『RUN伴 in泉南2019』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

    10月27日、泉南市では3つのルートに分かれて泉南市役所目指してタスキを繋ぎました!

     

    長寿会でも、6名の職員とケアハウス長寿苑入居者のF様、グループホーム六尾の郷入居者のU様が参加しました。 

     

    8時30分特別養護老人ホーム六尾の郷より、「今日はRUN伴があります!6人のランナーが今から行くのでエールをお願いします!」と館内放送があり、走る職員がオレンジ色のTシャツを着て利用者様の所へ。RUN伴の説明と共に元気を届けに行きました!

     

    写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg

     

    特別養護老人ホームせんわ職員さんを利用者様と一緒に盛大に歓迎し、U様がタスキを受け取りました!また、せんわ職員さんへ102歳の特別養護老人ホーム六尾の郷入居者M様からレイをかけてランナーを労いました。

     

    写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg写真10.jpg写真11.jpg写真12.jpg写真13.jpg写真14.jpg写真15.jpg写真16.jpg

     

    U様は無理のないように、50m程先で一度車へ、ゴール20m前から再出発でめでたくかゴール!職員は全力で走り、グループホームゆうゆうの利用者様にタスキを渡しました。

     写真17.jpg写真18.jpg写真19.jpg写真20.jpg写真21.jpg写真22.jpg写真23.jpg

     

    『RUN伴(ランとも)』とは認知症の啓発イベントです。泉南市では認知症の方の事を知ってもらい、認知症の方が安心して地域で過ごせるように、人と人とのつながりを大切にしています。

     

    【グループホーム六尾の郷 主任F】


    『特別養護老人ホーム六尾の郷〜令和元年「敬老会〜』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      今年の夏も暑い日々が続きました。最近は朝、晩涼しく昼間は残夏が続いておりますが皆様体調はいかがでしょうか。

       

      特別養護老人ホーム六尾の郷では、今年も待ちに待った敬老会が開催されました。お忙しい中、39名の家族様も来所頂き一緒に楽しんで頂きました。ありがとうございます。

       

      また、ボランティアの夢一座様、雅様にも参加して頂き華やかな敬老会となりました。

       

      写真1.jpg写真?.jpg写真2.jpg

       

      まず、最初の演目は夢一座様により南京玉簾が行われ、すだれが富士山やスカイツリー、通天閣に変化していくと拍手喝采が起きました。最後には「皆様に幸あれ〜」と黄金のすだれで扇ぎ、幸福の風を皆様に届けてくれました。

       

      写真3.jpg

       

      続いては特別養護老人ホーム六尾の郷職員による『河内男節』がの披露です。5名の職員(T副主任、Sケアワーカー、Oケアワーカー、Sケアワーカー、Mナース)の登場です。利用者様に喜んで頂けるように約1ヶ月の特訓をしてまいりました。少しリズムとズレるのはご愛嬌。

       

      写真4.jpg

       

      最後は雅様によるソーラン節など、迫力ある踊りが披露され感極まり涙される利用者様がいらっしゃいました。

       

      写真5.jpg

       

      楽しい時はあっという間で、利用者様が手拍子に力を注ぎ、笑顔で前を見つめる姿に私たちも感動させられました。

       

      特別養護老人ホーム六尾の郷には100歳以上の方が5名もおられ、なんと!最高齢は106歳!!!お元気でしっかり食事もされお話もして頂けます。

       

      長寿の秘訣は「何でも美味しくいただくこと」と話されていました。食は命の源だと感じました。

       

      現在、泉南市の最高齢は107歳と聞いています。ご長寿になっても少しでも楽しい時間を提供出来るように精一杯お手伝いさせて頂きます。

       

      写真7.jpg写真8.jpg

       

      最後に、夢一座様、雅様、参加くださった家族様ありがとうございました。来年も皆様と一緒に楽しい敬老会が開催されるように職員一同サポートして参ります。

       

      写真9.jpg写真10.jpg写真11.jpg

       

       

      【特別養護老人ホーム六尾の郷 敬老会担当:Sケアワーカー、Tケアワーカー、Sケアワーカー】


      『〜記念すべき「六尾だより40号」の発行です!〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

         

        皆さんこんにちは!

        表題の通り、記念すべき六尾だより第40号です!←クリック!

         

        年2回(春・秋)発行しており、単純計算で20年目の節目を迎えました。

         

        今回は

         ・回転寿司がやってきた

         ・ケアプランセンター六尾の郷「生き生き自慢!」

         ・グループホームいずみ「七夕」

         ・グループホーム六尾の郷「家族会・報告会」

         ・ホームヘルパーステーション六尾の郷「新人紹介」

         ・地域包括支援センター六尾の郷「夏のキッズスクール開催」

         ・特別養護老人ホーム六尾の郷「年間行事!笑顔が溢れています」

         ・あっとほーむ六尾の郷「10年目を迎えて」

         ・デイサービスセンター六尾の郷「人生の先輩から教えて頂いています」

         ・第17回「見せます!私のOFFを!」

         

        と盛りだくさん!

        是非ご覧下さいませーー!

         

         

         

        【編集委員一同】


        『あっとほーむ六尾の郷〜敬老会2019〜今日から始まる来年に向けて〜』

        0

          JUGEMテーマ:社会福祉

           

           

          みなさんこんにちは。

          段々と過ごしやすい季節になってきましたがいかがお過ごしでしょうか。今日は、敬老会の様子をご覧下さい。

           

          担当のK副主任とKケアワーカーが企画し、出し物やフロアの飾り付け等を約二か月前より準備を進めて行きました。私は、あっとほーむ六尾の郷に異動になり初めての敬老会。どこの部署に行っても『利用者様に喜んでもらいたい!』という職員達の想いは一緒。

           

          今回のテーマは、「今日から始まる来年に向けて。」敬老の日という特別な日に利用者様達と一緒に過ごさせて頂くことに感謝の気持ちと、そして来年も皆様が元気でこの日を迎えることが出来ますようにという気持ちを込めて…。当日に向けて職員達は頑張りました!!

           

          「当日は、ピンクレディーのUFOを踊るからUさんも練習してきてね!!」と言われ、「歌も踊りもわからないです!!(笑)」

           

          K副主任より動画を見せられ、激しすぎる踊りにびっくりしながらも、やるからには精一杯しないと気が済まない私は、自宅に帰っても、カラオケに行っても練習の日々()T主任は「何か体の節々が痛い〜。

           

          UFO踊りすぎたんかなぁ〜(笑)」と個人練習しながら合同練習も行い、いよいよ当日を迎えました。

           

          地域包括支援センター六尾の郷のK社会福祉士、診療所のT看護師も応援に来てくれ、利用者様、家族様、スタッフ、フロアいっぱいになり賑やかな雰囲気でS施設長も見守る中、敬老会の始まりです!!

           

          司会のKケアワーカーの緊張も伝わりながら、全員で練習の成果を披露しました。暖かい拍手と表情で見て下さる利用者様、一緒に歌を口ずさんだり、踊って下さる家族様。踊っている最中は、緊張していましたが、後からこの写真を見て、フロアに居た全員が「笑顔だなぁ〜」と感じました。

           

          写真1.jpg写真2.jpg

          写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg

           

           

          この後は、利用者様達が大好きな「たこ焼き」を召し上がって頂けるように準備行い、一緒に焼いてくださる家族様や利用者様。

           

          2テーブルに分かれ、ご自身のテーブルが焼き終わると「どう〜?いけてる?」と腕まくりをして手伝ってくださる家族様もいらっしゃり、「早よ焼かんかいな〜こんな遅かったら客逃げてまうで〜(笑)」と利用者様の声も飛び交いながら賑やかな時間となりました。

           

          写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg写真10.jpg写真11.jpg写真12.jpg写真13.jpg写真14.jpg写真15.jpg写真16.jpg

           

          そして、私たち職員から、利用者様一人一人の大切なお名前の一文字ずつの頭文字から始まる名前ポエムと、顔写真入りのキーホルダープレゼントさせて頂きました。

           

          今まで長い間共にしてきたお名前。皆様ご自分のお名前はしっかり答えてくださいます。皆様に出会えたことに感謝しながら職員がそれぞれその人その人のことを思い浮かべながら、考えた名前ポエム。「ありがとう」「嬉しい」「うまいこと書いてくれてるなぁ〜」と喜んでくださる利用者様達の表情に、涙がでそうになっていたのは誰も知りません(笑)

           

          写真17.jpg写真18.jpg写真19.jpg写真20.jpg写真21.jpg写真22.jpg

           

          最後は、Kケアワーカーが一生懸命作ったスライドショーを上映しながら赤飯饅頭を召し上がって頂きました。私も作成したことあるスライドショー。構成や音楽の配分等簡単に出来るものではありません。

           

          そして高齢者施設にとって、一大イベントである敬老会で流すということもあり、とても悩みながら「皆様に喜んで頂きたい」という想い、そして来年も一緒にお祝いさせてくださいねという想いを込めて『今日から始まる来年に向けて』というテーマを添えて…。

           

          写真23.jpg写真24.jpg

           

          皆様の温かい拍手と、「よかったよ〜」「いろいろ考えてくださってありがとう〜」「こんなんしてもらえるんやったら毎日敬老の日でいい!(笑)」と利用者様の声を頂きながら無事に敬老会を終えることが出来ました。

          勤務終了後、S施設長に「よかったよー!大成功やったね。みんな上手に踊ってた!」とお褒めの言葉も頂きました。

           

          写真25.jpg写真26.jpg

           

          あっとほーむ六尾の郷に来て初めての敬老会。ブログの始めにも言いましたが、どこの部署も『利用者様に喜んでもらいたい』という想いは同じです。長寿会の職員全員が「今日は、この法被を着て頑張ってたんだろうなぁ〜」と温かい気持ちになりながら「また、明日からも頑張らなくっちゃ!!」と思いました。

          当日参加してくださった家族様、ありがとうございました。そして、利用者様、改めておめでとうございます。又、来年も皆様が元気にこの日を迎えて頂けるよう、あっとほーむ職員一同頑張っていきたいと思います。

           

          写真27.jpg

           

          【あっとほーむ六尾の郷 ブログ研修委員U】

           

          PS、この日の写真、どれもこれも素敵で選ぶのに迷いました。包括のK社会福祉士ありがとうございました。「ついつい撮りすぎた〜!」と200枚も撮って下さったそうです(笑)秋祭りもよろしくお願いします!

           

          【T主任より】

          毎年、敬老会に向けて利用者様の為にアイデアを出し踊りも練習を重ねて、頑張っている職員に私も胸を打たれました。

          敬老会だけが、敬うのではだけではなく、毎日、敬い、人生の先輩と一緒に楽しく毎日過ごせるよう職員と共に環境づくりをしていきます。


          『今日の昼食はお寿司!!〜あっとほーむ六尾の郷〜』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

             

            みなさんこんにちは。今日は、先日の昼食の様子をご覧下さい!

             

            T主任よりとても嬉しそうに「Cちゃん、9月10日出勤―?」と言われシフトを見て「出勤ですよー!」と答えると「よかったなぁ!お昼ご飯お寿司やって!」と。

             

            お寿司が好物の私。

            ケアハウス長寿苑に出張回転寿司が来るとのことで、あっとほーむ六尾の郷の利用者様にもお寿司を振る舞ってくれるとのこと。

             

            当日は朝からワクワク。利用者様に「今日は、お昼ご飯はお寿司だって」と伝えると「お寿司?」「何か今日はあるの?」と皆様嬉しそう…。

             

            昼食を厨房へ貰いに行くと、ケアハウスの食堂には、のぼり旗が揚がり回転寿司のレーンが準備され本格的。ケアハウスの利用者様の待ち構える姿や、見に来ている職員達。

             

            「Uさん、今日は出勤でよかったやん、いいなー!」とケアプランセンターのMケアマネは配膳車をチラリ(笑)

             

            あっとほーむに戻り、おしながきを配ると「わぁ〜!本格的やねぇ〜!」「今日は、来てよかった!」と利用者様。

             

            写真1.jpg

             

            「いただきます」と嬉しそうな利用者様達。くちいっぱいに含み「美味しい!」とみなさん笑顔。普段、半量提供や、残食されることが多い利用者様もこの日は全量召し上がられ、職員もびっくりしました。

             

             

            写真2 .jpg写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg

             

            高齢者施設では、なかなか召し上がって頂くことが少ない生ものを皆様が喜ばれている姿が印象的でした。

            次回は、是非あっとほーむにも、くるくる回るお寿司が来ますよーに(笑)

             

             

            【あっとほーむ六尾の郷 ブログ研修委員U】


            『〜ついに来た!!出張回転寿司〜ケアハウス長寿苑〜』

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

               

              9月10日(火)朝9時頃、日本橋で古くからお寿司屋を経営している『はりそう』さんが出張・来苑下さいました。

               

              テーブルの上にみるみるうちに回転寿司のレーンが設置され、試運転でお皿がクルクル♪早速、職人さんがお寿司を握り始めました。 

               

              写真?.jpg写真?.jpg

               

              座席・人数の加減で第一部と第二部に分けての開催。開店前、食堂の前のサロンでお待ちいただいたのですが待ちきれず、ドアの小さな小窓から中の様子を覗いてみたり・・・ソワソワ♪ワクワク♪♪開店しお席に座って頂き、皆様で記念撮影。パシャリ!!

               

              写真?.jpg

               

              早速、小皿にお醤油とわさびを入れておはしを割り、スタンバイOK!!

              【まだお寿司は流れていませんでしたが(笑)】

               

              日頃、手や指がしびれている方が、小さな魚型の醤油の容器のふたやツルツルした小さなワサビのパックを一生懸命開けておられる姿を見て、“意欲”“やる気”があればすごいパワーが発揮できることを再確認しました。

               

              写真?.jpg

               

              お品書きを見ながら「何食べる?」と相談する微笑ましい姿も!

               

              写真?.jpg

               

              はりそうさんからご挨拶と簡単な説明のあと、さぁ〜♪皆様お待ちかねのお寿司がレーンに乗りクルクル回りはじめるとあちこちから次々と手が伸びる伸びる!!

              どれにしようか迷っておられる方や、迷わず「これ!」と手を伸ばされる方、様々。

               

               

              写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg

               

              想像以上に皆様たくさん召し上がられ、職人さんも目を丸くされていました(笑)!空いたお皿に次々とお寿司を補充してくださっていました。多い方は13皿のお寿司を召し上がられていました。

               

              写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg

               

              また、ケアハウス長寿苑で用意したミニソーメンや赤出汁、デザート(ケーキ・水羊羹)も召し上がり皆様で「ごちそうさまでした!!」をしました。

               

              お食事後、「何が一番美味しかったですか〜?」とお聞きするとほとんどの方がまぐろ!!」とおっしゃっていました。他にも「いくら」「海老」も人気でした!

               

              「水羊羹も美味しかったで〜!」というお声もいただきました。普段は少食で食欲のあまりない方が、最初から一番最後(ごちそうさま後)まで席に着き、召し上がられていたのには職員一同ビックリしました!

               

              今回初のこの企画、新鮮でとても楽しい雰囲気で皆様ほんと美味しかったと

              大満足されていました。今後も色々と楽しい行事を企画していきたいと思います♪(*^-^*

               

               

              【ケアハウス長寿苑 Mケアワーカー】


              『〜祝!106歳お誕生日会!長男様より嬉しい言葉頂きました〜

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                今回は、特別養護老人ホーム六尾の郷へ入所さらた時から担当をさせて頂いている、『H様のお誕生日のエピソード』をお話させて頂きます。

                (六尾の郷で迎えられる、6回目のお誕生日でした)

                 

                 

                H様は『特別養護老人ホーム六尾の郷で1番の御長寿…106歳になられました!』御自身で食事も召し上がられ、テレビや新聞等に書かれていることを僕によく教えてくれます。『笑顔がとても可愛らしくて、涙脆い一面もある、とっても優しいH様』は、職員・利用者様に愛される存在の方です。

                 

                お誕生日会には、10名の家族様も参加して下さいました。H様の家族様は毎年大勢で参加して下さり、とても明るく・楽しい1日になるので担当の僕は毎年楽しみにしています♪H様と同じく『笑顔・人柄がとても温かい家族様』です。

                 

                写真?.jpg

                 

                たくさんの利用者様・職員・家族様と盛大にお誕生日をお祝いしました。特別養護老人ホーム六尾の郷には、現在100歳を越えられる利用者様が…なんと!H様を含め5名おられます。

                 

                100歳を越えられている4名の方からお祝いの言葉や、拍手を頂くと嬉しそうに言葉を返されたり、微笑まれているH様を拝見し、とても幸せな気持ちになりました。涙する職員もおり、106歳のお誕生日がいかに素晴らしいことなのかを感じる瞬間でもありました。

                 

                又、長男様より「六尾の郷におれているから、106歳という日を迎えることが出来たと思っている。職員さん達には感謝している」と、嬉しい言葉を頂き、職員の顔を見渡すと本当に嬉しそうで、涙をこらえている職員もいました。

                 

                僕自身も今までのH様との日々や、家族様との会話等を思い出すと込み上げてくるものがあり、H様の担当になれて本当に良かったと改めて思いました。

                 

                お誕生日会も終わり家族様とお話をしていると、長男様が僕の肩をポンポンと。

                「A君、手紙書くの上手くなったな、ええ手紙やわ」と、言葉を掛けてくれました。

                 

                3ヶ月に1度送らせて頂いている近況報告の手紙を、6年半の間に22回送らせて頂いています。その手紙を褒めて頂けるとは思ってもいなかったので正直驚きましたが、『自分の言葉や想いが家族様に伝わっている』と、いうことを知り改めて近況の手紙の大切さを実感することが出来ました。

                 

                僕の目標・願いは、これから先もH様のお誕生日を担当としてお祝いさせて頂くことです。110歳、115歳…いつまでも笑顔の素敵なH様でいて頂けるよう、お手伝いさせて下さいね。H様のペースで『一日一日を大切に』一緒に過ごしていきましょう。

                 

                H様お誕生日、おめでとうございます!!

                 

                写真?.jpg写真?.jpg

                 

                 

                【特別養護老人ホーム六尾の郷 Aケアワーカー】


                『〜ケアハウス長寿苑〜ビアガーデン〜』

                0

                  JUGEMテーマ:社会福祉

                   

                   

                  ケアハウス長寿苑の8月のある日の夕食時・・・。

                  厨房の職員が腕をふるって作った夕食+おつまみ(焼き鳥・アスパラベーコン巻き・枝豆等)と、ノンアルコールビール・ジュースでビアガーデンを開催いたしました。

                   

                  (ビアガーデンと言いましてもこの暑さ・・・熱中症を考慮して室内で行いました) 

                   

                  写真?.jpg

                   

                  食堂の入口にちょうちんを飾り、ビアガーデン雰囲気はバッチリ!皆様着席されてから職員がノンアルコールビールとジュースをおぼんにのせて“どちらにしますか〜?”と周らせていただくと“こっち!”と嬉しそうな顔でビールを選ばれる方の想像以上の多さに職員一同ビックリでした(笑)

                   

                  ビールを手に取ると食事より先にプシュッ!!っと開けて一口、“プハァ〜♪”

                  隣のお席、周辺の入居者様同士“かんぱ〜い!”

                  入居者様のあまりにも楽しそうな、幸せそうな笑顔に職員までもが幸せな気分になれました。

                   

                  写真?.jpg写真3.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg写真?.jpg

                   

                  デジタルカメラを持ってお席をお邪魔すると、ビールを持たれニッコリポーズを決めて下さりました。

                   

                  普段、小食の方もビールを飲んで楽しい雰囲気の力もあり、たくさん召し上がられていました。やはり雰囲気・気分が違うと食もススムんだと実感しました。終了後、“楽しかったぁ♪”“うまかったぁ♪”など嬉しいお言葉をたくさん聞くことが出来ました。

                   

                  また、1つ不思議なことに今回はノンアルコールビールの提供でしたが、ある入居者様は終了後、頬を赤らめておられました。その場の雰囲気に酔うというのはこのことでしょうか?!

                  また今後も入居者様に楽しんでいただける場を色々と企画していきたいと思います。

                   

                   

                  【ケアハウス長寿苑  ケアワーカーM】


                  【地域包括支援センター六尾の郷〜7月に入職しました!〜】

                  0

                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                    皆さま、はじめまして!

                    7月から地域包括支援センター六尾の郷で働いている、保健師のYです。

                     

                    私は大学卒業後、地方自治体や保健所、他市の地域包括支援センターで10年あまり働いたのち、現在に至るまでは6年間大学教員として老年看護学の教育や研究に携わってきました。

                     

                    赤ちゃんから高齢者まで全てのライフステージの全ての健康レベルの方を対象に、色々なお仕事をしてきた私ですが、現在まで常に心がけていることは、『元気と笑顔の拡散』ということです。

                     

                    どんな方でも楽しみをもち、笑顔でいられることは健康の源であり、また、たくさんのことを身につける吸収力をもたらしてくれると考えています。そして、たとえ病気や痛みがあっても、心が豊かであれば健康感は高まるのではないかと考えています。

                     

                    保健師時代は、地域の皆さまの生活が楽しみと笑顔にみちたものになるように医療の側面からサポートできるよう心がけていました。教員時代は学生が看護について興味を持ち、学習が楽しいと思えるような環境づくりを心がけてきました。

                     

                    今、保健師としてまた地域でお仕事させていただくにあたり、地域の皆さまに毎日の生活が豊かで楽しみのある笑顔に満ちたものになるよう、精一杯頑張りたいと思います。

                     

                    皆さま、まだ新人で未熟者ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

                     

                    DSC_5720-1.jpg

                     

                     

                    【地域包括支援センター六尾の郷 保健師Y】


                    『〜ケアハウス長寿苑〜夕飯の一品に!』

                    0

                      JUGEMテーマ:社会福祉

                       

                       

                      梅雨明けとともにが響く暑い日がいていますが、皆いかがおすごしでしょうか?

                      気温の急激な化に体調を崩してしまいがちですが、しっかり水分補給をしながら整えたいものです。

                       

                      さて今回は、特養職員Kさんがケアハウスの利用者にと、とれたての枝豆を持ってきて下さいました。

                       

                      ?.jpg?.jpg

                       

                       

                      プクプクした大きな粒の枝豆を、利用者と一にチョキチョキ!

                       

                      校からったら 豆きお手いさせられたわ〜』様。

                       

                      『奉公に行ってたときの事思い出すわ…わたしら小さい頃は 家が貧乏で堺の大地主のお屋敷に奉公にいったんよ。そこの坊ちゃんが同じ年で 校行くのに見送りしてるとき、なんで私は校にいけんのかな〜と、よう思たわ』『それでも親を恨んだりしたことないわ、親は親で苦して、私ら大きくしてくれたもんな〜』とH様。

                       

                      ?.jpg?.jpg

                       

                      ご主人との馴れ初め話に、を赤らめながら披露してくださるF様。思い出話はきることなく、かしい記憶をしく聞かせてくださいました。

                       

                       

                      ?.jpg?.jpg

                       

                      ルいっぱいになった枝豆を房職員Mが、きれいに土を落とし大きなお鍋で塩茹でに。利用者に美味しく召し上がっていただきたい一心で おもてなしの一品♪

                       

                      ?.jpg8.jpg

                       

                      『枝豆かあ〜ビルが欲しいなあ!笑』

                      『夏やな〜』と季節を感じられ、笑顔いっぱいに。

                       

                       

                      ?.jpg?.jpg?.jpg

                       

                      職員Kさんのお持ちが利用者き 私たち職員も色なお話を伺えるきっかけを頂き、とても幸せな時間を過ごすことができました。

                       

                      【ケアハウス長寿苑 生活相談員S】



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2014 最後に更新した日:2020/04/02

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM