスタッフも是非このような発表を聴くと見聞が広がると感じました。

             

            【あっとほーむ六尾の郷 ケアワーカーK】


            【特別養護老人ホーム六尾の郷〜今年で2回目の参加!!大阪老人福祉施設研究大会に行って来ました。】

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

              <T副主任より・・・>

              現在午前六時。

              本来なら睡魔と闘う時間ですが、今日は違います。

              緊張の為眠くない・・・そう!沢山の人の前で自施設の取り組みの発表を行うのです。

               

              噂によると300人、いるとかいないとか・・・

              その為の朝練でこんなに早く活動しているのです。

              さて今日は無事終える事が出来るのでしょうか・・・

               

              会場はホテル大阪ベイタワー!!

              会場に到着後は、緊張との戦いです。口は渇きお茶を飲めばトイレに行きたくなるし。発表は3番目。まだかまだかと出番を待ちます。

               

              写真?.jpg

               

              緊張の瞬間・・・

              うん!!大丈夫!!思ったより緊張していない・・・。

              スライドは途中で変えちゃったり、噛んだり、持ち時間20分を1分間オーバーしたりと色々ハプニングはありましたが、相方のIケアワーカーの堂々とした話し方に、いつの間にか緊張はなくなり無事終了〜。

               

              写真?.jpg

               

              次の発表者、あっとほーむ六尾の郷の主任・副主任にバトンタッチ。「大丈夫。頑張って」と送り出し見事な発表でした。

               

              この日は色々な取り組みを聞け、とても勉強になった一日でした。

              思った事は、どこの施設でも同じような悩みや問題を抱え、その対策に必死に取り組んでおり、参考になる事が多かったです。

              少なからず、今回発表した私達の取り組みも何処かの施設で参考になればと思います。

               

              写真?.jpg

               

              研修後はご褒美タイム突入。

              どんな内容だったかはご想像にお任せします。

              施設長、事務長、ありがとうございました。

               

              今回、発表にあたりシフトの関係上、あまり時間も作れず「あっ」という間に本番を迎えることになりましたが、相方がIケアワーカーだからこそ、成功したと思います。

               

              今となれば数少ない先輩の一人で、しっかりと自分の考えを持ち、厳しさ・優しさを兼ねそろえ、憧れている後輩は少なくありません。年下ですが、本当にすごいと思います。

               

              応援に駆けつけてくれた職員。出発前に声をかけてくれた職員。業務を抜けても快くバックアップしてくれた職員。沢山の職員の支えがあり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

              ありがとうございました。

               

              <Iケアワーカーより・・・>

              今こうしてブログを書きながら、振り返り『あの緊張』が蘇ってきます。

              何よりも副主任の存在感と信頼する気持ちは大きいものでした。

               

              持ち時間をオーバーし「チン」と恐怖のベルが鳴った瞬間、そのベルの音に全く堂じず、一生懸命伝えているT副主任の手をとっさに『ギュッと』に握っていた自分がいました。

              普段なら、セクハラになりますよね!!!

               

              その時は副主任に「お願いします!!最後まで私達の想いを伝えて!!」と祈るような気持ちだったのです。

               

              私達の施設の理念にある『同志と共に歩んでいこう』を大切にこれからも家族様、利用者様に安心してもらえるように一日一日を大切に頑張りたいと思います。

               

              また、私達の取り組みに関して多くの法人の方々より賛否両論のご意見がありました。

               

              ありがとうございました。それらの意見をし真摯に受け止め『議論』していきたいと思っています。

               

              この発表の資料はトップページに投稿されていますので、ぜひ私達の頑張りをご覧下さい。

               

               

              【特別養護老人ホーム六尾の郷 副主任T&事故防止委員I】


              『〜平成28年度大阪老人施設研究発表会にての事例報告〜』

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                 

                皆さんこんにちは!

                新年度に入り、いきなりのペッパー君登場でした(笑)!

                 

                さて、当法人ホームページの『長寿会からのお知らせ』(←クリックしてください!)に、先日開催されました事例発表会の内容をアップさせて頂きましたので、是非ご覧ください!!

                 

                 

                 

                【事務長 A】


                『社会福祉法人長寿会〜新しい仲間が加わりました!〜』

                0

                  JUGEMテーマ:社会福祉

                   

                  皆さんこんにちは!

                   

                  ついに当法人の受付を、『AI化』しました!!

                   

                  訪問の際には、是非声をかけてあげて下さい。

                   

                  新設丁寧に受付案内(6か国語対応可)させて頂きます。 

                   

                  プレゼンテーション1.jpg

                   

                   【法人AI事業化部門長】

                   


                  『〜大阪弁護士会アウトリーチ事業「弁護士による出張講座依頼!」養介護施設従事者による高齢者虐待対応研修を実施しました〜』

                  0

                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                     

                    大阪弁護士会のアウトリーチ活動の一つ、高齢者・障害者総合支援センター(ひまわり)が実施する『養介護施設従事者による高齢者虐待対応研修』無料出張講座のお知らせが郵送されてきました。

                     

                    養介護施設従事者等による高齢者虐待の発生要因は、「教育・知識不足、介護技術等に関する問題」が全体の6割との報告がまとめられています。

                     

                    そこで長寿会では、高齢者虐待研修や人権研修等の定期的に開催に加え、各部署でも随時研修を実施し職員教育、意識付け、介護技術の向上を図っています。

                    今回のように弁護士さんに出張して頂き、施設で研修して頂ける機会などめったにはありません。早速申込みを行い、出来る限り多くの職員が出席出来る日時設定でお願いしました。

                     

                    当日は、弁護士 松村圭祐先生をお招きし2時間の研修を実施しました。ビデオを見た後に、介護施設での『不適切』だと思われる部分について職員全員より意見を出し、松村弁護士より法律家の考え方や法律的な解釈、例えば「ちゃん」付けはダメといいますが何故ダメなのか?等を分かり易く教えて頂きました。

                     

                    私たち、福祉に携わる者が陥りがちな失敗には、利用者や高齢者への思い込みが不適切介護を招いている事が多くあると感じます。ダメ・不適切と言われている事は、人権を基本として考えると当然に不適切であると再認識しました。

                     

                    虐待や身体拘束をしない法人風土や職員の意識は、日常的に不適切介護を行わない意識や職員同士が不適切な介護や声掛けに指摘が出来る関係性を保つことの積み重ねだと感じています。

                     

                    良い法人風土や職員意識も不断の努力が必要であり、啓発や意識付けを繰り返し行っていく必要があります。私たちは利用者の権利や幸せを守り長寿会を利用して良かったと思って頂けるよう法人全体で職員一人一人の意識が高く保てるように啓発を繰り返して行かなければと再認識した研修となりました。

                     

                    ご協力頂いた

                    大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター(ひまわり) 弁護士 松村 圭祐先生 

                    本当にありがとうございました。

                     

                     

                    【特別養護老人ホーム六尾の郷 生活相談員S】

                     

                    DSC00242.jpgDSC00243.jpgDSC00247.jpgDSC00253.jpg

                     

                    P.S

                    〜司会Sの舞台裏編〜

                    弁護士さんが講師をして下さる研修とはどのような話を聞けるのだろう?と期待しつつもお客様気分で参加したSですが、研修10分前に主任談員Sより「今日は、司会よろしくね!」との一言から状況は一変しました。

                     

                    そうSは、完全に油断していたのです。今日の研修は弁護士の先生の話を聞いて勉強するお客様側だと・・・。

                    たどたどしい司会での研修となったことにお詫びと主任談員Sへ一言

                    「親心だと思っていますが、(司会の指名は)前日には教えてくださいね。」


                    『平成28年度大阪老人福祉施設研究大会〜事例発表!』

                    0

                      JUGEMテーマ:社会福祉

                       

                      皆さんこんにちは!

                      本日は大阪市内で事例発表させていただいております。

                      「特別養護老人ホーム六尾の郷」「あっとほーむ六尾の郷」の職員が、数か月にわたり準備・検討した内容です。

                       

                      何度もリハーサルをし、本日も朝6時から最終リハ!

                       

                      大勢の前で発表するということは、職員の自信につながりますね!!

                       

                      S__32735237.jpg

                       

                       

                       

                       

                       

                      【事務長 A】

                       

                       

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1881 最後に更新した日:2018/05/22

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM