【六尾の郷 熱きケアマネージャー達による勉強会】

0
    先日、六尾の郷のケアマネージャー有資格者で、主に在宅を舞台にして業務に取り組んでいる職員が集まり、勉強会を開催しました!!

     

    内容は「振り返ろう、自分の援助技術」ということで、包括の主任ケアマネ:Kがスーパーバイザーとなり、それぞれが持ち寄った心に残っているコミュニケーションや支援の一場面を発表し検討しました。

     

    印象に残っている場面の・ケアマネの言動・利用者の言動・そのときに感じたこと・考察を、順を追ってプロセスレコードという書式に落とし込み、その時の状況をできるだけ近い形で再現することで、参加者みんなでの追体験が出来るという仕組みです。

     

    総勢8名のケアマネが参加し、思い思いのケースを発表し検討したのですが、共感できる部分や「これは難しいな」という部分まで幅広く聞くことができ、また、自分に置き換えて考える機会にもなり学ぶことが非常に多かったです。

     

    自分にとっては大先輩であるケアマネのみなさんも「そんな悩みを感じていたんだな」「やっぱり先輩たちもそういうところで悩むんだな」などこの仕事の難しさを改めて実感しました。

     

    ケアマネージャーという仕事は、利用者のみなさんの希望や悩みを拾い上げ、その人が望む暮らしに少しでも近づけていく良き相談者という仕事です。そのために日頃から一人一人の利用者のみなさんとコミュニケーションを取り、身体的、精神的な状況やその人を取り巻く人間関係、おかれている環境、これまでの経験や人生観など本当に色んなことを総合的に知っておかなければなりません。

     

    しかし、そのコミュニケーションの方法を間違えたり、ケアマネの思い込みだけで進めてしまうと利用者の皆さんにそのしわよせがいってしまったり、利用者の皆さんとの信頼関係が築けない事が多くあります。

     

    何気ない普段のコミュニケーションですが「これでよかったのかな」「この人は本当は何を望んでいるのかな」と常に相手の立場にたって考えることが求められます。

     

    今回の研修ではそのことを六尾のケアマネみんなで実感することができ、振り返ることが出来ました。改めて「難しい仕事だ」という想いと共に、基本に立ち返る大切さ、利用者本位の大切さを再確認することができ、今後のモチベーションが更に高まりました!!

     

    これからも、ケアマネみんなで互いを高めあいながら、みなさんの良き相談者になれるよう頑張ります!!

     

    ※熱中しすぎて写真を撮るのを忘れてました。。。

     


    『認知症ケア推進事業 勉強会』

    0
       

      先日泉南市で行なわれた『認知症ケア推進事業』の認知症研修に、特別養護老人ホーム六尾の郷からK、グループホーム六尾の郷からIが参加し、その報告を兼ねて法人内職員13人で勉強会を開催致しました。

       

      今回の勉強会の内容は、

      .蹇璽襯廛譽
        1認知症を患われた入居者様 2入居者様を対応する
      職員
        3他のご入居者様、と1〜3の役柄を決め、その方の立場に立っ 
        て演じました。

      認知症ケアとは?(資料配布)

       

      .蹇璽襯廛譽い諒拔会では、自身に振られた役柄になりきろうと、 
       積極的に意見交換を行ないながら実践。


      実演終了後、各役柄を演じてくれた事により気付いた点を発表。

       1認知症を患われたご入居者役

        「物が無くなったという訴えに対し、まずは一緒に探すという事 
         をしてくれた事により
      安心感を得られた。」

       2職員役

        「早く入居者を落ち着かせなければという気持ちが高ぶってしま
         い、
      慌ててしまった。」

        「認知症を患われた方だからといって、職員は最初から否定的な 
        対応を行う事はしない事が大切な事だと感じた。」

       3他の入居者役

        「認知症の入居者様本人が訴えた内容に対し、その事が自分にも 
        ふりかかるのでは
      ないか?と心配になった。」

        「職員役の方が、しっかりと声かけをしてくれた事により、安心
         感が得られた。」

                     と、様々な意見が発表されました。


      今回のロールプレイで、私自身が再認識出来た事では、

        1 常に、その方の立場に立って物事を考えること。

        2 統一した介助方法。          

        3 問題が起こってからの対策案ではなく、その問題が起こって
          しまう根本の原因解決
      が必要だと感じました。


      ロールプレイの風景写真を撮ろうと予定していましたが、演技に白熱しすぎで
      写真を忘れてしましました。。。。。

       

      認知症ケアの勉強会では、認知症ケアの理念、心理、体験している世界、接し方、周辺症状の対応方法を、資料を参照し行ないました。実際に自分がこの資料の通りに対応が出来ているか?という事を考えながら、真剣に講義を聞いていました。


      特養
      Kが、

      「日々の業務を行なう中で、業務に追われ、入居者様に対し、冷たい対応をしてしまう事はないか? 自分自身が、急に今まで出来ていたことが出来なくなってしまったら?自分自身自体が分からなくなってしまったらどう感じるか?その事を考え、よりいっそう入居者様に対しての接し方を考えないといけない。」

      私たちは、施設に一歩でも入ったら、六尾の郷の職員、プロです。
      「意識を高く」という
      言葉を最後に皆様に伝えた時、うなずきも多く、講師の職員が研修で伝えたかった事を、参加してくださった職員の方々に伝える事が出来たと、実感しました。


      今回の泉南市で行なわれた認知症研修に参加出来た事により、自分に足りない物は何か?を気付く事が出来ました。

      今後も勉強会を重ねる事によって、今以上に


      入居者様に安心して、楽しく生活して頂ける様に努力を重ねていきたいと思います。


      (画面右がI、その隣がK)


      【特別養護老人ホームケアワーカーK・
                グループホーム六尾の郷 ケアワーカーI】


      『長寿会選抜メンバーによる、タクティールケア研修』

      0
         タクティールケアというのを皆さんご存知ですか??

        福祉大国スウェーデン発の最先端の介護技術です。


        こんないい方をすると、とっても堅苦しく聞こえるかもしれませんが、高齢者や、病気の方だけではなく、家族や友人など周りの大切な人たちとの信頼感を深める事も出来る方法なのです。

        つまり対象者は無限。あなたの「大切な人」にしてあげることの出来るケアなのです。

         

        そして私たち施設職員にとって家族のように大切な存在は、入所者さん。

        夜眠れない方、体が痛くて辛い方、、、、いろんな方がいます。

        そんな方々の症状を少しでも和らげる事ができたら、そして平穏で穏やかな日々を過ごせることができたらと思い、外部から講師の先生を招いての施設内研修を行いました。

         

        タクティールケアは治療でありません。薬も使いません。だからもちろん副作用もありません。

         

        タクティールケアは、対象者の体に触れます。

        揉んだり叩いたりはしません。

        タクティールケアは、優しく、そしてしっかり触れるのです。

         

        日本では、昔からおばあちゃん、おじいちゃんの肩叩きという文化がありますよね??

        それと同じでスウェーデンでは昔から体をさするという文化があるそうです。この文化に起源したケアの方法らしいです。

         

        私たちは、お腹が痛いと無意識にさすっていますよね。

        それでマシになった気が・・・してました。

        しかし本当に痛みが和らいでるらしいです。

        痛いところをさするというのは、その痛みの緩和になるのです。

         

        タクティールケアは緩和ケアなのです。

         

        2日間の研修だったのですが、知らないことばかりでとても興味津々!!参加者7名、全員がとっても真剣に取り組みました!!

         

        その熱気あふれる研修の様子を写真でお見せします。



        講義の様子です。では早速実技のスタートです!




        背中のタクティールケアの様子です。

        優しく触れられているだけなのにとっても気持ちいいんです・・・




        手のタクティールケアです。オイルなどを使って施します。

        手は本当に気持ちいい!!ウトウトする人続出! 笑



         

        足のタクティールケア。

        最初は足を出すことに少し抵抗がありましたが、やりはじめるとそんなこと忘れるくらい気持ちいいんです。

         

        今回学んだタクティールケアはこの3種類です。

        どんどん現場でも実践していき、入所者さんたちにこの気持ちよさ、血行もよくなりポカポカする感じを味わっていってもらいたい思っています。

         

        もちろん自分の家族にも❤❤

         

        入所者の皆さん!!

        もっともっと練習して上手になるので待っててくださいね!!

         

        【特別養護老人ホーム六尾の郷 いつも頑張りやのケアワーカーK

         


        『社会福祉法人長寿会 勤続10年慰安旅行@グアム初日目』

        0

          勤続10年を超える職員のために、ご褒美として企画された今回の慰安旅行。場所は常夏の島グアムです。

           

          月16日〜19日の3泊4日のミラクルエキサイティングツアー。

          参加者は9名。10年以上長寿会を支え続けてきた精鋭社員です。

           

          グアムは日本の南、約2500キロ離れたマリアナ諸島の南西部に位置します。マリアナ諸島最大の島で、アメリカ合衆国の準州になります。時差は日本時間にプラス1時間、関西国際空港から3時間30分です。

           

          平成23年2月16日初日

          関西空港の集合時間は午前9時40分。誰も遅れずに集合!
          皆の真剣さを伺えます。

          今は寒いけど、ついたら真夏…着るものに想像が付きにくいままとりあえずすぐ脱げるようにコートの中は薄着で準備。
          さようなら日本、飛行機が落ちなければ4日後に帰って来るからね。 

          (搭乗する手前のところです。皆さん気分上々



          3時間半のフライトはあっという間、入国手続きをドキドキしながら済ませ、いざグアムの地へ降り立ちました。青い空青い海よこんにちは!と思ったら雨?!伝説の雨女が一行の中にいたのです。




          携帯電話が海外設定になっていない!と少しパニック。

          バスに乗っていざホテルへ。
          グアムの中心部はタモン地区です。タモン地区にはホテルやショッピングスポットが集まっています。

          主要道路は通称「ホテル・ロード」その中でも特に宿泊施設やレストラン、レジャー施設が集まっているのが「プレジャー・アイランド」と呼ばれているスポット。そのど真ん中に一行が宿泊するホテルがあったんです。


          荷ほどきもそこそこに町へ繰り出す面々。でも雨です。蒸し暑い…。

          ガイドブックに載っていたものがそのままそこにあります!
          テンションあがり
          まくりです。




          (宿泊先のホテル、アウトリガーホテルです。)



          18時30分に全員集合してグアム最初のお食事へ。
          ザ・アメリカ的なステーキに一同唖然…。すごいボリューム…




          見てくださいトロピカルな飲み物。


          そしてその大きさ…美味しい!

          私、グループホーム六尾の郷 Nと比較してみました。
          大きさに一同びっくり!



          こうしてグアム旅行が始まったのであった!


          【グループホーム六尾の郷 KARAこと、
                       ハンバーガーガールN












           


          盆踊りのやぐら 〜8月22日ですよ〜

          0
            新型の脅威!冷や汗
            プレステ3が2万円台!びっくり
            波乱の幕開けたらーっ

            本日未明(未明?)日の出
            事務長Aを筆頭に長寿会の塾生達が
            ケアハウス駐車場に集まり、
            8月22日開催の長寿会盆踊り大会楽しいの為の
            やぐら組み立てを敢行しました。汗
            その時の模様をカメラ

            組み立て始め楽しい

            「あーでもない、こーでもないたらーっ

            日の出日の出


            の、時にはもうここまでグッド


            電飾に勤しむベテランケアマネSグッド


            やぐら周辺もバッチリグッド


            長寿会職員のチームワークはハンパではないですよ楽しいグッド
            何処にも無い最高の結束力でスピード仕上げイヒヒ

            長寿会六尾の郷では、8月22日盆踊り大会を開催いたします。楽しい
            毎年300名以上の地域の方々やご家族様がご参加されます。楽しい祝
            このブログをご覧の皆様、ご都合よろしければ是非一度お立ち寄り下さいねラブラブ


            (長寿会職員一同女男楽しいポッラブラブときめき




            今日の六尾の郷

            0
              やっと梅雨明け晴れ 夏本番!おてんき
              でも冷夏で野菜高騰しょんぼり
              頂点目指して!全国高校野球開幕!野球
              ホルモンうどん食べてみたいと思いませんか?イヒヒ
              裁判員裁判始まる!もし、貴方が選ばれたなら?ふぅ〜ん
              やはり昨日は亀井のサヨナラ弾でしょう!ときめき

              いやはや、早いものでもう8月ですか。たらーっ
              時の流れに身をまかせ〜、なんて悠長なこと言ってられない!ショック
              大切なことは、21年度下半期突入前に
              前半の振り返り、反省&今後の改善と方針を踏まえて中長期を見据えた目標設定を楽しい

              え〜、で、今日の六尾の郷は?(AM8:00〜8:22限定ショットカメラ
              特養チョキ

              デイサービスチョキ

              ヘルパーステーション(部分ミーティングカラオケチョキ

              ケアハウス厨房(お昼の支度に勤しむ凛々しい姿)チョキ

              ケアハウス トラ吉チョキ


              元気グッド、活気グッド、勇気グッド、克己グッド
              今日も楽しく、暑さを吹き飛ばしますよ!楽しい
              六尾の郷みんなでね汗楽しい


              (六尾の郷職員一同男女グッドおてんきチョキ

              夏前のエアコン掃除 開始!!

              0
                イチローすごいですね〜拍手
                あの安定した成績、野球
                周りのプレッシャーをはねのけての記録の継続next
                「心身ともに強く」を自分中で実践している汗
                まさに彼は超人なのでしょうか?びっくり
                何がちがうのでしょうかね〜たらーっ

                いやいや、驚き桃の木、感服の至りです拍手

                え〜、そうそう、エアコンのフィルター掃除です。イヒヒ
                ご入居者様、ご来所頂くご家族様へ少しでもクリーンな空気をプシュー
                ご提供させていただくことを目的に、
                心をこめて丁寧にホコリなく、清掃させていただいています汗ラッキー


                山と川に囲まれた自然いっぱいで、空気のおいしい当施設晴れ日の出月

                真夏おてんきでの快適に優雅な緑と水のパノラマを
                ご堪能いただければと思いますグッド


                (六尾の郷職員一同女男楽しいグッド

                フェスタ信達2008

                0
                  みなさま、久しぶりに登場の包括Uです!!男
                  特養から包括へ異動しはや半年・・・日々迷いながらも楽しく頑張っています!!グッド

                  そんな事より、今年も行ってまいりましたフェスタ信達!!拍手
                  信達中学校で毎年この時期に開催される住民の皆様のお祭り!!ワッ!
                  出店や催し物がたくさん出店される中、私たち六尾の郷も毎年「六尾の郷学校」
                  と称し、脳トレーニングを通じて脳の仕組みや認知症の理解を広げられるよう催しを出店させていただいています。チョキ

                  六尾の郷の職員が先生に扮し、脳トレーニングの講義!!びっくり
                  といっても体験型の楽しい授業です!!
                  今日はその様子を信達フェスタ初参加のUがレポートしてまいります!!楽しい
                  まずは六尾学校校長先生のご挨拶!!カラオケ



                  さっそく第1回目の教室がスタート!!グッド
                  今年は1回30分の教室を全7回実施することができました。楽しい
                  まずは、脳の仕組みや働きを、図を使って説明!!カラオケ



                  次にウォーミングアップ!!楽しい


                  脳を鍛える手運動や後出しジャイケンで脳をほぐした後は・・・ラッキー

                  一時間目「足りない数字を数えるんだゲームイヒヒ
                  ランダムに並んだ数字の中にいくつか足りない数字が!!びっくり
                  制限時間は2分!!時計
                  見つけることができるかな??おや?
                  簡単にできる子もいれば、頭を抱えて頑張る子も!!ムニョムニョ


                  二時間目は「鏡時計」鏡に写った時計を見てしっかり読む事ができるかな??ラブラブ
                  中には「テレビのヘキサゴンでやってるから楽勝や!!」という声も・・・たらーっ


                  そして最終3時間目は「片足立ちバランスゲームゆき
                  目をつぶって片足立ちでバランスをとり、何秒間立っていられるかな??!?
                  元気一杯の参加者の子供たちはこのゲームが一番楽しかった様子でした!!ニコニコ

                  途中何と六尾の利用者様も先生役で登場!!拍手
                  なんと今年で92歳!!びっくり
                  若い者には負けまいと大きな声でお話しされていました!!ラッキー


                  そして最後にそれぞれの教科の得点を合計し、自分のレベルを知ってもらいます!!たらーっ
                  「神様レベル」から「普通の人やん」レベルまで様々ですが、みなさん楽しそうに結果をごらんになられていました。ラッキー


                  終了後は感想の用紙をお菓子ケーキと交換し授業終了!!拍手

                  今年もたくさんの方々に参加していただき、職員一同心より嬉しく思っております。ときめき「去年のほうが難しかった〜楽しい」など毎年来ていただけ、去年のこともしっかり覚えてくれている参加者の方もおられました。ニコニコ
                  また来年もそんな声に応えられるよう楽しく学べる授業を用意いたしますのでみなさん楽しみにしていてくださいね!!楽しい


                  (包括U男

                  巨星去る

                  0
                    野茂よ!ご苦労様でした拍手
                    あなたのフロンティア精神に学ぶべきところは非常に多く、びっくり
                    あなたのお陰で花開いた人、ラッキー
                    あなたに感動した人、ポロリ
                    あなたに勇気付けられた人、ニコニコ
                    自分を貫き通した数少ない侍ひらめき
                    あなたはまさしく皆を照らし続けた希望の星でしたひらめき

                    そして、今日、六尾の郷でも皆を温かく照らし、
                    包み込んでくれていた、
                    我等のまさしく☆星ひらめきが、包括の姫女王冠
                    とうとう最後の日を迎えてしまいましたポロリ

                    みんなの惜しむ声ノーノー、すすり泣きポロリにしっかりとした、
                    9年余の思いが詰まったことばを噛み締め・・・ポロリ


                    彼女が残した数多くの功績は特養、包括をはじめ、
                    六尾の郷に大きな影響を残すでしょうYES!

                    夏の夕方の優しい日差しに彩られながら、
                    彼女を称えるコンバットマーチが聞こえてきそうなニコニコ
                    そんな爽やかな空気が流れていましたニコニコ


                    (六尾の郷職員一同女男拍手グッドチョキポロリラッキー

                    「精一杯!!」

                    0
                       本日は、5階の入居者様であるSさんをご紹介いたします。

                      sさんは日頃から「詩」を書き溜めていらっしゃり、
                      その四季を感じさせていただける詩は、
                      フロアにあるホワイトボードに掲載させて頂いています。

                      今日は、sさんにどんな想いで作詩作業をしていらっしゃるのか
                      インタビューさせていただきましたので、
                      一問一答形式で紹介させていただきますカラオケ

                      U:「どんな時に思いつくのですか?カラオケ

                      Sさん:「雨が降ったら雨のことを、花を見たら花のことを書きたくなりますね鉛筆。やっぱり自然や四季の移り変わりを表現したくなるんですよ。ニコニコ

                      U「気に入られている作品などあれば、教えていただけますか?カラオケ

                      Sさん「いいですよ。
                      『寒中に タンポポ咲きて 春を想う』
                      これは冬の真只中にタンポポが咲いたというニュースを聞いて作りました。
                      『立春を過ぎ 水仙咲き出し 春遠からじ』
                      自分の好きな水仙が咲いたと聞き、嬉しくなり、
                      春も遠くないなぁと想いながら書いた詩です。
                      『桜待つ今 かぐわしき匂い ほんのりと』
                      これは、お花見を楽しみにしている気持ちを書いた詩なんですよ。
                      『萌えいずる 若葉のいぶき いきいきと』
                      新緑が咲き出した頃に書いた唄です。

                      『卯の花は しだれる白き花 優雅なり』
                      卯の花を見て本当に感動して、書いた唄です。ニコニコ

                      U「どの詩も季節感があってほっとするような優しい詩ですね。色んな言葉を知っていらっしゃいますが、作詩作業は昔からされていたのですか?カラオケ

                      Sさん「いいえ、リウマチで寝たきりになってしまってからですよ。他にすることやできることが少なくて。病気でなければこんな風なことはしたかったと思います。でもやり出してみると楽しいですよ。ラッキー

                      U「最後に作詞はSさんにとってどんなものですか?カラオケ

                      Sさん「自分の安らぎですね。私の座右の銘は【精一杯】。今私に出来ることは話すことと、詩を作ること。作詩は自分も楽しめるし癒される。ホワイトボードに書いてもらうことで、他の人も季節を感じてもらえたりして楽しんで、安らいでもらえるんじゃないかな?他の人の為にもなると思うとすごくうれしいです。ニコニコ

                      いつもは何気なく、ホワイトボードに書かれている詩を
                      読ませていただいていました。
                      しかし、インタビューを通じ、その思いを聞くことでSさんの詩に込めた想い、
                      人間性、過去、様々な事を知ることが出来ました。
                       リウマチという病気で身体が不自由になり、
                      本当に苦労され、落ち込まれた日々もあったと思います。ポロリ

                      しかし、病気と「精一杯」真正面から向き合われ、
                      不自由になった身体のこともきちんと受け止められています。
                      大きな壁をご自身の精神力で乗り越えられた人の
                      「力強さ」、「ひたむきさ」をこのインタビューを通じ、
                      お話しいただく事で感じました。拍手

                      更に、前を向き、ご自身に出来ることを信念通り
                      「精一杯」楽しまれ、なおかつ、その楽しみを「他の人の楽しみになれば」
                      と話される言葉からは、とても温かいやさしさを感ました。ニコニコ

                      「強い人」というのは「優しい人」でもあるんだと、S
                      さんとお話ししていて頭に浮かびました。ひらめき

                      普段何気なく接している利用者や入居者の方々には、本当に多様な過去があり、
                      その中で作り上げられてきた「信念」や「想い」
                      を一人ひとり強く持っておられます。
                      その「信念」や「想い」に触れる瞬間が、
                      私たち福祉の現場で働くものにとって大きな
                      「成長の瞬間」となり、喜びを感じる瞬間のひとつでもあります。


                      「他人を知る」ということは「自分を知る」ということです。
                      これからも、色んな方の「信念」との出会いを大切にし、
                      私たちの人生の大先輩である方々から多くのことを
                      学ばせて頂きたいと思います。


                      最後にSさん、いつも本当にありがとうございます。



                      (包括期待の星☆ 六尾の石川遼ことU男


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1890 最後に更新した日:2018/07/09

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM