『特別養護老人ホーム六尾の郷〜『父の日』〜父だけの大宴会〜』

0

    JUGEMテーマ:社会福祉

     

     

    こんにちは!皆さまいかがお過ごしですか?

     

    特別養護老人ホーム六尾の郷は、暑さに負けず、いつもどうりに(いつも以上?)元気いっぱい熱い心で皆様の楽しい生活のために頑張っています。

     

    さて今年の父の日には、いつも女性ばかりの中で、ニコニコと目立たず紳士なお父さん達に、とにかく飲んで食べて遊んで、心からゆっくりして頂こうと、たこ焼き、綿菓子、ビールにジュース、昔ながらのラムネ等ご用意し宴会を企画させて頂きました。

     

    朝ごはんの前に、今日は父の日で男性だけで昼食会が有りますとお伝えしていましたが、3階フロアの宴会場にご案内すると、いつもと違うフロアの雰囲気に「?」な!お父さんたち。

    でもビールを前にニコニコ♪ 

     

    写真1.jpg

     

    お父さん達!乾杯がまだですよ(笑)

    とにかく、お父さん達が楽しんで下さったらいいか!

     

    急いで、父の日に「かんぱ〜い!!!」

     

    写真2.jpg

     

    満面の笑みで綿菓子を作っているのは、我らがAケアワーカー!!

    楽しそうですね。子供のように楽しんでいます。

     

    皆様に楽しんで頂こうと思ったら、先ず私たちが楽しまないと…。

    その横で私は一生懸命楽しんで、たこ焼きを焼いておりました。おいしくなぁれ〜♪

     

    写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg写真7.jpg写真8.jpg

     

    お昼ごはんの焼きさば寿司もとても美味し、皆様黙々と舌鼓を打たれ、結構なボリュームもあったのにぺろりと召し上がられました。

     

    そして、お待たせいたしました。「美味しくなぁれ、美味しくなぁれ〜」と魔法をかけて焼き上げた、たこ焼きも笑顔で沢山召し上がられました。

     

    そして、お父さんたちからは、「もう、堪忍してぇ〜(笑)」と言う言葉が飛び出したのでした(笑)

     

    写真9.jpg写真10.jpg

     

    それでは、堪忍しましょうね〜言ったか言わなかったか…(笑)腹ごなしにちょっと運動しましょうと、スカットボールや輪投げなどにおさそいすると、とても真剣に、本気で遊ぶお父さん達でした。

     

    そして、聞えてきたのは、まるでゴルフ場に居る様な「ナイスパァ〜!!」と言う声に振り向くと、これまた、真剣にスカットボールで遊ぶF主任!!!

     

    皆様がほんとうによい笑顔を見せてくれました。

     

     

    写真11.jpg

     

    最後は、神妙に皆様への感謝の気持ちをお伝えいたしました。

    たくさん楽しんで頂けたでしょうか?

    たくさんの笑顔を有り難うございました。

     

    「お父さん大好き!!いつも有り難う!」

     

    家族様には敵わないけれど、心をこめてお伝えいたしました。

     

    写真12.jpg

     

     

    【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーH】


    『特別養護老人ホーム六尾の郷〜七夕〜』

    0

      JUGEMテーマ:社会福祉

       

       

      こんにちは!

      7月7日(木)と言えば七夕!

      初めての行事担当に内心心臓がばくばくの中、七夕行事を司会進行させていただきました。

       

      写真1.jpg

       

      毎年なにかと曇りや雨の日が多いですが、今年の七夕は快晴!

      皆様の願い事が叶う予感?!

       

      お一人ずつ、あらかじめ伺って用意した短冊。

      その願い事を発表すると、うんうんと頷かれたり、微笑ましそうに笑われたりする利用者様も。

      太鼓をドンっと一つ叩いてご自身で発表される一幕もありました。

       

      写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg

       

      ちなみに、利用者様のたくさんのお願い事は、私たちが代筆させていただきました。

      その中から一部をご紹介!

       「家族が元気でありますように」

       「お出かけしたい」

       「美味しいものが食べたい」

       「息子にいっぱい会いたい」

       「お寿司が食べたい」

          ―――などです。

       

      私たちにとって当たり前にできる事が「願い事」……。

      ちょっと切ないですが、少しでもその大切な「願い事」が叶えられるようお手伝いしていきたいです。

       

      そして、皆で一緒に「七夕さま」を歌うと、私は歌詞がないとわからなかったけれど、皆様はすらすらと大きな事で歌ってらっしゃって…すごいです皆様。

      最後に皆でバンザイをして元気良く七夕行事を終えました。

       

      写真5.jpg

       

      昼食は涼しげに森の中にいるようなBGMを選曲!

      だんだんと暑くなってきましたが少しでも楽しくお食事をとって頂けたかと思います。

       

      見た目も涼やかな色で、かつ、いつもより多めな昼食も「美味しいわぁ」と完食される方がたくさん!

       

      少しでも初夏のひとときを楽しんでいただけたなら嬉しいです!

      先輩方や、なにより利用者様のおかげで無事七夕行事を終えることが出来てほっとしました。

      本当にありがとうございます!皆様の願い事が叶いますように…。

       

       

      【特別養護老人ホーム六尾の郷 Tケアワーカー】


      『特別養護老人ホーム六尾の郷〜K様の旦那様より美味しい桃を頂きました♪〜』

      0

        JUGEMテーマ:社会福祉

         

        こんにちは。毎日暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

        先日、毎日面会に来られるK様の旦那様より美味しい桃を頂きました。

         

        写真1.jpg

         

        すぐに「良い香りしている〜。今日の夕食で出させてもらいましょう!と言い、M管理栄養士とK栄養士でたくさんの桃を剥いて、一人一人の利用様の食事形態に合わせカットしお膳に乗せてくれました♪

         

        写真2.jpg

         

        配膳前に「今日はK様の旦那さんに桃を頂いたので、皆さん美味しく召し上がって下さーい!!」の声に

        「桃?桃どれ?」と嬉しそうな利用者様達。ご飯より先に桃を召し上がられる利用者様。

         

        「美味しいですか?」と尋ねると「美味しいわ!甘い!」「姉ちゃんも、食べてよ!」とこの笑顔。

         

        写真3.jpg写真4.jpg写真5.jpg写真6.jpg

         

        そしてフロアから聞こえてくるKケアワーカーの、「やっぱり旬の食べ物を食べるのは長生きの秘訣ですね」という声かけに、私はとてもホッコリした気持ちになりました。

         

        そして、K様の旦那様が帰られるのを見て「桃ありがとうございました」と利用者一同。

        K様の旦那様、いつも本当にありがとうございます!

         

         

        【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーU】


        『特別養護老人ホーム六尾の郷〜I様お誕生日の外食へ大切な家族様と〜』

        0

          JUGEMテーマ:社会福祉

           

          こんにちは。

          先日はI様の72歳のお誕生日でした。

           

          毎年恒例になっている「お誕日会」には、大切な家族様と大好きなハモを会席

          を施設近くの料理屋さんへ行かれました。

           

          誕生日の1ヶ月前に、「今年も行けたら何を食べ…」と私が言い終わらない間に

          「ハモ!!」と即答で答えて下さったI様。

          img_hamo.jpg

           

          ハモが本当に大好物の様子。

          早速、主任看護師に相談をし、主治医に了承を得て家族様へ連絡行いました。

           

          「又今年も元気に行けることが出来そうでよかった」と家族様の協力を得て外

          出することが出来ました。

           

          当日は、梅雨の合間のとっても良い天気。

          「晴れてよかったですね」と娘様に伝えると「孫が晴れ男なんですよ」と。そ

          ういえば毎年良いお天気なのを思い出しながらお見送り♪

           

          家族水入らずの時間を過ごして頂くため、今回は玄関までお見送りし2時間ほ

          どの楽しい一時を過ごし帰ってこられたI様。

           

          「ハモ天もケーキもアイスコーヒーも飲んだよ!」ととっても嬉しそうにお土産

          話をして下さり、いつもよりもたくさんお話して下さいました。

           

          家族様からも「毎年本当にありがとうございます!」と嬉しいお言葉を頂き、今

          年も「お誕生日会」を迎えることが出来て嬉しかったです。

           

          まだまだ若く、思うように行かないことでたくさんの我慢をされていると思

          いますが、少しの時間でも外出し大切な家族様と美味しいものを召し上がって

          気分転換を図れたことと思います。

           

             又来年も元気にこの日を迎えて頂ける様にお手伝いさせてくださいね。

          改めましてお誕生日おめでとうございます。家族様も有難うございました!!

           

          写真1.jpg写真2.jpg写真3.jpg写真4.jpg

           

          大勢の家族様に囲まれてI様。

           

           

            【I様担当ケアワーカー 特別養護老人ホーム六尾の郷 U】

           

           

           

           

          入所者様のADL(日常生活動作)にもよりますが、一言『外出』と言ってもその準備には結構時間が必要になります。

          その時の体調、主治医からの外出許可、車いすの有無、外出先の住宅環境、食べることができる食材等々、考えなければならないことは沢山あります。

           

          ただその準備段階を乗り終えて、当日を迎え、今回のような家族団らんの楽しい写真を見せて頂くと、「よかった!ー」とスタッフ一同感じます。

           

          外出の機会を与えて頂き、職員にそのような気持ちを気づかせて頂きましたご家族に感謝致します。

          有難うございました。

           

          【事務長 A】

           

           

           


          『特別養護老人ホーム六尾の郷〜支援学校高等部2年生による施設見学・介護実習〜介護授業として協力〜』

          0

            JUGEMテーマ:社会福祉

             

             

            皆様、早いものでもうすぐお盆ですね!

            蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

             

            5月下旬に支援学校の生徒9名が、特別養護老人ホーム六尾の郷に施設見学と介護実習に来られました。

              

            まずは、施設見学です。

            高齢者の皆様が日々どのように生活しているか、どのような方が生活をされているのか実際に見学しながら説明を行います。生徒さんも興味津々でキョロキョロと周りを見渡されていました。

             

            写真3.jpg写真5.jpg

             

            「六尾の郷・最年長の利用者様H様」に自己紹介をしてもらいました。H様も沢山の生徒さんを見て驚かれていましたが、なぜ見学に来ているかを説明すると、「そうか。頑張ってね。」と生徒さんに優しい言葉をかけて下さいました。

             

            写真7.jpg

             

            施設見学も終わり、車椅子体験をして頂きました。

            車椅子の説明や使用中に注意しないといけない点などを、実際に生徒さんにも車椅子を触って頂き車椅子の取り扱いを体で感じてもらいました。

             

            写真9.jpg写真10.jpg

             

            実際に二人一組に分かれ車椅子に乗って頂き、どのような乗り物で危険が何処にあるか等を体験して頂きました。

             

            写真11.jpg写真12.jpg

             

            1回目は生徒さんにまかせ自由に車椅子操作をしてもらい、2回目は「乗っている方のことを考え、操作すること」をアドバイスし、2周を実施。

             

            恥ずかしそうに声かけをしながら、一生懸命に注意を払い車椅子操作をして障害物を乗り越えていました。

            2回の車椅子体験を終了し「怖く感じた。」と言う生徒さんが多く、車椅子の操作や注意点を少しでも理解してもらえたと思います。

             

            写真14.jpg写真15.jpg

             

            最後に、生徒さんと支援学校卒業生であるKケアワーカーとHケアワーカーとの交流会を行いました。

             

            最初、生徒さん達は質問するのを恥ずかしがられていましたが、仕事をしていて良かったこと。」・「仕事で難しいこと。」・「初任給は何に使いましたか。」等々質問をし、先輩ケアワーカー二人は緊張しながらも一生懸命に考え答えていました。生徒さんも真剣に先輩の話を聞いていました。

              

            最後に特養1階ロビーで生徒さんから元気よく、「今日はありがとうございました。」と挨拶され帰って行く姿を見て、若いっていいなぁとしみじみ思うHとFでした。

             

            支援学校の生徒さんの介護実習は、平成24年より始まり今回で5回目になります。

             

            その時、その時で講師役の職員は入れ替わります。毎回その職員の『色』がでた実習になっていますが、やはり緊張はするものです。「もっとああすればよかった」と生徒さんが帰ったあと反省と次回に向けての組み立てをします。

             

            少しでも福祉の仕事に興味を持ってもらえたらと思っていますし、今回の車椅子体験で得たものを、街中で困っている方に手を差し伸べられる人になってほしいなと願っています。

             

            11月にも支援学校高等部2年生の施設見学・介護実習があります。

            六尾の郷スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしています。

             

             

            【特別養護老人ホーム六尾の郷F介護主任&ケアワーカーO】


            『特別養護老人ホーム六尾の郷〜すなっきーずへ〜』

            0

              JUGEMテーマ:社会福祉

               

               

              こんにちは!

              5月のある晴れた日に、特別養護老人ホーム六尾の郷の利用者様2人と一緒に、初めてすなっきーずに参加させて頂きました。

               

              『すなっきーず』とは、泉南市砂川地区の0歳から就学前の小さな子どもたちが集まる子育てサロンです。

               

              扉を開けると、小さな子どもたちの笑い声が響きました。

              利用者K様たちも「まぁー可愛らしい子ども達でいっぱいね」と優しい笑顔で子どもたちに挨拶されていました。

               

              早速、子どもたちと一緒に動物のパズルに挑戦!!

              思うように指が動かず悪戦苦闘!!

              リハビリ効果もあり楽しみながら子どもたちとの一時を過ごしました。

               

              ?.jpg?.jpg

               

              福祉委員さんより「赤ちゃんを抱きませんか」と声を掛けられ、「壊れそうで恐いわ・・・」と言われながら膝の上に抱いていたのですが、赤ちゃんが突然大きな声で泣き出してしまいお母さんにバトンタッチ。

               

              「びっくりしたけど。久しぶり赤ちゃんを抱っこさせてもらえてうれしかったわ」と言われていました。

               

              若いお母さんや子どもたちと交流もでき、歌や踊りとで楽しい時間があっという間に過ぎました。

               

              ?.jpg?.jpg

               

              帰りの車中では「自分たちの子どもがあの位の時は、大変だと思って育てていたけど今思い返すとあの頃が一番良かったわ」とお二人とも昔を懐かしんで話しが弾みあっと言う間に六尾の郷に帰ってきました。

               

              また、来週も「すなっきーず」におじゃまします。

              子どもたちに元気をもらい仕事に励みたいと思います。

               

               

              【特別養護老人ホーム六尾の郷ケアワーカーS】


              『特別養護老人ホーム六尾の郷〜母の日行事〜マッサージで心も体もリラックス、最高の笑顔を〜』

              0

                JUGEMテーマ:社会福祉

                 

                 

                皆さま、梅雨でジメジメした季節がやってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

                 

                「母の日」に女性の利用者様に“特別な1日を”過ごして頂きたいと思い、マッサージ資格があるOケアワーカーがアロママッサージを施術させて頂きました。

                 

                今回はハンドマッサージ・フェイスマッサージ・ヘッドマッサージを行いながら、ゆっくりとした時間を過ごして頂けました。そんな様子をご紹介させて頂きます。

                 

                写真 1.jpg写真 2.jpg

                 

                会場は日頃の感謝を込め、飾り付けをハートマークで表現。

                そして「回想法」という昭和初期の懐かしい写真を見ながら昔を思い出す事を目的とした、認知症予防のレクリエーションも実施しました。

                 

                写真 3.jpg

                         

                記念撮影前にショールを選んで頂き、希望者には口紅もひとぬり鏡の前で衣装合わせ・・・

                さて皆さんどれを選ばれるのでしょうか?

                  

                写真 4.jpg写真 5.jpg

                 

                マッサージをしていると、「これいい匂いする」という声があちこちから聞え、確かに会場はアロマオイルの香りで、とてもいい匂いに包まれながらうっとりした表情でマッサージをうけております。

                 

                写真 6.jpg

                 

                一方こちらでは、記念撮影前にご自身でショールを選んで頂き、お化粧をほどこしています。

                準備はどうですか。

                  

                写真 7.jpg写真 8.jpg写真 9.jpg写真 10.jpg写真 11.jpg

                 

                見てください!この笑顔!

                皆さまカメラを向けると恥ずかしそうにされるも表情がとても嬉しそうで、マッサージで気分もほぐれ、そしてお洒落を楽しんで頂き、皆さんの素敵な笑顔が沢山見れ、本当に嬉しく思います。

                 

                いくつになってもお洒落は楽しいものですね。

                 

                いつまでもお元気で、楽しい毎日を過ごして頂けるようスタッフ一同サポートさせて頂きます。

                「お母さんありがとう!!」家族様にはかなわないけど、心を込めて 職員一同!!より

                 

                また、当日多くの家族様が面会に来られ、一緒に参加していただきありがとうございました。

                 

                 

                【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーN&O】


                『特別養護老人ホーム六尾の郷Aケアワーカーが夜なべ〜をして・・・』

                0

                  JUGEMテーマ:社会福祉

                   

                   

                  ある日の夜勤中の出来事…

                  私はエレベーターで5階フロアへ上がりました。

                  エレベーターの扉が開いたと同時に見えたもの…

                  真っ暗のフロアで灯りがポツンと点いており、Aケアワーカーがお花を生けているのです。

                   

                  写真?.jpg

                   

                  私は思わず「どうしたんですか??」と尋ねると、「Y様のご家族様からたくさんのお花を頂いたから生けてんねん」と。

                   

                  普段はS主任相談員がしているのですが、この日はAケアワーカーが夜勤中にしていました。

                   

                  花瓶とのバランスを見ながら、真剣な表情で茎をカット!!

                  夜中という事もあり、二人でテンションが上がり、「母さんの歌」を替え歌しながら楽しく活けました♪♪

                  (私は歌いながら見ているだけ())

                   

                  ちなみにその時の替え歌はが…

                  ○○さんが〜よなべ〜をしてお花〜を生けてくれた〜♪でした()

                   

                  写真?.jpg

                   

                  そして完成〜♪

                  「なかなか上手いやろ!?とAケアワーカーは大満足の表情です()

                   

                  Y様のご家族様へ

                  現場のスタッフは、生け花の経験もなく、初心者ばかりですが、家族様の想いを大切に、生け花に挑戦しました。

                  いつも綺麗なお花を持って来て下さり、有難うございます☆

                   

                   

                  【特別養護老人ホーム六尾の郷 ケアワーカーT】 


                  〜特別養護老人ホーム六尾の郷〜今日も朝から元気よく!!

                  0
                    JUGEMテーマ:社会福祉

                     

                    みなさんこんにちは!

                    日に日に汗ばむ季節となってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

                    早速ですが、先日の日常のワンシーンを紹介したいと思います。

                     

                    まずは、フロアでの様子から。

                    朝からレクリエーションをしようとレク材をゴソゴソ…。「何しましょう〜?レク苦手なんです〜。」と入社10ヶ月目のYケアワーカー。
                    「これにします。みんなしてくれるかなぁ。」と不安げな表情で赤と白の手作りの旗を出してきては、利用者様を自分の周りに集めだしました。

                     

                    「みなさーん、今から旗あげします!!赤あげて!白あげて!赤さげないで白さげる!!」と少し恥ずかしそうに大きな声を出すYケアワーカーにニコニコと楽しそうな利用者様達。
                    周りで他の作業中の職員たちも、足を止め微笑みながら見てしまいます。

                     

                    写真1.jpg写真2.jpg

                     

                    そしてそして…布団を取り入れる為にベランダを覗くと、寒い時期に利用者様の各居室へ設置していた加湿器を、来年も気持ちよく使用出来る為に、ズボンの裾をめくり上げ、せっせと片づけているサービス向上委員のTケアワーカー。

                     

                    「何ですか?撮らんといてくださいよ!恥ずかしい」と言いながら汗だくになりながら一生懸命です。

                     

                    写真3.jpg写真4.jpg

                     

                    居室前からは「ブーン」と掃除機の音。

                    居室をのぞくと小さい体で掃除機を抱えながら、夏本番に向け利用者様に快適に過ごして頂けるようにフィルターのお掃除をしているのはIケアワーカー。

                     

                    カメラを向けると「何よ?撮るん?笑顔でするわ〜♪」とノリノリです(笑)

                     

                    写真5.jpg写真6.jpg

                     

                    毎日バタバタと慌ただしい特養ですが、色んなところで職員達は利用者様の為に毎日頑張っています!!

                     

                    さぁ、1日の始まりです!!今日も元気よくいきましょう♪

                     

                     

                    【特別養護老人ホーム六尾の郷 ブログ委員 U】


                    『特別養護老人ホーム六尾の郷職員が他事業所からから講師依頼!!〜あっとほーむのケア会議に講師として参加させて頂きました〜』

                    0
                      JUGEMテーマ:社会福祉


                      こんにちは!
                      特別養護老人ホーム六尾の郷のUです。


                      今回私たち、特別養護老人ホーム六尾の郷の職員のUとOが、あっとほーむ六尾の郷のケア会議に講師として参加させて頂きました。
                       
                      今回、私Uは「大阪府認知症実践者研修」にて学んできたことを。Oは、外部研修の「高齢者虐待防止研修」で学んできたことをそれぞれ伝達研修させて頂きました。
                       
                      まず、私は研修で学んだ事を活かし自施設で、一人の利用者様に焦点を当て約1ヶ月と短い期間ではありましたが、職員全員で統一した声かけや対応を行った事で、利用者様のQOL(クオリティーオブライフ:生活の質の向上)(←クリックしてください)が向上し変化したことをまとめたものをパワーポイントとして作成し、発表しました。その後は、各職員より悩んでいること等を一緒に考えさせてもらいました。
                       
                      008.jpg
                       
                      私は、研修に行くまでは認知症の方に対し、「さっきも言ったのに、、ご飯は今食べたところなのに、、、困ったなぁ」と思っていた部分があったと思います。でも、研修を受けて改めて困っているのは、「私」ではなく利用者様だということが再認識出来ました。
                       
                      「何度でも同じことを言われても、聞かれても利用者様と同じ目線になって笑顔で手を握り話を聞こう」と実施しています。
                       
                      Oからは、「高齢者虐待は何故起こるのか」「虐待の種類」「要介護施設と在宅での虐待の違い」などの自分で作成した資料を配布し、私達の周りで「これは虐待になるの?」と疑問に思っていること等をグループワークにて話し合いました。
                       
                      011.jpg012.jpg
                       
                      「オムツ交換を嫌がっている方に、無理に交換するのは虐待になるのかなぁ?」「でも、交換しないのも虐待になるんではないかなぁ?」等色々な意見がでました。
                       
                      一つ一つの事例に自分たちで解決案を考え、一番大切なのは職員間同士のコミュニケーションや情報共有だということ。一人で抱え込まず、何でも話し合える環境作りが大切だということを改めて感じました。
                       
                      働いている事業所は違っても、私たちは皆長寿会の仲間です。
                      困った時は助け合い、励まし合い、利用者様に「ここに来てよかった」と思って頂けることを目標に日々頑張っていきたいと思います。
                       
                      会議終了後、特養恒例の「エイエイオー!!」をあっとほーむでもさせて頂きました。
                       
                      015.jpg
                       
                      そして…
                      「ちょっと写真撮るから待って!そのポーズでちょっと止まって!」と椅子に乗ってカメラマンをして下さったS相談員。「いいの撮れたわぁ!お疲れ様」とS相談員が帰られたあと、皆でカメラを見直すと私UとOだけが切れて写ってないではないですか(笑)皆で大爆笑して終わりました。未だにS相談員には言えてませんが…(笑)
                       
                      あっとほーむ六尾の郷のみなさん、ありがとうございました。
                       
                       
                      【特別養護老人ホーム六尾の郷ケアワーカーU】
                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1818 最後に更新した日:2017/09/20

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM