『お父さん、お母さんいつもありがとう♪〜あっとほーむ六尾の郷〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

    みなさんこんにちは。梅雨に入り天気の優れない日が続いていますね。

    今日は先月と今月にあった母の日、父の日の様子を報告したいと思います。

     

    まだコロナウイルス感染症予防の対応が続く中、各フロアにて行事を開催しました。今年の母の日はTケアワーカーが企画をし、昨年好評だったネイルをみなさんにさせて頂きました。

     

    たくさんある色の中から皆様ご自身で好きな色のマニュキュアを選ばれ、塗っている最中も「綺麗ね〜♪」「可愛い」と喜ばれており、利用者様同士「その色もいいね」等とお話される声が聞こえてくる度に私も嬉しくなりました。

     

    今年の母の日は毎年と違い面会自粛が続いていた為、家族様からお手紙、カーネーション、プレゼントが届き、家族様の代わりに手元に届けさせて頂きました。

     

    写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg

     

     

    そして父の日。

    今年の父の日行事は新人Yケアワーカーが初めての企画です。感染症予防ということが強く言われている中、行事内容を考えるのはきっと大変だったと思います。

     

    でも、その日は朝から自分なりに業務が円滑に回るようにとテキパキと動くYケアワーカー。おやつには皆様にたこ焼きを召し上がって頂くとのことで、私も何か出来ればと…お昼までにT主任とタコ焼きレクリエーションで使用するペットボトルのキャップに急遽たこ焼きのデコレーションを。何とか14時までに60個作ることが出来ました!

     

    写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg

     

    今年の父の日行事はK様が主役。K様を囲み皆で写真撮影を♪K様の嬉しそうな表情と、Yケアワーカーの安心した表情を見て行事は大成功だったと思っています。

     

    写真10.jpg写真11.jpg

     

    現在では感染症対応は少し緩和されてきましたが、気を緩ませず利用者様に安心して過ごして頂けるよう日々努めていきたいと思います。

    あっとほーむのお父さん、お母さんいつもありがとうございます。いつまでも元気でお過ごしくださいね!

     

     

    【あっとほーむ六尾の郷 ブログ研修委員U】


    『特別養護老人ホーム六尾の郷とケアハウス長寿苑利用者様による2年ぶり“涙の再会”』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      特別養護老人ホーム六尾の郷利用者M様が、ケアハウス長寿苑利用者K様と知り合いであると、M様の家族様から聞き、早速お二人に確認すると・・・「会いたい!!」と。 

       

      「えっ!!本当に会えるの?どこで?」と半信半疑のまま、特養のロビーで待ち合わせ。

      ケアハウス相談員と一緒にロビーで待ってるK様、特養絵レーベーター中で感激の余り泣き崩れ、歩けないM様。

       

      感動の瞬間は、お二人とも泣き崩れ、抱き合い「あんた!!何処におったん!ずっと心配しててん!!」「まさか、ここで会えるなんて・・・」と肩を抱き、手を握り涙の再会でした。(同席した職員も、もらい泣き)

       

      事務所職員が暖かいコーヒーとお菓子を用意し、その風景は、まるで「懐かしい同級生が喫茶店で思い出話をしながら、お茶を飲む」というほのぼのとした暖かい空間でした。

       

      今までは、カラオケ教室や、「あいぴあ」で遊んだり、公民館や集会所でのイベントに参加したり、いつも一緒だったお二人、一人暮らし同士で支え合いながら暮らしていたのでしょう。K様がいつの間にか居なくなりずっと心配していたと。

       

      在宅生活は困難になったけど、またここでご近所付き合いを再開してほしいです。「又ここで何時でも会えるね」とそれぞれのフロアに戻られました。

       

      P6205999.jpgP6206004.jpg

       

      その光景をずっと帰らず見ていた、退社時の特養夜勤明けのA職員が「良かったですね!!いい場面を見れてよかったです・・・帰っていい夢が見れそうです!」と明るく、嬉しそうに退社・・・。

       

      梅雨の晴れ間と、優しい職員達に「今日はいい日になりそうです」

       

       

      【特別養護老人ホーム六尾の郷 生活相談員K】


      『久しぶりの再会!〜あっとほーむ六尾の郷〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

        みなさんこんにちは。暑い日が続くようになりましたが体調はいかがお過ごしでしょうか。以前と変わりなくコロナ予防対策が続く中ではありますが、6月より家族様の面会を再開させて頂きました。

         

        大変恐縮ですが事前予約とさせて頂き、一家族様2名まで、20分までと決められた時間ではありますが、あっとほーむ六尾の郷の利用者様のご家族様も、続々と面会に来て下さりました。

         

        先日は朝からY様、お昼からはY様、夕方にはN様の家族様が面会に来て下さりました。

         

        認知症がある為「コロナウイルスの為面会が出来なかった」ということを理解されていない方が殆どです。Y様の娘様が面会に来られ、Y様を一階へご案内しました。娘様の顔を見て「ん?うちの〇〇ちゃんか?」と私に聞かれるY様。「そうです、久しぶりですね」としっかり覚えておられることにホッとしました。「元気そうでよかったあ〜」と娘様の目には少し涙が浮かんでおられるように見えました。

         

        20分が経ち、Y様を迎え、娘様を一緒にお見送りしました。娘様と一緒に帰ろうとするY様の手を取り「また来てくれるので一緒に待ってましょう」と伝えると「そうか、ほな気を付けて帰りや!ありがとな」と大きく手を振られていました。

         

        20分なんて本当にあっという間の時間だと思いますが、少しでも家族様と面会が出来る様になり本当によかったと心から感じました。

         

        まだまだこの様な状況が続く中、何か出来ることを考え、私が特別養護老人ホーム六尾の郷で働いていた時に、家族様に送っていた3カ月に一度の近況報告のお手紙を「家族様に送りたい」と、他の職員にも呼びかけ、今各担当ごとに作成してもらっている最中です。

         

        パソコン時代の活字ばかりの時代の中で、各担当職員が、家族様や利用者様のことを想いながら書くお手紙はきっと何か伝わるものがあると思っています。少しでも安心して頂けるように私たちが出来ることを考え取り組んでいきたいと思います。

         

        写真1.jpg

         

        このブログの為にN様と娘様に「写真いいですか?ブログに載せさせてもらっていいですか?」とお聞きすると快く了承して下さりました。「ちょっと待ってね、眼鏡外した方がいいかな!」「あんたマスク外す?」「だからマスク外したらあかん言ってるでしょ!」と二人の会話に癒されました。

         

         

        【あっとほーむ六尾の郷 ブログ研修委員U】


        『デイサービスセンター六尾の郷〜窓から見える景色の中に〜』

        0

          JUGEMテーマ:社会福祉

           

          毎日、新型コロナウイルスのニュースが流れ、感染防止のために窮屈な思いをされている皆様の心が温かくなる出来事がありました。

           

          4月に満開の桜で楽しませてくれた六尾の郷 名物の桜の木に、山鳩が巣作りを始めているのを利用者F様が発見!

          その場所はデイルームの窓を開けると手が届くくらいの木の枝に。

           

          写真1.jpg写真2.jpg

           

          少しずつ2羽の鳩が枝を運び、巣を作る姿に利用者様は釘付けです。

           

          写真3.jpg写真4.jpg

           

          しばらくすると出来上がった巣に、お腹がぷっくりしている鳩が座り卵を産む準備をはじめました。

           

          巣作りから3日後、M相談員が見守る中(ほんとにたまたま見ていた時です)、1個の卵を出産!

           

          写真5.jpg写真6.jpg

           

          その2日後に2個目の卵を確認。(お母さんは外出中) 

           

          写真7.jpg

           

          今後もヒナが孵って巣立つのを楽しみに皆様と一緒に見守っていきたいと思います。

           

          自然いっぱいの中で癒されながら毎日楽しく皆様と過ごしています。

           

           

          【デイサービスセンター六尾の郷 Aケアワーカー】


          『新しい仲間が増えました!!〜あっとほーむ六尾の郷〜』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

            みなさんこんにちは。

            過ごしやすい季節になってきましたね。新型コロナウイルスの影響で、あっとほーむ六尾の郷でも最善の対応を考えながらスタッフ一同努めています。

             

            そんな中、新しく仲間入りしたスタッフの2人。家族様の面会自粛も続いている為ここで紹介させて頂きます♪

             

            今日は、まだ入社して1カ月のTケアワーカー。

            高齢者施設で働くのは初めて。「お年寄りに関わる仕事をしたい」と思い、転職を決めたそうです。

             

            長寿会のブログを見て、「あっとほーむ六尾の郷で働きたい!」と思ってくれたと聞き、家族様だけでなく、そのような視点で読んで下さっている人がいることに嬉しく思いました。

             

            入社が決まってからは、過去の記事も振り返って熟読してくれたそうで、「僕の中では、みなさん有名人です!」と(笑)

             

            指導することを丁寧にメモを取り、言葉遣いもとても丁寧。最近ではペアで仕事をすることが多くなり先日一緒の出勤日。

             

            ふと見るとこんな本が。少しでも利用者様、認知症の方の気持ちを理解しようとしている姿勢に「凄いなあ」と思いました。

             

            写真1.jpg写真2.jpg

             

            このブログに書く為に、「ちょっと写真撮らせてね」と声を掛けると「あっ、ついに来ましたか!」とブログデビューすることにとても嬉しそうなTケアワーカー(笑)

             

            写真3.jpg写真4.jpg

             

            新人さんと一緒に仕事をする度に、いつも自分自身初心に返ることが出来ます。この気持ちを大切にこれからも一緒に頑張ってきたいと思います。

            次回は、入社5カ月のYケアワーカー。お楽しみに♪

             

             

            【あっとほーむ六尾の郷 ブログ研修員U】 


            『グループホームいずみ〜5月誕生日会〜願いを込めて〜』

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

               

              新型コロナウィルスの感染予防にて、家族様の面会や外部の方々との交流も制限しております。

               

              寂しい毎日を過ごされている入居者の皆様ですが、じっとしていても気が滅入るだけですので、誕生日のお祝い、新型コロナウィルス撲滅、リハビリといろんな願いを込め、鶴を折ることにしました。

               

              出来る限り多くの方の手を入れて、一ヶ月半程かけ約1200羽折ることが出来ました。

               

              写真1.jpg写真4.jpg写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg

               

              特別メニューを食べて5月誕生日会へ!

               

              写真9.jpg写真3.jpg

               

              誕生日会後に、願いをこめて!

               

              写真5.jpg写真2.jpg

               

              いずみの皆様は今日も元気です!!

              家族の皆様 安心してください!!

               

              【グループホームいずみ ケアワーカーK】


              『令和2年母の日〜特別養護老人ホーム六尾の郷〜』

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                 

                新型コロナウィルス感染予防のため面会自粛のため、全家族様よりメッセージ頂きました!

                 

                5月10日、いよいよ母の日がやってきました。家族様からお預かりした手紙を、お一人お一人に心を込めて読んでいきます。

                 

                涙を流される方、感激して手紙を握り締める方、メッセージと共に送られた写真をずっと眺められている方、それぞれの想いで家族様からのお手紙を読まれていました。

                 

                 

                写真1.jpg写真19.jpg写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg写真9.jpg写真10.jpg写真11.jpg写真12.jpg写真13.jpg写真14.jpg写真15.jpg写真16.jpg写真17.jpg写真18.jpg写真20.jpg写真21.jpg写真21.jpg写真22.jpg写真23.jpg写真24.jpg写真25.jpg

                 

                『母の日行事』で全家族様からお手紙を頂き、お渡しするという試みは今までには、ありませんでした。

                 

                コロナ感染症拡大予防のため、面会も出来なくなり、会えない日も続き、でも会えないからこそ、多くの家族様にメッセージを頂く企画が生まれました。

                 

                そして…

                 

                しっかりと家族様の想いをお母様へ届けることができました。

                私たち職員が代弁者として戴いたメッセージを代読させてもらったのですが・・・私たちも涙をこらえながらの代読でした・・・。

                 

                家族様から頂いた、暖かいメッセージは全ての利用者様にお渡ししています。ご協力頂きありがとうございました。

                 

                 

                【特別養護老人ホーム六尾の郷 介護主任F】


                『家族様からの暖かいメッセージやエールに感動〜特別養護老人ホーム 六尾の郷〜』

                0

                  JUGEMテーマ:社会福祉

                   

                   

                  5月10日は母の日です。

                   

                  今年も毎年恒例の『母の日行事』を家族様と一緒に過ごして頂こうと予定していましたが、新型コロナウイルス感染症が未然として終息せず、緊急事態宣言も延長されてしまい、今まで「当たり前」に出来ていた面会が「当たり前」に出来なくなってしまいました・・・。

                   

                  面会自粛のお願いから数ヶ月が経ったこの母の日に、家族様からメッセージを頂き、利用者様へお伝えさせて頂きたいと考えました。

                   

                  家族様のご協力もあり、たくさんのメッセージとプレゼントが施設に届きました。

                   

                  写真1.jpg写真2.jpg

                   

                  家族様からは、「なかなか会えずメッセージを送る機会を与えてくれ良かった」というお言葉や「故郷から大阪に出てきた時のお母様への苦労話や感謝の気持ち」「ひ孫が生まれました、又会いに行くね」「家の事を俺に任せて心配しなくていいから」「いつも想っている」・・・等々。

                   

                  また私たち職員にまで「コロナに負けないで!!」とエールのお手紙を頂きました。

                   

                  その家族様のひとつひとつのメッセージを飾りつけさせて頂き、しっかりと伝えさせて頂きたいと思います。

                   

                  それでは行って来ます!!

                   

                   

                  【特別養護老人ホーム六尾の郷 介護主任F】

                   


                  『あっとほーむ六尾の郷〜母さんがよなべをして〜♪』

                  0

                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                    みなさんこんにちは。

                    最近はどこに行ってもマスクが品切れとなっていますね。あっとほーむ六尾の郷でも、マスクの貯蓄はありますが少しでも節約する為に、Kケアワーカーが全利用者様、全スタッフにマスクを作りました!

                     

                    業務中に作成するのはなかなか難しい為、自宅に帰って夜な夜なミシンに向かってくれたと聞き、「利用者様、スタッフの為に」と時間を割いて作ってくれたKケアワーカーには頭が下がります。

                     

                    先日の夜勤明け。「マスク出来たよー!!」と満面の笑顔で出勤してきたKケアワーカー。「夢中になってたら夜中の2時やってよ。びっくりしたわ。」と。

                     

                    利用者様に配られ「わぁ〜!ハイカラな柄で可愛い!」「これくれるの?」と嬉しそうな利用様達。ロングショートの利用者様達には、洗い替え用に1人2枚配布されました。

                     

                     

                    写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg

                     

                     

                    そして今日、出勤すると「ねぇ、これ作って来たねん!!」と紙袋から出てきたのは吸引機のカバーでした。「ここにポケット付けたからチューブやアルコール綿花も入れれるねん。カバー破れてたからよ」と。

                     

                    可愛いキルティング地のリボン柄のカバーが吸引機にかけられました。私も吸引機のカバーが破れているのは気付いていました。これに関しては必ずしなくてはいけないことではないですが、それに目を向け率先して行動に移すKケアワーカーは本当に凄いと思います。

                     

                    いつもありがとう。「今日も帰ったら明日夜勤やから、夜にまたマスク作ろ〜と!!」とKケアワーカーは元気に帰って行きました。

                     

                     

                    【あっとほーむ六尾の郷 ブログ研修員】


                    『地域包括支援センター六尾の郷〜自粛中の過ごし方〜』

                    0

                      JUGEMテーマ:社会福祉

                       

                      こんにちは。

                      4月より泉南市地域包括支援センター六尾の郷に勤務することになりました、看護師のKといいます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

                       

                      ご周知のとおり、日本全体が新型コロナウィルスの危機に直面しています。人と人の接触機会を削減するため、できるだけ外出を自粛し、命を守る行動はもちろん大切です。

                       

                      しかし、高齢者にとって活動の機会が少なくなることは心身に大きな影響を及ぼす危険性もあります。最近テレビでも、体操や筋トレの番組を見かけます。インターネットの環境があれば、泉南市の市役所のホームページにも、介護予防体操の動画がアップされていますので、ぜひ活用してほしいと思います。

                       

                      せっかく楽しみにしていたイベントや帰省も、断念せざるを得ない方も多いのではと思います。地域包括支援センターの職員の間でも、自粛中でも何かできることや楽しめることはないか、日々話し合っています。

                       

                      ひとつの案として、この会えない機会に離れて暮らす大切な方にお手紙を書いてみるのはどうかという意見もありました。私自身も最近は文字離れしており、文章を考えることは脳トレにもつながります。

                       

                      自粛することはもちろん大切ですが、適切な活動の時間を作り、心身ともに健康でこの時期を乗り切りたいと思います。

                       

                      手紙を書いているところ(小).jpg

                       

                       

                      【泉南市地域包括支援センター六尾の郷 看護師K】



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2057 最後に更新した日:2020/10/23

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM